The Rosetta Stone Blog

本物の「えのきぞの」に感動!

▼えのきぞの料理長 榎園豊成さん
850_4919


 本日、熊本市中央区新屋敷に、「えのきぞの」が移転オープンを果たした。旧 日本料理 ENOKIZONOが5月31日に、移転のため閉店して111日ぶりの営業となる。

 実は、オープン当日は遠慮しようと決めていたにも関わらず、ランチタイムの後半に入り込み、先般試食をしたばかりの「雅コース」を注文してしまった。お陰で、以前お会いしていたスタッフたちとの嬉しい再会もあった。

 正直なところ、近頃は本物の日本料理から遠ざかっていたので、自覚症状はないものの、相当飢えていたように思えて仕方ない。次から次に振舞われる料理を、撮影は適当に、一つ一つをじっくりと楽しみながら食していった。

 こんなに日本料理が旨いと思ったのは、何年ぶりだろうか。ちょっとした和食の店に行っても、ここまでしっかりとした手作り料理に出くわしたことがなかった。素材が良くても、その素材を上手く使い切っていないところも多い。又は、食材屋さんからの食材を、ただ並べているたけのレストランも結構見掛けた。

miyabi



 本日のメニューは以下の通り。

●前菜 梨 舞茸 銀杏のチーズ白和え
    とんぶり いくら 長いものわさび醤油
    焼き茄子のずんだ和え
    むかご 栗甘露煮
    さんま山椒
●向付 刺身二種
●椀物 焼鱧といんげん 松茸
●焚合 冬瓜あなご饅頭 舞茸菊花あん
●揚物 キスいちじく巻き天ぷら みょうが
●焼物 さわら味噌柚あん
●飯物 ごはん(土鍋の炊き立て)
●汁物 合わせ味噌仕立て
●甘物 おぼろ月 抹茶

 このゴージャスさで、何と3,500円(税別)。自然と満面の笑みとなる。因みに、東京の某五つ星ホテルで注文した、超有名店の松花堂弁当は10,000円であったが、この「雅コース」は、全く遜色ないと言うよりは、断然高いレベルで料理を提供していることを再認識した次第。

 先般、筆者のグルメ友達でもある人物(有名人)が、「熊本は食材も揃っており、ここで成功している料理人は、東京へ行っても、ばっちり稼げますよ!」と口にしていたが、全くその通り、「御意!」である。

 本物であれば何処でも通用するというとこになる。よって、「えのきぞの」の料理は、期待を裏切ることのない本物の日本料理であり、この本物を知らねば、熊本で「食通」とは言えず、グルメを語るに及ばないのではなかろうか・・・。


▼前菜
850_4963


▼向付
850_4969


▼椀物
850_4985


▼焚合
850_4991


▼揚物
850_4998


▼焼物
850_5019


▼土鍋炊き立てのごはん
850_5028


▼ごはん、汁物、焼物、香の物
850_5040


▼甘物
850_5055


▼えのきぞの玄関風景
850_4936



◎「えのきぞの」
  〒862-0795 熊本市中央区新屋敷1丁目9−19 濫觴77A
  電話番号:096-211-5525
▼「えのきぞの」公式サイト(プレオープン)
 http://www.dandl.co.jp/enokizono/Link
▼「えのきぞの」全天球写真
 https://theta360.com/s/lrTeeELXreeLyBgDCdsBjk5GGLink

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2018/9/19 09:53 pm

「えのきぞの」、明日移転オープン!!

enokizono-theta


 「えのきぞの」の移転オープンが、いよいよ明日となった。随分前のことだが、新聞社面接試験当日のように、他人事と思えない。面接内容はほとんど覚えていないが、その時の面接担当官や専務、人事部長などの顔は、昨日のようにはっきり覚えている。

 面接中ほどで、モノクローム写真を1枚手渡され、英語で感想を述べよというものがあった。唐突な質問に意表を突かれたが、何とかクリアすることができた。確か、タクシードライバーが運転ミスをして、側溝に前輪を落とし、肩を落として見ている姿だった。

 当時、数百人の中から、最終的に何人採用されるのかは分からなかったけれども、面接第1号が何故か筆者だった。面接終了後に廊下を歩き、控え室に戻ると、他の受験生より「どんなんだった?どんなんだった?」としきりに言い寄られたことを思い出す。

 それほど、明日の「えのきぞの」の移転オープンは、待ちに待っていたこともあり、舞い上がるほど嬉しい出来事である。新たな食事処が産声を上げることへ、これほどまでに胸がドキドキするとは、この2ヶ月間の共同作業が滞りなく、円滑に運んだことの賜物でもあり、互いの信頼関係の証でもあると考える次第。

 一昨日、女将さんより「ずっと一緒に遣ってきたように感じています。何から何までお世話になって・・・。」と、帰り際に最高の誉め言葉を頂いた。毎回、取材後に料理長と女将さんお二人が揃って見送りに出られるのだが、礼節を心得られた素晴らしい方々だと・・・。

 何はともあれ、「えのきぞの」が移転オープンするのが、今年一番の仕事の「華」になった。この場をお借りして、心より感謝申し上げたい。


enokizono-square


▼料理長 榎園豊成さん
t-enokizono


miyabi


lunch



◎「えのきぞの」
  〒862-0795 熊本市中央区新屋敷1丁目9−19 濫觴77A
  電話番号:096-211-5525
▼「えのきぞの」公式サイト(プレオープン)
 http://www.dandl.co.jp/enokizono/Link
▼「えのきぞの」全天球写真
 https://theta360.com/s/lrTeeELXreeLyBgDCdsBjk5GGLink

  • posted by Chikao Nishida at 2018/9/18 02:07 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp