The Rosetta Stone Blog

豪雨後の蓮園・・・

500_0395


 数十年に一度と言われるような、凄まじい豪雨が日本全国を襲った。

 熊本県北部の菊池川も岩野川なども大変危険な状況だったと、川岸に近いところに住むご婦人が言っていた。夜中もザーザーと雨が降り続き、ほとんど眠れなかったと・・・。熊本市内も分厚い雨雲に覆われ、雨樋など役立たずの状態であった。

 6月23日から始まった「鹿央古代の森 里やま蓮まつり」。熊本県北部の空には少し光が差し込むような気配だったので、午後から車を走らせた。広域農道の両脇は土砂降りの雨で泥や草が散らかっていた。道路の凹んだところには、大きな水溜りができており、その上を走らざるを得ない。時にはステアリングを取られることもあるので、徐行が無難。

 広域農道は交通量は少なく、信号がほとんどないので、オフィスから35分ほどで鹿央古代の森の駐車場に到着した。豪雨の後というのに、駐車場は警備員がいるほど、結構な数の車があった。先ずは、石段を登ったところにあるやすらぎ館にて腹拵えである。本日はカツ丼を頼んで食したが、実は今回で6回目のカツ丼となった。

 それから、古代蓮園を歩き回り、雨に打たれた蓮の花々や葉、更に睡蓮を撮影して行った。流石に雨が強かったのだろうか、折角咲いた大輪の蓮の花は下を向いたものもあり、花びらの形が崩れたものもあった。

 しかし、まだまだ蓮の花々は、次から次へと咲いてくるようで、一眼レフカメラを持ったカメラマンも含め、あちこちでシャッター音が鳴り響いた。今回の豪雨で死者や行方不明者が多く出ているという悲しいニュースを見ると、目を覆いたくなる。普段の自然はこの蓮園のよう美しいけれども、時には人間の生活を脅かすな怖い毒針ともなる。

 つい最近までは、日本は安全安心な国だと平和呆けのように思い込んでいたが、毎年のように災害に見舞われていると、どうしても、安全安心とは思えない。災害の可能性が高い場合、身の安全を確保するのが最優先であるけれども、咄嗟に牙を剥く自然に対して、本当に瞬時に対応できるのか否か、正直なところ自信があるとは言えない筆者がいる。

 何はともあれ、同蓮園には豪雨の後の静けさが戻っていることに、胸を撫で下ろした次第。


500_0331


500_0383


500_0346


500_0348


500_0335


500_0316



◎鹿央古代の森・鹿央物産館
 熊本県山鹿市鹿央町岩原2965/TEL 0968-36-3838
 物産館営業時間 10:00~17:00(直売所8:00~)/蓮まつり期間07:30〜
 ※定休日:月曜日(祝日の時は翌日)/蓮まつり期間は無休

                                   

  • posted by Chikao Nishida at 2018/7/7 09:35 pm

地域振興に、役に立ちたい・・・

▼写真はイメージ:菊池川(熊本県山鹿市)
800_8870


 起業して、28年近くが経つ。常々思うことは、「何か役に立ちたい」ということである。しかし、不徳の致すところで、兎角に、空回りが多い。しかし、それは全てにおいて筆者自身に責任がある訳だ。

 日頃から思い描いている「何か役に立ちたい」が、世直し侍のようになってしまい、正論を貫き通すことに傾注するが余り、それが要らぬお節介だったり、想定外に不快感を与えたりすることも無きにしも非ずとなる。

 この3週間弱、鹿央物産館へ足繁く通う中で感じたことは、いつの間にか、その地域の特性なのか分からないが、気付かぬ内に心が癒されていたのだった。

 巷では、高齢者による事件、事故などのネガティブ情報ばかりが報道される中で、同地域の方々のライフスタイルが、とても、ポジティブ且つマイペースで笑顔満載のトークが館内で弾け飛んでいる。

 調べてみると、婦人会のパワーが半端ではない。食に対する探究心が強く、熊本ホテルキャッスル(熊本市)で以前から開催されているグルメ研究会に、13年も続けて参加したというご婦人も二人ほど居たのだった。

 更に、地産地消への志が強く、一所懸命に地元ブランド商品を作っている。生産者がダイレクトで販売する農作物も新鮮で安価。消費者にとって、すこぶる有難い仕組みである。

 思い返すと、約30年前のこと・・・新聞社時代に長崎県の上五島でトライアスロン全国大会を企画運営したことがあった。現地の観光協会からの相談を受けたことのみならず、「何か役に立ちたい」というスイッチが入ったことで、1年3ヶ月間、熊本市から旧奈良尾町へ7回ほど島に上陸し、試行錯誤の後、同大会を実現した経緯がある。

 勿論、新聞社時代に許可を得て自腹で動いていたのだが、同大会は市町村合併まで20数回開催されたことになる。有難いことに、筆者にとって、人生に残る地域振興のビッグイベントの一つとなった。ちなみに、当時お世話になった総務課長の方が、現在の新五島町の町長としてご活躍の模様。すこぶる嬉しいことである。

 地域振興や企業戦略など「何か役に立ちたい」という情熱を持ち続け、先ずは、共存共栄を欲するクライアントへのフィードバックが最優先課題である。しかし、折角生まれてきたのだから、「何か役に立ちたい」という気持ちだけは、死ぬまで変わらぬのだろうと・・・。

 最後に、先般、新上五島町の「頭ヶ島の集落」を含む「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が、目出度く世界文化遺産に登録されることが決定した。同時に熊本県天草市の「崎津集落」も目出度く登録されたことになる。これも、何かのご縁なのかと、一人でニンマリと微笑んでしまった。


▼写真はイメージ:在りし日の熊本城(戌亥櫓から望む)
NONALNUM-MjAxNi4yLjE3Le-8lQ-E


▼写真はイメージ:復興中の熊本城(大天守と小天守)
800_9029


▼写真はイメージ:豊前街道(熊本県山鹿市)
800_8789



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2018/7/6 01:48 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp