ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

「赤鶏の油淋鶏」を試作・・・

▼試作:赤鶏の油淋鶏

500_7645


 新型コロナウイルスの猛威により、全ての業種がフリーズし掛かっている。中でも、命を支える「食」の業界は、悲惨なもの。外出して美味しい食事をとりたくても、できない危険な状況だ。このような時に、「四季の味 やまもとや」では、メニューの見直し、新商品開発に専念している。

 本日、「赤鶏の油淋鶏」の試作を食させていただいた。老舗和食処の中華は、意表を突いて面白い。サクサクの食感と甘酢と油の塩梅が「油淋鶏」の大事なところだが、正直、驚いた。とても美味にて、「また、次も食べてみたい!」と思った。

 更に、料理長オリジナルの「プリン」と「生キャラメル」をデザートとしてサーブされたが、お世辞抜きにて、「プリン」は販売向けの商品にしなければ勿体ないほど旨かった。また、ビターな珈琲と共に食した「生キャラメル」も、質の高いものであった。

 現在、同店は2月より「仕出事業部」をフル回転しながら、弁当の対応に傾注している。筆者が足を運ぶたびに、「すみません。仕出のパンフレットはありますか!?」と地域の方々が訪ねて来ては、「仕出」の問合せや、「仕出」のパンフレットを手にするお客が急増している。

 「濃厚感染」を徹底的に防ぐには、可能な限り、「仕出」や「弁当」でこの辛い時期を乗り越えることができれば、必ずや、平穏無事なる日が戻って来ると確信する次第。


500_7650


500_7653


▼同店オリジナルの「プリン」と「生キャラメル」
800_4399



▼仕出事業部パンフレット
shidashi-1


shidachi-2



◎四季の味 やまもとや公式サイト
 https://www.dandl.co.jp/yamamotoya/Link
 〒861-2231 熊本県上益城郡益城町安永575-2 TEL: 096-286-2017

◎「四季の味 やまもとや」仕出事業部公式サイト
 https://www.dandl.co.jp/yamamotoya-shidashi/Link
 電話番号 096-286-2046
 FAX番号 096-286-7213
 ★配達可能条件は、ご注文2万円(税込)以上となります。
 ★配達可能地域は、益城町内又は車で片道10分以内の地域となります。

◎四季の味 やまもとや過去記事
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=yamamotoyaLink

             

  • posted by Chikao Nishida at 2020/4/7 01:36 am

海外の写真愛好家グループに圧倒される・・・

▼筆者が過去に使用していたカメラ

CAMERA


 海外の写真愛好家グループにいくつか参加しているが、日々、その熱心さには驚かされる。

 特にギリシャのグループは、土地柄、世界遺産が圧倒的に多いので被写体に恵まれており、自然の姿も建造物も日本とは全く異なる。見ているだけで、エンタシスの柱の真下に寝そべって仰ぎ見て、超ワイドで撮影したくもなってしまう。

 この新型コロナウイルスの猛威も何のその。グループ会員のポジティブさには圧倒される。写真下は、先般、筆者の作品が選ばれアップされていた。その他、それぞれの写真家が自由に投稿している中で、「やはり、日本人としての自分自身の撮影の癖なりが出ているな!」と。

 時に、「寂しいイメージ」と指摘を受けることもある。確かに、「寂しさ」があるかも知れないけれども、筆者としては、画面いっぱいに豪華なイメージを切り撮るというよりは、1つの被写体のディテールを、静かに表現したい気持ちの方が強いようだ。

 ビビッドで明るい写真も決して嫌いではない。ただ、狭い日本、超ワイドな環境が少ない、地方の都市部に住んでいると、どうしてもミクロ的な突っ込みになってしまいがちなのかも知れない。行動範囲が狭いが故の、マンネリ撮影となっている。

 自分なりに撮影していて心地よいのは、雨上がりの「水滴」。湖面などに映り込む「木々」、モノクロームの「人」。「人」に関しては、肖像権をしっかりクリアしないといけないので、なかなか思い通りに撮影をすることはできないでいる。

 されど、写真はその瞬間を記録に収め、後々、一瞬にして記憶を蘇らせてくれるので、とても良い趣味であると思っている。最近、周囲でNikon族が急増しており、作品をアップしている人も多くなってきたので、とても嬉しく思う次第。

 特に、レンズ沼に入り込みつつある人たちを見ていると、どっと吹き出して笑ってしまう。必ず、こうなる。欲が、出る。これも、写真を趣味としている人の、共通する「宿命」のようだが、その話を聞いているだけでも、ワクワクしてしまう。


PHOTO1


PHOTO2



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

             

  • posted by Chikao Nishida at 2020/4/6 11:35 pm

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp