ロゼッタストーンBLOGニュース

PROFILE
ロゼッタストーンのオフィシャルBLOGです。ロゼッタストーンは1995年に熊本県第一号として生まれた異業種交流ポータルサイトで、現在は、フランスのパリ、カナダ、東京、静岡、京都、兵庫、沖縄など、国内外の特派員が日々アグレッシブに情報を発信しています。

その他、ロゼッタストーンはメディア融合を軸として、2005年にPODCAST、2007年に仮想現実3Dワールド・セカンドライフ、2010年にD&L TV(USTREAM番組)、2011年に先見塾(起業家および女流戦略家育成塾)をスタートし、多元的な情報発信と人材育成に尽力しています。

取材ご希望のところは、お気軽にご相談下さい。

※文責:西田親生


先見塾(BASIC/EXEC)
THE ROSETTA STONE
D&L TV(Ustream)
ロゼッタストーンブログver.1はこちら

製作著作
ディー・アンド・エルリサーチ(株)
マルチメディア事業部

RECENT INFORMATION
真のメディアとしての礎づくり
新・古それぞれのレンズ実験
最新鋭NIKON本体に、古いレンズ装着実験!
久々の、拘り珈琲!
カメラの設定に四苦八苦・・・
カメラの特性と表現力
一眼レフカメラとiPhone5の映像比較
不思議なマクロレンズの世界
Re BORN クラウンに遭遇!!
SIGMAレンズの実験!!
先見塾の写真撮影会開催!
素敵な父親と娘
心地よいグルメゾーンの構築が急務!!
カメラ専用バッグにTENBA!!
CATEGORY
災害情報 (5)
トピックス (36)
コラム・雑感 (43)
グルメ・料理・レストラン(お薦め食事処) (69)
宿・旅館・ホテル(観光情報) (14)
USTREAM TV(インターネットTV) (47)
先見塾(起業家育成塾) (477)
起業家情報 (6)
SecondLife(仮想現実世界) (0)
訃報 (1)
CALENDAR
2017 年 12 月
S M T W T F S
         
01
 
02
 
03
 
04
 
05
 
06
 
07
 
08
 
09
 
10
 
11
 
12
 
13
 
14
 
15
 
16
 
17
 
18
 
19
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
31
 
           
前月 BLOG TOP 翌月

ARCHIVES
2013/06 (20)
2013/05 (31)
2013/04 (28)
2013/03 (31)
2013/02 (27)
2013/01 (32)
2012/12 (31)
2012/11 (28)
2012/10 (27)
2012/09 (27)
2012/08 (31)
2012/07 (29)
2012/06 (26)
2012/05 (26)
2012/04 (22)
2012/03 (16)
2012/02 (31)
2012/01 (29)
2011/12 (28)
2011/11 (28)
2011/10 (15)
2011/09 (22)
2011/08 (25)
2011/07 (18)
2011/06 (17)
2011/05 (11)
2011/04 (14)
2011/03 (21)
2011/02 (7)
ロゼッタストーンブログver.1

ロゼッタストーンブログver.1内検索

ディー・アンド・エルリサーチ株式会社

※取材記事及び写真ほかコンテンツの著作権は、全てディー・アンド・エルリサーチ株式会社に帰属します。よって、記事や写真の一部又は全部の転載・転用などを厳禁と致します。

  代表取締役社長 西田親生
お問い合わせ


2013/06/14 先見塾(起業家育成塾)
不思議なマクロレンズの世界
不思議なマクロレンズの世界

 一眼レフにのめり込むと、大抵の人は大きな壁にぶち当たってしまう。それは、気難しい専門用語と面倒くさそうな設定方法である。辞書のように分厚い取説を全て読みながら撮影を試みても、遣れば遣るほど自信喪失となってしまう。・・・そこで殆どの人が、一眼レフを諦めてしまうのではないか!?

 しかし、撮影する時・・・色んな環境やカメラ本体の設定を試しながら撮影して行くと、幾度となく一喜一憂しながらも、いつの日かコツが分かって来るはずだ。特に、絞りと被写界深度、ISO、色温度、シャッタースピードなどが連動していることが理解できるようになると、次第次第に自分のイメージするような色調や画角の写真を撮影する事が可能になって来る。

 今回、NIKONの本体に社外品であるSIGMAのマクロレンズだけを装着して、いつものレストランへ足を運び、全く違った角度から撮影してみることにした。目の前の塩、胡椒はどんな形なのか、テーブルに飾ってある花一輪の雄しべや雌しべはどうなっているのか、きんきんに冷えたウィルキンソンのジンジャエールとグラスはどんなになっているのかなど・・・器や料理ににレンズの前玉が当たる寸前まで近づけて、撮影してみたのだった。

 撮影された被写体は、肉眼で見ているものとは全く異なるものになっている。小さなテーブルがだだっ広い平野のように感じたり、そこに置かれている器や料理が、何気に田畑、果樹園に見えてくる。マクロレンズで撮るミクロな世界。・・・随分前にパソコンに遊びに来たハエトリグモを接写した事があったが、今日の撮影も首肩が凝るまで楽しませて頂いた次第。

 一眼レフカメラにとってレンズは命。・・・一眼レフに更にのめり込むと、また次のステージへ足を踏み入れ、単焦点レンズ、ズーム、マクロ、広角と・・・果てしなく夢のような映像の世界を追い求めて行くのだろうと・・・。

 アーティスティックな趣味の世界は、人の心をじんわりと癒やしてくれるのである。

不思議なマクロレンズの世界

不思議なマクロレンズの世界

不思議なマクロレンズの世界

不思議なマクロレンズの世界

【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/
登録2013/06/14 18:27:54  更新2013/06/14 18:40:00   

<< 前のページ 次のページ >>