The Rosetta Stone Blog

八景水谷湧水池を、そぞろ歩く。

DFD_3508


 八景水谷湧水池から流れ出る小川。ここは「ホタルの街」としても知られる、自然豊かな公園である。「政令都市の真ん中に、湧水池?」と首を傾げる人がいるかも知れないが、熊本市は世界でも地下水に恵まれた都市として、その名は轟いている。

 本日は月曜日なので、同湧水池にある「水の科学館」は休館日。よって、手前にある駐車場に車を預け、その小川沿いを散歩することにした。

 まず、目に飛び込んできたのは写真上の看板だ。水が清らかであるからこそ、蛍も生息している。まだ、実際に見たことは無いけれども、いつの日か、ほたるの乱舞の撮影に挑戦してみようかと・・・。

 小川沿いの土手を見ると、タンポポやハルジオンが咲き、風に靡いていた。八重桜の花はまだ頑張っており、ツツジは今から一気に咲きそうな気配。それから、小さな石橋を渡ると、そこは小鳥が遊びまわる椿の園。残念ながら、椿の花はポトリポトリと地面に落ち始め、終焉期を迎えていた。

 このように小さな自然の缶詰状態の八景水谷湧水池。インバウンドで来熊される外国人観光客に、ぜひ、この清らかな湧水を楽しんでいただければと思った次第。


DFD_3513


DFD_3537


DFD_3552


DFD_3633


DFD_3675


DFD_3695



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

           

  • posted by Chikao Nishida at 2018/4/10 03:32 am

何とも言えぬ幸せそうな顔!

D75_8903


 楽しい晩餐会の終盤に、英国からの友人へ、京都の知人からの贈り物を差し上げた。目の前で開封して欲しいと言うと、三人が嬉しそうに各々のプレゼントの袋を開き始めた。何とも言えぬ幸せそうな顔を見ると、こちら方がより幸せな気分になってしまう。

 十数年ぶりの再会だったが、今回の晩餐会は、お互いに思い出に残る至福の極みとなったに違いない。そろそろ帰国の途につく頃だが、次回は、こちらから英国を訪れ、元気な友人家族の顔を見たいと・・・プラン開始だ!

 日本文化にすこぶる関心を持ってくれる海外の方々は、一つ一つのリアクションが違う。日本は世界に誇る歴史と伝統、そして奥深い文化の香りと大自然に包まれた国だが、気づいていないのは、もしかすると我々日本人だけなのかも知れない。

 
D75_900430617


D75_8996


D75_9018



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

           

  • posted by Chikao Nishida at 2018/4/9 08:05 pm

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp