The Rosetta Stone Blog

若手シェフを指名!

DFD_8396


 本日は午後から会合が入っていたので、食事を軽めにと思い、熊本ホテルキャッスルにてマフィンハンバーガーを注文した。

 厨房の奥で、若手が一所懸命盛り付けている。テーブルに運ばれて来たのが写真上のものだが、すこぶる丁寧な盛り付けが可愛かった。まだまだシェフのヒヨコなのだろうけれども、ここ半年、伸び伸びと働く姿が実に清々しく、仕事を楽しんでいるのがよく分かる。

 よって、会合後の午後4時頃に、その彼を指名して「軽めのオムライスを作って欲しい!」とオファーを掛けた。ガラス張りの厨房は、金魚鉢のように丸見えで、彼のフライパンの手捌きをじっくりと観察しながら、ガラス越しに撮影させて頂いた。

 はにかみ屋なので、筆者がレンズを向けると、少々俯き加減になるが、手元は半年前とは全く別人のようになっている。フライパンの角度も上達している。オムレツをつくる箸捌きも、サウスポーなのに、右手に箸を持ち、卵を転がしていたのだった。

 レストランも、ちょうどランチとディナーの合間だったので、思いつきで彼を指名したのだが、時には、このようなイレギュラーなオファーも宜しかろうと・・・。ちなみに、次回に指名する若手を決めているので、次はサーロインでも焼かせてみようかと・・・。

 
DFD_8413


DFD_8509


DFD_8521


DFD_8566



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2018/1/11 02:37 am

可愛い小鳥が、あちらこちらに。

500_6180


 数秒も同じところにじっとしていない、落ち着きのない小鳥たち。小刻みに、枝から枝へと可愛らしさを振り撒いている。

 本日、とても珍しい小鳥の撮影ができた。それは写真上の、頭に黄色い冠をしている「キクイタダキ」。お菓子の「ひよ子」のような形状だが、調べてみると、僅か5グラム(パチンコ玉1個分の重さ)しかないという。

 ※「キクイタダキ」は、頭頂部に黄色い冠羽があるため、菊を戴くということから命名されたもの。

 写真下は、「エナガ」と「キセキレイ」である。「エナガ」の重さは6〜8グラム(剥き身のハマグリの重さ)で、「キセキレイ」は約20グラム(普通の餃子1個分の重さ)。

 こんなに小さな小鳥が生きている。同じ空間にデカくなりすぎた人間と「ひよ子」が一緒にいることを考えるだけでも、笑える。

 彼らは渡り鳥として何処から来て、今何を食べて、更に、いつ頃発つのか・・・。あまり考えたこともないが、この小鳥たちのおもちゃのような翼の揚力で、よくもまあ長距離を飛べるものだと。


500_6182


500_6112



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2018/1/10 06:30 pm

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp