The Rosetta Stone Blog

鹿央物産館へ、ぶらり旅。

▼写真左は「やすらぎ館」、右は「ふれあい館」
D75_2053


 鹿央物産館の各施設に足を運び始めて、僅か10日しか経っていない。しかし、同館のレストランである「やすらぎ館」のメニュー(季節限定メニューを除く)を、本日付けで完食することになった。本日の最後の料理は、ハーフサイズの高菜めしと団子汁のセット。午後2時を過ぎており、腹がペコペコだったので、米粒一粒も残さず、数分で器を舐めるが如く食してしまった。

 丁度その時、同レストランスタッフのミーティングが始まった。マネージャーの問い掛けに、真剣に耳を傾けるスタッフのご婦人方。側から見ていると、マネージャーの口調がすこぶる穏やかで、それにスタッフのチームワークが合間って、和やかな中にトラブルシューティングが行われている。その隙間のない滑らかな歯車の動きに、頷くこと数回。ささっと撮影を済ませ、別棟の「里やま館」へと足を運ぶことにした。

 「里やま館」の店内を物色するのは、今回が初となる。同町名産のスイカやメロンは勿論のこと、その他、朝採り新鮮野菜やフルーツ(地元産)が中央に並び、壁沿いの商品棚には、山鹿市内の菓子類、金山寺もろみ、素麺など、美味しそうな加工食品が所狭しと並んでいる。リーズナブルな卵もいい形をしており、旨そうである。

 話は前後するが、「里やま館」のレジご担当の女性から、入るや否や、「西田さんですか!?このチラシを20枚ほど準備しておりますので、どうぞ!」と声を掛けてくれた。驚いたのは、迅速な指示と担当者の対応である。初めてお会いするレジのご担当。多分、マネージャーからの指示であると推測はできるものの、「やすらぎ館」から「里やま館」へ移動する僅かな時間での指示と対応に、「なるほど!」と、捌ける仕事人の動きに脱帽礼となった次第。
 
 さて、23日からは「2018 鹿央里やま 蓮まつり」がスタートする。また、お中元シーズンに向けて、ご当地名産の果物や野菜の詰め合わせセット(1ボックス5000円)が計画されていると言う。(後日記事として掲載予定)

 他の道の駅と比較すると、規模的には小さい鹿央物産館(里やま館・やすらぎ館・ふれあい館)ではあるが、とてもバランスの良さを肌で感じる魅力的な物産館として、ファンになってしまったと言うのが正直なところである。「蓮まつり」は、県内外から多くの旅行客が押し寄せるようなので、是非、早朝に同館の季節限定の食事を楽しみ、食後に、二十数種類の蓮の花々をご堪能頂ければと・・・。


▼今回食したハーフサイズの高菜めしと団子汁
D75_1836


▼ミーティング中のマネージャーとスタッフたち
D75_1935


D75_1892


▼今日のモデルさん
D75_2022


▼ボリューム満点の賄い飯
D75_1994


▼道路を挟んだところにある「里やま館」
D75_2157


▼「里やま館」で販売している野菜や加工品の一部写真
shop



◎鹿央古代の森・鹿央物産館
 熊本県山鹿市鹿央町岩原2965/TEL 0968-36-3838
 物産館営業時間 10:00~17:00(直売所8:00~)/蓮まつり期間07:30〜
 ※定休日:月曜日(祝日の時は翌日)/蓮まつり期間は無休
 ※季節限定の料理は要予約(電話にてご予約ください)

                               

  • posted by Chikao Nishida at 2018/6/22 03:23 am

記事に歓喜の声!

▼記事を読み喜ぶご婦人方(鹿央物産館 やすらぎ館)
D75_1667


 年配のご婦人方が、すこぶる良い顔をして笑っているところに、久しぶりに遭遇した。写真上は、筆者が昨日書いた記事を手渡した時に、皆でキャッキャキャッキャと喜んでくれている瞬間である。こんなに喜んでいただくと、記事を書く側としても冥利に尽きる。

 最近では、近所の高齢の方からの挨拶も少なくなり、何が気に喰わないのか、常に仏頂面で素知らぬ顔で通り過ぎる人が多い。とても残念なことではあるが、向こう三軒両隣という昭和の良き時代の日本人の姿が、消滅してしまった感がある。

 高齢化社会となり、限界集落、孤独死、高額医療、終活、介護施設、誤操作による交通事故など、昭和の頃と比べ、思いの外、ネガティブ情報ばかりが飛び交い、完全下向き時代に陥っているのではなかろうか。誰かの言葉を借りれば、「下向き人生より、直向き人生だよ!」となる。

 限界集落を行政のトップに問えば、コンパクトシティ構想で切り返されるが、素直に頷けない。孤独死の人の横に痩せ細ったオウムが鳥籠に残されていたり、病院待合室が寄り合いの場となっていたり、介護施設が留置場化していたり、家を担保にする生命保険(死亡後に自宅を手放すシステム)が出てきたり、小学生の列に老人運転の車が突っ込み死者が出たりと、今の世は、ネガティブな事ばかりがメインニュースとなっている。

 大抵の人たちは、色んな事件事故を他人事として捉えており、自分には無関係であると決め込んでいる。パワハラ、セクハラ、スメハラと、これまた、息つく間もなく、過敏なリアクションばかりが目立ち、愉快なヒューマンコミュニケーションが取れない状況を自ら作り出してる人も多い。自分だけ良ければそれで良しとする身勝手な人生は、「民度」が恥ずかしいほど低い人の偏った生き方に過ぎない。

 今、どんなに自分が若いからと豪語して、高齢化社会には無関係だと勘違いして暴走する若者も多けれども、遅かれ早かれ、自分自身も高齢者になるのだから、このネガティブ要因が充満している現世で暮らすことになるのは必至。

 兎角、日本人は年齢や世代を気にするが余りに、視野狭窄な世界観で人生を終わる人が多い。海外では「あなたは、何歳?」なんて愚問が飛び交うことは一切ない。ところが、日本人は「何歳?」とすぐに他人の年齢を聞いたり、先輩後輩の序列を決めつけたがるが、側から見ていて、非常に情けなくなる。若ければ「夢がある!」と言い、高齢になると「後がない!」と言い、世代に開きがあると「接点が見出せない!」と言って去ってしまう。

 悔いのない人生は、皆の願いでもあろうが、今回の取材と通して感じたことは、「対話を楽しめる相手」の存在が重要な鍵を握っており、豊かな人生を担保してくれるのだろうと・・・。人は、年齢を気にするようになった瞬間に老けこんで行く。しかし、どんなに高齢になったとしても、素敵な笑顔を忘れず、常に己の夢実現に向けて挑戦する、素敵な人生を送りたいものである。


▼サンプル記事
article


▼昨日撮影した御三人
D75_1699


3lady


D75_1775


▼昨日のランチ(鹿央物産館 やすらぎ館)
D75_1787



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2018/6/21 02:17 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp