ロゼッタストーンBLOGニュース

PROFILE
ロゼッタストーンのオフィシャルBLOGです。ロゼッタストーンは1995年に熊本県第一号として生まれた異業種交流ポータルサイトで、現在は、フランスのパリ、カナダ、東京、静岡、京都、兵庫、沖縄など、国内外の特派員が日々アグレッシブに情報を発信しています。

その他、ロゼッタストーンはメディア融合を軸として、2005年にPODCAST、2007年に仮想現実3Dワールド・セカンドライフ、2010年にD&L TV(USTREAM番組)、2011年に先見塾(起業家および女流戦略家育成塾)をスタートし、多元的な情報発信と人材育成に尽力しています。

取材ご希望のところは、お気軽にご相談下さい。

※文責:西田親生


先見塾(BASIC/EXEC)
THE ROSETTA STONE
D&L TV(Ustream)
ロゼッタストーンブログver.1はこちら

製作著作
ディー・アンド・エルリサーチ(株)
マルチメディア事業部

RECENT INFORMATION
真のメディアとしての礎づくり
新・古それぞれのレンズ実験
最新鋭NIKON本体に、古いレンズ装着実験!
久々の、拘り珈琲!
カメラの設定に四苦八苦・・・
カメラの特性と表現力
一眼レフカメラとiPhone5の映像比較
不思議なマクロレンズの世界
Re BORN クラウンに遭遇!!
SIGMAレンズの実験!!
先見塾の写真撮影会開催!
素敵な父親と娘
心地よいグルメゾーンの構築が急務!!
カメラ専用バッグにTENBA!!
CATEGORY
災害情報 (5)
トピックス (36)
コラム・雑感 (43)
グルメ・料理・レストラン(お薦め食事処) (69)
宿・旅館・ホテル(観光情報) (14)
USTREAM TV(インターネットTV) (47)
先見塾(起業家育成塾) (477)
起業家情報 (6)
SecondLife(仮想現実世界) (0)
訃報 (1)
CALENDAR
2012 年 12 月
S M T W T F S
           
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
 
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
         
前月 BLOG TOP 翌月

RECENT IMAGE
ARCHIVES
2013/06 (20)
2013/05 (31)
2013/04 (28)
2013/03 (31)
2013/02 (27)
2013/01 (32)
2012/12 (31)
2012/11 (28)
2012/10 (27)
2012/09 (27)
2012/08 (31)
2012/07 (29)
  more ... ロゼッタストーンブログver.1

ロゼッタストーンブログver.1内検索

ディー・アンド・エルリサーチ株式会社

※取材記事及び写真ほかコンテンツの著作権は、全てディー・アンド・エルリサーチ株式会社に帰属します。よって、記事や写真の一部又は全部の転載・転用などを厳禁と致します。

  代表取締役社長 西田親生
お問い合わせ


計0857355 / 今日00019 / 昨日00269
2012/12/10 先見塾(起業家育成塾)
或る日突然変わったライフサイクル
或る日突然変わったライフサイクル
◎「落日」(西田親生書)

 人は、或る日突然、一瞬にしてライフサイクルが変わってしまうことがある。今の筆者の場合は、要介護老人の出現だ。

 元々、夜型の人間なので、午前2時、3時が毎日続こうとも全く影響なく、翌日の仕事をこなしていた。ところが、或る日、父から「目眩がして(たぶん瞬間的な失神の状態)、倒れた時に障子のガラスを割ってしまった。」と弱々しい言葉が電話で流れてきたのだった。

 筆者なりに現場検証と怪我の確認をしたところ、どうやって割ったのかは定かでないが、確かに本人が倒れてガラスを割ったことには間違いなく、怪我も全くなさそうなので、本人に今後の「要介護申請」について、腰を据えて話すことにした。

 本人の口からは「最近、歯や歯茎の調子が悪く、何でも食べられなくなったので・・・。」と、私の質問にちゃんと答えているようで、どうも「要介護」に対して逃げているような、濁した言葉だけが返ってきた。

 色々と考えた結果、翌日から本人の一日の内、二食分を筆者が作り、出来るだけ午前6時までには本人の自宅へ届けようと決断した次第。

 数日が経ち、本人からは「歯科医院へも行き、随分食べるようになったので、ふらふらはなくなった。」と、少々機嫌の良い言葉が返ってきた。

 しかし、翌日に父の自宅へ足を運ぶと、折角作っておいた「おじや」を半分以上捨てている。その上、先般、筆者が約束した通りに要介護申請を全く怠っていたのだった。

 何度も何度も要介護申請について説明をしていたにも関わらず、結局は、自分の都合の良いようにしか物事を捉えず、自分の生活だけが満足行けば良いという、単なる我が儘で身勝手な人生観なのかと、呆れかえってしまった。

 昔を思い起こせば、自分自身が転勤族であるという理由だけで、祖父の面倒を、祖父が他界するまで、当時新婚ほやほやの長男(故人)夫婦に押し付けていたのだった。

 その父が、今度は長男夫婦は自分の面倒を見てくれそうもないと思ったのか、二十数年前に私が建てた家の直ぐ傍に、黙って父は新しい家を建て、老後を筆者に託したのだろう。なるほど、そういう魂胆だったのかと、今頃になって気付く筆者もかなり鈍感である。

 如何に転勤族であったとしても、自分の父親(祖父)を連れ回しても構わないではないか。実家を長男に譲ったとしても、そこに祖父を預けて、いや預けるという感覚ではなく、家長制度が残る田舎特有の、実家を長男に譲ることは、何が何でも二世代、三世代、四世代・・・が同居することが自然の流れという、次世代の人間を無視した、いい加減な解釈の仕方だと考える次第。

 そこで自分は転勤族だから、離れて暮らすのは仕方ないという言い訳だが、祖父の面倒は家長制度として、既に三世代へバトンタッチしたぞという事になる。

 しかし、二十数年前に父は実家を捨て、新たに家を建て、そこを永住の地としてしまったのだ。・・・長男夫婦からすれば、長年祖父を預かり、そして毎日の食事などを世話をしたことが、父から何の感謝もないことに憤慨して、結局、父の老後は見たくないと考えるようになったに違いないのである。

 筆者が父の立場であれば、転勤族と言えども、父の職業柄・・・官舎はかなり広く、祖父が一緒に暮らしても全く支障がないので、実家に置き去りにするよりも、転勤先へ連れ回して行っただろうと考える。

 親子と言えども、これほどまでに思考回路や人生観が異なれば、終焉の時期を迎えるにあたり、とんでもない意識の格差と生活環境の違いが出てくるのである。

 更に、老人となれば、以前より増して、自己中心的な考えの下、日々我が儘三昧の連続だ。・・・筆者はどうしても祖父を置き去りにした結果が、今回の父へのしっぺ返しとなったのではないかと。更に更に、若くして長男が他界した為に、最終的なトラブルシューティングの役割を筆者がせざるを得ないことになったのである。・・・これが結論だ。

 人生の落日。筆者ならば、身勝手な人生の終わり方はしたくはない。要介護に自分の身が置かれる事になるくらいなら、さっさと自分の命を絶った方が、周囲に迷惑を掛けずに良いのかなと考える今日この頃である。・・・いやあ、人生・・・はじまりもも終わりも、実に難しいものだ。・・・昔の映画、チャールトン・ヘストン主演の「ソイレントグリーン」を想い出してしまった。

【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/
登録2012/12/10 20:39:15  更新2012/12/10 20:58:04