The Rosetta Stone Blog

もみじ庵おがさわらの新メニュー!

▼特別コース「昌夏」5,400円(要予約)
shouka


 「もみじ庵おがさわら」(熊本県山鹿市鹿北町/要予約)は、郷土料理の進化形をサーブする人気の食事処である。

 本日、久しぶりに足を運んだところ、新メニューの組み立ての段階で、そろそろ全てが出揃うと言う。先般、ロゼッタ・ニュースの記事にて紹介した特別コース「昌夏」(税込5,400円/8月、9月の季節メニュー)のチラシを見て、ランチに来店された高齢のご夫妻が、「次回は、この昌夏をゆっくり食べてみたい!」と言って、帰途につかれたらしい。

 今回、取材を行った料理は以下の通り。どれもこれも、頬っぺたが落ちそうに旨そうだ。


▼川魚御膳 2,160円(税込)
D75_7034

 
▼もみじ庵コース 2,160円(税込)
D75_7074


▼地鶏丼 1,620円(税込)
D75_7106


▼栗のお焼きと珈琲 540円(税込)
D75_7158


▼栗のお焼き断面
D75_7182


▼ハーブ鶏単品 540円(税込)
D75_7213



◎もみじ庵おがさわら公式サイト
 http://www.dandl.co.jp/momijian/Link

  • posted by Chikao Nishida at 2017/8/24 02:05 am

白鷺に人気集まる・・・

1


 モノクロームの熊本城を自信を持ってアップしたが、如何せん、八景水谷公園で撮影した白鷺の静かな姿に「いいね!」が集中した。

 海外の白鷺を見ると、ビビッドな絵面が多く、写真上のような冷え冷えとした和のイメージの白鷺の姿を写したものは少ない。色彩感覚も画角も異なる海外の眼は、正直なところ、まだよく分からない。国民性もあるので、「侘び寂びの世界」を説明するには、相当時間が掛かりそうだ。

 作品の中で、竜門ダム(菊池市)方面で撮影した柿の木と熟した柿の実は、海外では意外だったらしい。昔は、柿と言えば、バーシモン。我々がゴルフを始めた頃のドライバーやスプーン、バフィ、クリークなどのクラブのヘッド素材がパーシモンだったことは、皆さんご存知のはずである。

 筆者の場合、写真は撮ったままの姿をそのままご紹介するのが一番だと考えている。あれこれエフェクトを掛けて誇張するようなものは避けて通りたい。よって、リアリズムが一番。トリミングもほとんど行わない人間である。水平の傾きについては、時には微調整を施すこともあるが、可能な限り手を加えず、撮影されたままの写真に価値を持っている。

 別にコンテストに出展したり、ポスターデザインに使用することもないので、筆者の作品がリアリズムであろうが、裸ん坊のままであろうが関係のない話なのだが・・・。

 海外の方々のアクションは実に面白い。そのままの写真を見て、単刀直入に質問したり、その感想を述べてくれる。日本人の場合は、その辺は国民性が良く出ており、仲間内ではワイワイ騒ぐが、他人の作品に対してのアクションは静かなものである。逆に、写ガールへの反応は数十倍の勢い、弾けを感じるけれども・・・作品とは男女関係なく、そのままの作品をしっかりと鑑賞することが礼儀というもの・・・。ただ、最近の女流写真家の作品は、群を抜くものが多いのは事実!


2


3


4


5


6


7



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2017/8/23 09:30 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp