ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

残業を激減させるブラインドタッチ・・・

◎記事と写真は関係ありません

ZANGYO-SOLVE-001


 アフターファイブの日報がルーチンワークとなり、それが済んでやっと終業という業種も多い。今時、手書きでの日報は皆無に近いと思われるが、パソコンを使って日報を書いたり、その他報告書を書き綴るのに、どれだけ時間を割いているかを各自検証されては如何だろうか。

 多分に、キーボード操作も辿々しく、下手すると、サーバー若しくはクラウドに格納されているエクセルデータのテンプレートを利用するのは結構だが、関数を設定してあるセルに、その箇所がプロテクトされていなければ、関数を消して数字を書き込む無知なる人間を見掛けることがある。

 筆者が社会人となる前に、自分にいくつか課した宿題があった。その一つに、パソコンのキーボードをブラインドタッチで打ち込むことだった。ホームポジションに両手を置き、頭の中にキーボードをイメージしながら、「JJJJKKKKLLLLMMMMNNNN」と口ずさみながら、手首が腱鞘炎になる程に繰り返していった。

 よって、僅か2週間ほどでブラインドタッチとして指が自由に動く様になった。更にそれを進化させる為に、自分でよく使うような単語を思い出しては、何度も何度も、ピアノの鍵盤を流れる様に弾くイメージにて、ローマ字変換にて正確な日本語になるよう、自分なりに苦労したことを思い出す。

 お陰で、社会人となり、新聞社に入社した当時、まだまだ鉛筆や万年筆で書く先輩方ばかりだったが、筆者はキーボードでバチバチと叩き、リターンキーを叩き、プリンタで印刷して完結である。隣の部長が「玩具のようなもの持ち込んで、音がうるさいよ!」と文句を言われたこともあった。

 それから数年が経ち、その部長は職位はそのままだったが、係長になった筆者に、「あの時、教えてもらっておけば良かった!」と苦笑いしながら、時代の流れについて行けなかったことを悔やんでいた。それでも、日々、鉛筆や万年筆にて頑張って文章を書いていたので、アッパレと言わざるを得ない。

 話は私ごとで申し訳ないが、何十年経っても、仕事においてパソコンで使用するアプリは、ワープロ、表集計とグラフ、画像加工、通信、それにデータベース検索などであろうか。特に、ワープロや表集計などは昔と殆ど変わることもなく、ワードやエクセルを使用している人たちが大半である。

 そう考えてみると、現在、キーボードを辿々しく叩いていても、仕事が捌けはずがない。例えば、業務を終えて報告書を書くのに、1時間も掛かれば、結局、年間約300時間ほど無駄な時間を過ごすことになる。それが、毎日15分で終わるのならば、年間約225時間ほど短縮できる。

 ブラインドタッチを習得することで、年間10日弱も無駄な時間が省かれ、日々残業が減る訳で、凄く仕事が楽になりはしないかと申し上げたいのである。2本指でキーボードを叩く人の悪癖はなかなか治るものではないが、これから先、同じ仕事を継続するならば、早速ブラインドタッチに挑戦されてはと思うばかり。


▼湧水池「浮島」(熊本県上益城郡嘉島町)
ZANGYO-SOLVE-002


ZANGYO-SOLVE-003


ZANGYO-SOLVE-004


ZANGYO-SOLVE-005



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
写真・文責:西田親生

       

  • posted by Chikao Nishida at 2021/11/8 12:00 am

熊本県護国神社近くの野鳥園・・・

gokoku-shrine-001


 熊本県護国神社近くに、小さな野鳥園がある。春にはピクニックしている家族も見受けられるが、人通りは決して多くはない。野鳥園と名の通り、メジロ、エナガ、ヒヨドリ、スズメなどが木々の上方で囀っている。時には、メジロのカップルが二人っきりで枝に停まっていることもある。

 今回は、同園の木々の紅葉の具合を見に行ったが、大木の銀杏以外は、まだまだ紅葉は始まっていない。大抵、午後3時を過ぎた頃に足を運ぶので、紅葉した葉を逆光で透かしながら撮るのが、とても美しいものが撮れる。また、超ワイドレンズを使えば、小さな森の全体像を撮すことが可能となる。

 同園に行くには二つの方法がある。一つは熊本城二の丸公園駐車場に車を預けて、熊本県立美術館左側から行く方法。また、今回の様に、熊本県護国神社に車を預けて、橋を渡り行く方法がある。勿論、同神社の駐車場に車を預けるのであれば、お賽銭をしっかりと入れて頂きたい。

 最近は、渡りガラスなのかどうか分からないが、最後の写真の様に黒い影が急増しているように思えてならない。カラスが上空を舞っている時は、小鳥たちは影を潜めて、姿を見ることができないので、折角一眼レフカメラと超望遠レンズを持ち込んでも、不発に終わる。

 また、隣が野球場になっているので、大会等の歓声やらで騒がしい時も、小鳥は激減する。たまに、アオサギやシラサギが上空を横切ったり、ドクターヘリが爆音を鳴り響かせて国立病院へ降り立つこともあるので、タイミング次第では、またもや不発となることも・・・。


gokoku-shrine-003


gokoku-shrine-004


gokoku-shrine-005


gokoku-shrine-002


gokoku-shrine-006


▼オススメの「肥後うまか赤鶏ハリハリつけ蕎麦」(熱々の蕎麦)
 熊本ホテルキャッスル ダイニングキッチン九曜杏
gokoku-shrine-007


gokoku-shrine-008



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
写真・文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2021/11/7 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp