The Rosetta Stone Blog

各地の梅くらべ・・・

mejiro


 周囲を見回すと、じわじわと紅白の梅花が開花しつつある。

 今年になって取材に行った梅の名所は、以下の通り。(1)熊本県護国神社、(2)古小代の里公園、(3)谷尾崎梅林公園の3箇所。まだ2部咲き程度ではあるが、本日は天候も良く、野鳥の動きは活発であった。

 しかし、一番気になる梅花の名所 旧細川刑部邸(現在閉館中)の梅園。今年は、2月18日を目処に同園を無料開放するとかしないとか。よって、それから2週間、3月初旬までが同園の梅花は、シャッターチャンスとなる。

 ちなみに、写真上は昨年2月に撮影したメジロ。同園の梅の枝に止まっているところのワンショット。今年は、どんな野鳥がやって来るのか楽しみだ。


▼谷尾崎梅林公園(熊本市西区)2019年1月29日撮影
taniozaki2


taniozaki1


▼熊本県護国神社(熊本市中央区)2019年1月30日撮影
gokoku2


gokoku1


▼古小代の里公園(熊本県南関町)2019年2月1日撮影
koshoudai2


koshoudai1


▼旧細川刑部邸(熊本市中央区)2018年2月撮影
jyoubitaki



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2019/2/5 12:12 am

鹿央物産館の巻き寿司・・・

850_6788


 本日の鹿央物産館の「やすらぎ館」の「一生、現役。」のスタッフは、まるで運動会のように気合が入り、館内はザワザワしていた。

 それは、毎年恒例の節分の「巻き寿司作り」である。今回は3日間を予定しており、約1000本の「巻き寿司作り」に専念するスタッフ。午前7時から午後1時までが勝負!立ちっ放しの作業なので、過酷な仕事でもある。

 初日に試食をさせて頂いたが、田舎ならではの、さっぱりした味付けで、さっと4切れを完食した。普段のランチと思えば、1本は軽く食せる感じだ。卵、椎茸、干瓢、それにキュウリ、ニンジンが入っている。

 1本三百五十円で予約制。その予約を知らずして足を運んで来た客もいた。元々、地元イベントの「巻き寿司」だが、ネット上での予約できれば、遠路はるばる来られる観光客にも対応可能ではと・・・。実に、勿体ない。


D75_1566


D75_1738


D75_1671-2


D75_1677


D75_1689


D75_1706


D75_1709


D75_1712


D75_1716


D75_1627


850_6806



◎鹿央古代の森 鹿央物産館
 熊本県山鹿市鹿央町岩原2965/TEL 0968-36-3838
1)鹿央物産館公式Facebookページ
  https://www.facebook.com/kao.bussan/Link
2)鹿央物産館関連記事
  http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=kaoLink

  • posted by Chikao Nishida at 2019/2/4 12:04 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp