ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 拘りの逸品

お得な人生のために・・・

◎記事と写真は関係ありません

josui-3


 筆者がICTを語る場合、特に、基礎からの研修会では、先ず「危機管理」を重点的に語ることにしている。

 それは、ミクロ的には「個人情報漏洩」であったり、「著作権侵害」であったり。マクロ的には「公序良俗」について、ICT総論各論を語る前に、これらを徹底的に叩き込むことにしている。何故なら、折角良い仕事をしたとしても、法に抵触してしまっては、全てが台無しになるからだ。

 会社間の厳粛なる契約については、「機密情報保持」は鉄則。「著作権」やその「二次利用」についても十分なネゴシエーションを行い、双方が信義則に基づき、且つ、ガラス張りの環境下にて、初めて、新たなるプロジェクトがスタート可能となる。

 契約に至る前に、若干なりとも不透明な駆け引きがあっては、信義則どころの騒ぎではなくなってしまう。互いの痛いところも胸筋開いて、情報交換を行いながら擦り合わせを行っておけば、些細なトラブルさえも完全に防げることになる。

 人間関係も同様に、互いにいい子ぶりっ子で隠すことなく、膝を突き合わせ話し合いをすることで、互いの立ち位置なりが良く見え、揺るがぬ「信頼関係」が築かれる。よって、上述の重要なるところを端折ってしまうと、不本意ながら、後日にギクシャクが絶えないという状況下に置かれてしまう。

 ICT総論各論の中では、その他「価値観」について熱弁を奮うこともしばしば。勿論、自分を磨かざれば、「価値観」などが生まれるはずがない。「価値観」がズレにズレてしまうと、夕景や花々、野鳥、食卓の料理などを愛でることもできない人生で終わることになる。

 「価値観」のない人生とは、「感動」もなければ、「喜び」もないフラットで低空飛行の人生が待っているだけの話。実につまらぬ人生であると言っても過言ではない。田舎のブロイラーにて、毎日餌を突きまくっている、視野の狭い鶏のような一生となりはしないか。

 ただ、「価値観」に対して無関心な人たちへ「価値観」を注入するのは、なかなか至難の業となる。見た目で即座に判断を下す人は、結構「価値観」について疎い。竹籠を見て、「へえ、竹で編んだ籠なんだ!?」で終わってしまうのである。

 どんな種類の竹を、どのように細く削いで、それらを束ねながら編む中で、どうして色んな形にできるのかへの関心がないのである。松ぼっくりがどうして開くのかの仕組みについても無関心。身離れの良い美味しい魚の煮付けについても無関心。何の感動もない。

 「価値観」のない人生も、それはそれで良いと考えるけれども、どうも、人生かなり損した気持ちを持たざるを得ないというのが、筆者の私見である。高額なノートブックのエッジを触れることで、アルミの芸術的な削り出しと磨きなどにも「価値観」を持って欲しい。

 カメラのシャッターに触れて、シャッターを切るプロセスと切った瞬間の人差し指から体全体に伝わるシャッター音や微妙な振動も感じて欲しい。カメラ職人が、それら全てに拘りを持ち作っているからこそ、そのカメラに「価値」があり、全てのユーザーに感動を与える訳だ。

 まあ、荒削りな人間の人生が楽であると言えば、そうなのだろう。しかし、地球上で最高級の「脳みそ」を神より授けられた人間であるのならば、その「脳みそ」をフルに活用し、五感を研ぎ澄ませることで、もっともっとお得な人生を送ることができるのではなかろうか・・・。


kamo-20211217-002


kamo-20211217-001


kamo-20211217-003


kamo-20211217-004


kamo-20211217-005


---------
ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2021/12/17 12:00 am

「えのきぞの」のお節、承ります!

enokizono-logo



 久しぶりに、京料理「えのきぞの」(榎園豊成料理長)へ足を運び入れた。早速手渡されたのが、待ちに待った「えのきぞの」のお節情報である。二段重が3万円(税込)、一段重が一万五千円(税込)、二人前お刺身盛が五千五百円(税込)、四人前お刺身盛が一万一千円(税込)となっている。

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、熊本市内の食事処は相当の痛手を被っているが、同店もまん延防止等重点措置などで、従来の営業が全くできなかった店の一つでもある。最近、やっと全国的に人流が増えてきたようで、御多分に洩れず、熊本市内も車の通行量も増え、活気付いてきた感がある。

 尚、入手した同店自慢のお節情報は、以下の通り。

▼店頭受け取りのお客様

<締切日>令和3年12月23日(木)まで
<お申込>電話予約 096(211)5525 又は、店頭受付
<お渡日>令和3年12月31日(金)
     時間:午前11時〜午後3時まで(※時間厳守にて)
     場所:えのきぞの(熊本市中央区新屋敷1丁目9−19濫觴77A
<お支払日>令和3年12月31日(金)代金引換(事前のお支払いも可)

▼配達希望のお客様
<お届日>令和3年12月31日(金)※時間のご指定はご遠慮ください
<配達料>600円 熊本市内近郊に限ります

▼お節のチラシを両手に持った榎園豊成料理長
enokizono-osechi-2022


▼京料理「えのきぞの」三つ折りリーフレット2022
enokizono-chirashi-2022-1


enokizono-chirashi-2022-2



<えのきぞの>
〒862-0975
熊本市中央区新屋敷1丁目9-19濫觴77A
TEL:096-211-5525
※定休日は月曜日

◎えのきぞの公式サイト
 https://www.dandl.co.jp/enokizono/Link
◎えのきぞの公式Facebookページ
 https://www.facebook.com/shinyashiki.enokizono/Link

◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
◎Facebook
 https://www.facebook.com/chikaonishida.dandlLink
写真・文責:西田親生

                                       

  • posted by Chikao Nishida at 2021/11/10 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp