ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » ダイニングキッチン九曜杏

We are Ladies and Gentlemen serving Ladies and Gentlemen・・・

▼熊本ホテルキャッスル ダイニングキッチン九曜杏スタッフからプレゼント

BIRTHDAYCAKE2022-01


 昨日は、1日早めのバースデイランチで、熊本ホテルキャッスル1階のダイニングキッチン九曜杏(くようあん)に足を運んだ。まん延防止等重点措置が解除されたとしても、まだまだ感染者数は高止まり状態なので、やや時間をずらしての訪問とした。

 コロナ禍前は、ウィークデイは毎日のように、取材前ランチを楽しみに足繁く通っていたけれども、コロナ禍となり、今ではひと月に一度、又は、ふた月に一度程度ほどに激減した。昨日など、一年ぶりに足を運んだ気分となり、館内がとても新鮮に感じられた。

 午後2時過ぎなので、ランチで来られている客とは入れ替わりの時間帯。いつものカウンター席で、料理長お任せランチを楽しませて頂いた。生憎、料理長は休みのようなので、ガラス窓越しの厨房では、セカンドが彼流の小気味良いテンポにて調理に集中していた。

 食後、「レストラン皆からのプレゼントです。是非、お持ち帰り頂き、お楽しみください!」と、岩本食堂部長からバースデイケーキを土産に頂いた。大きさの割には、どっしりと重い。帰りの移動時間を考えて、保冷剤を上下左右にたくさん挟み込んであった。

 それから、同レストランの大津マネージャーやその他黒服数人が、立て続けに挨拶に来てくれた。コロナ禍で長期間大変な状況であるにも関わらず、皆さわやかな笑顔で、1日前のバースデイを祝ってくれた。同食堂部長の采配とチームワークが見え隠れした瞬間である。

 実は、午後2時到着と予約をしていたところ、既に同食堂部長が同ホテル玄関中央に立って待ち構えていた。それからレストランへエスコート。帰りも、同食堂部長と黒服数人が見送りに来てくれた。勿体無いほどの厚遇に、大変申し訳なく思った。

 同食堂部長以下、黒服や女性スタッフを見回すと、ホテルのホテルと称されるザ・リッツの「We are Ladies and Gentlemen serving Ladies and Gentlemen」の接遇に勝るとも劣らぬ所作である。これこそ、61年の歴史と伝統を誇るホテルの接遇レベルである。

 因みに、同ホテルに通い始め40年が過ぎ、同食堂部長が同ホテル入社早々に会ったのが30年ほど前になる。まだ、ホテリエとしての修行段階であった彼が、今や、食堂部門のトップとして采配を奮っている。筆者も新聞社を若くして退社し、起業して間もない頃の話だが、これまで随分世話になった。

 先々は、同食堂部長や若手黒服の時代となるに違いないが、熊本県を代表するシティホテルとして、観光立県の立役者として牽引願えればと思うばかり。勿論、そこには、現在の帝国ホテル社長のように、全スタッフの信頼を得る、聡明なる人格者の役員は不可欠となる。


▼2007年からお付き合いのある元女優さん(東京在住)からのプレゼント
BIRTHDAYCAKE2022-03


BIRTHDAYCAKE2022-04


▼今日の気分
BIRTHDAYCAKE2022-02


----------
◎西田親生@ICTdocotor「Note」プロフィール
 https://note.com/chikaonishida/n/n6513d8114749Link
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2022/5/7 12:00 am

地産地消に拘ったランチメニュー・・・

castle20220413-01


 雨が降り出し、取材不能にて、急遽、熊本ホテルキャッスル1階にあるダイニングキッチン九曜杏へ足を運ぶことにした。

 本当に久しぶりのホテルでのランチタイムである。玄関やロビー、同レストラン入口の各スタッフが元気よくご挨拶。レストランホールを覗き込むと、コロナ禍を感じさせぬ賑わいである。レイアウトは密にならぬ工夫がしてあり、安心して食事ができそうだ。

 随分足を運んでいなかったので、ランチには地産地消をテーマにしたメニューが一品光っていた。それは、熊本県天草市五和町産のほろほろ鳥のポワレで、暫し凝視してしまった。間、髪をいれず、一発注文である。ガラス窓越しに工藤料理長の姿が見えるので、料理は信頼できる。

 ほろほろ鳥は、時間を掛けて低温調理をしたものだと、岩本食堂部長が自慢げに言った通り、繊維が細やかで、肉質はしっとり柔らかい。濃厚なソースとの組み合わせはすこぶるフィットしている。ナイフで切った一切れを口に含むと、急に胃袋が動き出したきた。

 かなり空腹だったので、一気に食した感があるが、その他、可愛いサラダとグリーンピースの冷製スープ、そしてコーヒーを飲み干し、完食。因みに、ランチタイムとなるとコーヒーがお代わりできるが、いつも気の毒でたまらない。一杯、一杯を別料金にすれば良いものを!

 食後にレストルームへ行き、再びカウンターに戻ると、案の定、熱々のコーヒーがサーブされくる。諄いようだが、コーヒーは一杯、一杯を別料金にて、質の高いものを提供した方が良いのではないかと。これが慣例となれば、元価が高くなり粗利が減るばかりではないか。(苦笑)

 食事中に、同食堂部長へ「とても美味しかったと、料理長へ伝えておいて!」と言ったところ、帰り際に、料理長がニコニコしていたとの伝言があった。まあ、久しぶりなので、こちらの席まで出てきて顔を見せて欲しかったが、元気そうなので何よりだと思いつつ、帰途に着いた。

 新聞社時代から足繁く通う、熊本ホテルキャッスル。熊本地震の時も随分世話になった、筆者にとっては大切なシティホテルである。よって、このコロナ禍を何とか踏ん張って、60年の歴史と伝統ある同ホテルオリジナルの価値ある食文化を、次の世代へバトンタッチして頂ければ有難い。


castle20220413-03


----------
◎西田親生@ICTdocotor「Note」プロフィール
 https://note.com/chikaonishida/n/n6513d8114749Link
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

           

  • posted by Chikao Nishida at 2022/4/13 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp