The Rosetta Stone Blog

可愛いテーブルフラワー!

tableflower1


 某レストランに行くと、或る時はシンプルで何もない簡素なテーブルだったり、或る時は本日のように、テーブルごとに可愛いテーブルフラワーが飾られていることがある。それは、スタッフの一人が、仕事日に、必ず自宅に咲く花々を摘んでは、レストランテーブルに一つ一つ飾り付けているという。

 季節の花々は、食事の時にとても心が和み、同じ料理を注文したとしても、すこぶる「旬」の旨さを引き立ててくれる。花々を愛でる気持ちのある方は、育ちが良いのか、心優しさが滲み出ているばかりではなく、久し振りと言っても、僅か二〜三日しか経ってないのに、我々が足を運び入れると、いつも満面の笑みで迎え入れてくれる。

 人は、年齢を重ねれば重ねるほど、それまでの人生の垢がへばり付き、醜態をさらけ出すことが多々あるけれども、そのスタッフのお一人は、失礼な話ではあるが、高齢者であっても、常に女性としての品格を備え、時には、素直に歓びを表情に出してくれる。また、ファッションにも目敏く、色合いやデザイン、素材などにも拘りがあるようで、褒め上手も手伝ってか、こちらが赤面しそうになるような質問も飛んでくる。・・・実に素敵なスタッフさんだ。

 
D75_4840


D75_4812



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

         

  • posted by Chikao Nishida at 2018/9/7 02:14 am

山道は、癒しと脅威の隣り合わせ・・・

D75_4867


 森林浴と言えば、緑に囲まれた山道。冷んやりと澄み切った空気が身体全体を包み込み、現実逃避を心地よく手伝ってくれる。しかし、時には、自然の脅威との板挟みとなることがある。それは、動物だと、「イノシシ」、「スズメバチ」、「毒ヘビ」、「ダニ」、「蚊」などの襲撃だ。

 日頃から山に入るときは、降車する時に、必ず虫除けスプレーを足元や手、腕、そして首回りなどに振りかける。勿論、それだけでは、「イノシシ」や「スズメバチ」の攻撃からは逃れられない訳だが、ある程度の覚悟と不慮の事故への回避シミュレートを行うことが多い。

 それに加え、山の天候の急変は要注意である。急に暗い雲が近寄れば、落雷などを伴い、大粒の雨が降り出したり、突風で背の高い木々の枝葉がお構いなく落下してくることもある。

 そんな事を一瞬頭に浮かべながら、今日は、鹿央古代の森の細道を、岩原双子塚古墳へと足を進めたのだった。芙蓉の花が一輪咲いていたり、紫陽花がミイラ化していたり、そろそろ紅葉の準備をしていたりと、自然のキャンバスは初秋の絵ヅラへと切り替わりつつある。

 枯葉を撮影している時に、足元の苔むした土が捲れているところを発見。どうも、野生動物によるものかと思いつつ、周囲を見回しても、何も物音一つしない。シャッターを切ろうとすると、今度は、耳の周りにでっかい蚊が近づいてきた。何度も何度も振り払うが、執拗に近寄ってくる。とうとう我慢できずに、さっさと階段を降りることにした。

 取材後に、鹿央物産館の里やま館に立ち寄ると、「最近、イノシシが出て、あちらこちらを掘りまくっているんですよ!」と。・・・やっぱり、先ほどの苔むしたところの捲れたところは、イノシシの仕業だったのかと思い、次回は刺股でも携行しなければと妄想が走った。苦笑いものである。


D75_4870


D75_4873


D75_4899


D75_4916


D75_4930


D75_4911


▼本日の取材ランチ:ハーフサイズの高菜めしとハーフサイズの団子汁
D75_4937


▼ヒグラシの声


◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2018/9/6 10:02 pm

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp