ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

著作権侵害を何度も経験した被害者が、サジェストするトラブルシューティング。

pen


<著作権侵害を軽視するなかれ>

 著作権侵害が絶えることがない世の中だが、著作権を侵害された被害者としては、オリジナル作品を粗野に扱われたことに憤りを覚え、加害者が逃げに転ずるを目の当たりにすれば、「???」となってしまう。

 大抵の場合、著作権侵害箇所又は制作物を指摘すると、加害者は猛省することもなく、即座にネット上のデータをさっさと削除し、「逆ギレ」か「無視」して逃走する場合が多い。法の無知なる者は、逃げという選択肢しかないのだろう。

 「たかが写真だろう!」とか「有名人の作品じゃないから、勝手に使っても構わんよ!」、「YouTube動画は自分のところのインフォマーシャルだし、契約も切れているから、ダウンロードして別アカでアップしても大丈夫!」などと、法の無知なる者は、身勝手に、とんでもない愚行に走る。

 そこで、著作権法が定める刑事罰や、民事における損害賠償及び慰謝料などのリスクを、老婆心ながら警告すると、慌てて警察に駆け込み、「法外な金額を突きつけられて脅された!」と、逆に被害者に成り済まし、厚かましくも被害届を提出する者がいる。本末転倒としか言いようがない。

 加害者が自分の違法行為を棚に上げ、徹底抗戦に出る場合もある。「知らぬ存ぜぬ」と言い放ち、第三者が勝手に遣ったと責任転嫁。著作権侵害の証拠を突きつけられると、自らの愚行を過失と言い張り、逃げに転ずる。

 謝罪もなく逃走するのであれば、解決の糸口も見出すことはなく、最終的には、刑事告訴(又は告発)をせざるを得ない状況になってしまう。自業自得である。

<著作権侵害の実例>

 以前、滋賀県栗東市による著作権侵害について語ったが、基礎自治体として、受け止め方、処理の仕方次第では、新聞沙汰になることもなく、平穏無事の内に収束するはずであった。勿論、筆者としては、同市には親友(業界では重鎮)もいて、刑事告訴するつもりは毛頭無かった。

 栗東市による著作権侵害の流れは以下の通り。

1)滋賀県栗東市観光パンフレットや琵琶湖南4市(栗東市を含む)合同冊子38000部へ、筆者撮影の写真を違法ダウンロードし、無断使用。

2)著作権侵害を指摘すると、同市担当部署は電子パンフレット(PDFファイル)の削除、WEB上の写真を削除、更には、琵琶湖南4市合同冊子38000部を全て回収し、証拠隠滅を図る。

3)隠蔽工作に走る同市。よって、読売新聞社ほか2紙が動き、「栗東市による著作権侵害」の記事が大々的に掲載される。ネット上にも記事がフィードバックされた。(現在でも、掲載された痕跡を見ることができる)

4)栗東市長年末記者会見では、「相手(筆者)と話し合いの途中(話し合いはしていない)なので、市民の方へは大変な心配と迷惑を掛けるが・・・」と。最終的には、その記者会見の著作権侵害関連箇所を削除、市民への丁寧且つ正確な説明もなきまま、筆者との直接話し合いを避け、全てを隠蔽してしまった。

5)余りの粗野な対応に、同市議会議員18名へ「同市による著作権侵害」についての書簡を送り、反応を見ることに。想定内ではあったが、議員ただ一人として反応はなく、著作権法を完全無視した、同市及び同市議の法の無知たる実態を知るに至った。

6)しかし、前述の通り、親友の存在もあるので、刑事告訴は断念した。

<著作権侵害の被害者がサジェストするトラブルシューティング>

 何故、基礎自治体の違法行為が新聞沙汰(読売新聞、朝日新聞、中日新聞に著作権侵害記事掲載)となり、非常事態に陥ったのか!?

 それは、初動の段階にある。隠蔽すれば何とか逃げられると、姑息にも考えたのだろう。法の無知は怖いもので、対処の仕方によっては、波風立たず、穏便に処理ができたはずである。

 筆者が基礎自治体の責任者であれば、以下の段取りを踏むに違いない。

1)先ずは、著作権侵害の被害者へ丁重な謝罪の書簡を送り、直接または電話にて、被害者が納得行くよう、誠意を尽くす。

2)印刷物やWEB上で著作権侵害の証拠を突きつけられているのだから、印刷物全ての回収やWEB上のデータ削除をするのは、逆に事態を大きくしてしまう。よって、写真1枚であれば、著作者に対して、有償で買取交渉(著作権二次利用を含む)を試みる。

3)買取交渉がまとまれば、後は、合意書と写真の使用許可通知書(著作権の二次使用を含む)を実印付きで送って貰えば、今回のようにマスコミも動くことなく、冊子回収やWEB上データの削除は不要となり、対外的にはそのままの状態で、一件落着となる。

 因みに、38000部の冊子は、製作費は百数十万円(4市合作)。皆、税金で賄っているのだから、それを全て回収する決断を下した人間は、無能、無責任だとしか言いようがない。

 所轄の警察署担当官は、上の38000部の冊子の1部でも見つかれば、捜査に入ると言っていたが、今更ながらに胡散臭さと著作権法への認識の低さを感じた次第。

 裏を返せば、全冊子回収の事実を知っているので、堂々と「証拠物件は見つからないよ」と言っているようなものである。実に、怪しげだ。

 熊本県警であれば、経験上、上のような杜撰な対応はなく、正義正論を重んじ、徹底捜査に踏み切ると確信する次第。

<遵法精神の欠落>

 上記が筆者なりのトラブルシューティング手法である。何故に、栗東市は落とし所を、書簡による心無い謝罪(毎回、同じ内容)、記者会見における虚言(プロパガンダ)、大量冊子回収、デジタルデータ削除(証拠隠滅)などの愚策を講じたのか。

 これは、何度もここで登場している言葉「法の無知」と「高飛車トラブルシューティング」が全てを物語っている。

 この采配を同市長が行っていたのでれば、洒落にもならない。基礎自治体に関わる人たちは、身分保証がある反面、公僕として、当然のごとく「遵法精神」が付きまとう。その大原則を忘れてしまったのだろうと。

 議員も18人もいながら、正義正論を唱えることができた議員は、皆無。これじゃ、栗東市民を騙し、はぐらかし、著作者を存在なき者とし、証拠隠滅さえ上手く行けば、全て丸く収まるとでも考えていたに違いない。実に浅はかな人たちだ。

 当時、何とも稚拙なトラブルシューティングの在り方に、失笑するしかなかった。今は、全く恨み辛みはないが、滋賀県栗東市には、過去5回ほど足を運び入れたことがあり、すこぶるお気に入りであったが、残念ながら、これから二度と足を運び入れることはなかろうと。

◎著作権侵害の罰則/個人の場合
10年以下の懲役又は1000万円以下の罰金

◎著作権侵害の罰則/法人の場合
3億円以下の罰金


▼無断使用された写真
photo by Chikao Nishida/2008年5月29日撮影
撮影機材:Leica
同店は、残念ながら廃業となった。
鮒鮨など美味しい料理の思い出ばかり。
2008-5-29


----------
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2022/7/5 12:00 am

馴れほど、恐ろしいものはない。・・・何故、「ウクライナ疲れ」なんぞ、軽々に言えるのか???

pen


 2月24日にウクライナ危機が勃発し、世界中の人たちの心に戦慄が走った。目を覆いたくなるような、ロシアによる殺戮の模様が毎日のように報道される。

 結婚間もない最愛のパートナーを喪った人。生まれたばかりの赤子を亡くした母親。家族全員が虐殺され、運良くただ一人生き残り、全身を震わし泣き叫ぶ幼子。皆、涙も枯れてしまったに違いない。

 路上には、拷問を受け、遺棄された遺体が散在している。瓦礫の下に生き埋めとなり、無念にも絶命した何百、何千体もの遺体。国内ネットでは、その惨状描写は制限されているが、海外メディアでは、ダイレクトに伝えた。

 2月下旬から、テレビの報道番組やネットニュースに釘付けとなり、リアルタイム情報を見ては、ロシアの独裁者とその仲間たちの蛮行を、誰も止めることができないというもどかしさに苛まれる毎日であった。

 350年前のピョートル大帝が宿ると豪語するプチ爺さん。漫画のような挙動や下手な演技に喝采を贈る人たちは、何者なのか。しかし、故人ピョートル大帝は、「えらく迷惑な話!キモい!」と激昂しているに違いない。

 身の丈203cm、巨人でイケメンのピョートル大帝とは、似ても似つかぬプチ爺さん。厚顔無恥なる思い込みのオーバーラップ加減は、失笑ものだ。今から、このプチ爺さんを「プチ皇帝」ではなく、「プチ最低」と呼ぶことにした。

 色んな形容の言葉を探してみたが、「狂人」、「異常者」、「連続殺人鬼」、「残虐非道」」、「鬼畜」、「下手な演出家」、「大根役者」、「醜態」、「老害」、「自信過剰」、「ナルシスト」、「ゾンビ」、「時代錯誤」、「貧乏神」、「悪魔の遣い」などの言葉しか浮かばない。

 自分の手を汚すことなく、第三者を脅し、手下の手を汚させ、人殺しを楽しんでいる。毒殺や銃殺による暗殺が、国内外で繰り広げられる。自殺と報道させ、人間を蛆虫同然に葬り去っているのが、現実である。

 人殺しのドンたるプチ爺さんは、いくら国家元首と雖も、その資質もなければ、各国からVIP扱い、厚遇される資格も、必要もない。ただの税金泥棒である。そこを、ロシア国民は気づかねばならないが、プロパガンダに染まった国であるが故に、皆が洗脳の津波に呑み込まれているのが現状だ。

 2月から現在に至り、ウクライナにおけるジェノサイドに震え上がっていた外野席の人間が、最近では「ウクライナ疲れ」という心無い言葉を遣い始めた。数百万人、数千万人のウクライナ国民から、幸せな生活を奪い取るばかりか、惨殺しているのである。そこで、「ウクライナ疲れ」とよく言えたものだ。

 馴れというものは恐ろしいもので、或る程度時間が経てば、脳内の記憶ボックスは満杯となり麻痺してくる。目の前に起こっているものがジェノサイドと分かっていても、「またか!」という程度で、我関せず、三猿(見猿言わ猿聞か猿)になってしまう。残念ながら、他人事として覗き見していたに過ぎないのである。

 家族を拷問、惨殺された人の心の痛みを忘れたのか!?無数の遺体が道路に放置されているのを平然と眺め、「またか!」と言えるのか!?悲しみに打ち拉がれた人たちの立場になって寄り添うことがないから、馴れという思考停止状態に陥ってしまうのだ。

 黒海では、悪魔の手下である泥棒猫が、大量のウクライナの穀物や鉄を盗み、密輸している。これは、歴史的に絶え間なく繰り返されてきた、ロシア流蛮行の定番らしい。何故に、それを止める気骨ある国が周囲にないのか。プチ爺さんは、いつものスーツ姿で、民度高き文民気取りだが、中身は腹黒い悪魔の手下である。

 独裁国家特有の内政干渉という「言葉の盾」で、歴史的に最低最悪の蛮行を正当化する、ロシア。周囲は代理戦争の様相を呈しており、大義名分なき稚拙なプチ爺さんに、右往左往しているに過ぎない。よって、今に至っては、ウクラナイ危機という本題を忘れて、各国元首の一部は、姑息にも、自国の損得のために、下手な芝居を演じ始めたようだ。

 ウクライナで家族を亡くした多くの方々は、目には目を歯には歯をの「ハムラビ法典」の如く、10000人分の仇を取るために、元凶たる者どもを、10000回以上串刺しにしたい気持ちで一杯のはずだ。

 日本も、太平洋戦争直後の東京裁判にて、戦争犯罪人の処刑が行われている。水を打ったように静かな法廷で、判決が言い渡される。戦犯一人一人を立たせ、「Killed by Hung!」という裁判長の声が響き渡る。無条件降伏をした敗戦国として当然の戦犯判決であると、戦勝国側の人間(インドを除く)は平然と眺めていた。

 いつの日か、このウクライナ危機が収束した場合、戦争犯罪としてどのような処分が実行されるのか、注視したい。勿論、侵略戦争を起こし、拷問やらレイプ、そして虐殺は、国家ぐるみの「猟奇的強盗大量殺人事件」として、21世紀の歴史を真っ赤な血で染めたことになる。

 万が一、想定外に懲役刑になったとしても、亡くなった10000人の平均余命をこの先50年とすれば、懲役500000年以上の実刑判決が下されるべきである。それほど重罪であるということだ。しかし、国連の機能不全が曖昧な流れを作り出し、戦争犯罪人を徹底的に叩くことは不可能であろうかと、危惧するばかり。

 絶命した罪なき人たちは、決して、このままでは浮かばれない。苦しみに耐え兼ね死に追いやられても、絶対にプチ爺さんやその仲間たちを許すことはなく、永遠に、残虐者たちの子々孫々へも、地獄の果てまで呪い続けるに違いない。

 最後に、これら残虐者たちに聞きたいことが一つある。「こんな蛮行を繰り返し、幸せなのか!?」と・・・。

 一般的に、人は、日々の暮らしの中で、いろんな人たちとのコミュニケーションを楽しみ、美味しい食べ物を共有したり、旅行やピクニックに出掛けるのが至福の極みなのだが、残虐者の「幸福感」とは一体全体どのようなものなのか、逆立ちしても、理解に苦しむばかりである。

 己に都合の悪い人間を暗殺しなければ、己の安全を確保できないという悪循環。日頃から、取り返しのつかない悪行三昧を繰り返してきたからこそ、ビビリ屋人生を歩まざるを得ない。考えようでは、プチ爺さんもその周辺にいる輩も、実に可哀想な人間!?であろうかと・・・。

 世界中で起きているジェノサイド。我々庶民のささやかなる生活を、虚栄の権力で押し潰し、人を蛆虫同然の扱いをする蛮行は、独裁者の「差別」と「妄想」、「強欲」という、愚かな本能(低脳)に起因している。

 最後に、プチ爺さんのこれから先の人生は、毎晩のように、死霊、生霊から呪われた地獄のような日々を送るという、悍ましくもあり、見窄らしい姿が目に浮かぶ。


ROSE202205-11


----------
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2022/7/4 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp