ロゼッタストーンBLOGニュース

PROFILE
ロゼッタストーンのオフィシャルBLOGです。ロゼッタストーンは1995年に熊本県第一号として生まれた異業種交流ポータルサイトで、現在は、フランスのパリ、カナダ、東京、静岡、京都、兵庫、沖縄など、国内外の特派員が日々アグレッシブに情報を発信しています。

その他、ロゼッタストーンはメディア融合を軸として、2005年にPODCAST、2007年に仮想現実3Dワールド・セカンドライフ、2010年にD&L TV(USTREAM番組)、2011年に先見塾(起業家および女流戦略家育成塾)をスタートし、多元的な情報発信と人材育成に尽力しています。

取材ご希望のところは、お気軽にご相談下さい。

※文責:西田親生


先見塾(BASIC/EXEC)
THE ROSETTA STONE
D&L TV(Ustream)
ロゼッタストーンブログver.1はこちら

製作著作
ディー・アンド・エルリサーチ(株)
マルチメディア事業部

RECENT INFORMATION
真のメディアとしての礎づくり
新・古それぞれのレンズ実験
最新鋭NIKON本体に、古いレンズ装着実験!
久々の、拘り珈琲!
カメラの設定に四苦八苦・・・
カメラの特性と表現力
一眼レフカメラとiPhone5の映像比較
不思議なマクロレンズの世界
Re BORN クラウンに遭遇!!
SIGMAレンズの実験!!
先見塾の写真撮影会開催!
素敵な父親と娘
心地よいグルメゾーンの構築が急務!!
カメラ専用バッグにTENBA!!
CATEGORY
災害情報 (5)
トピックス (36)
コラム・雑感 (43)
グルメ・料理・レストラン(お薦め食事処) (69)
宿・旅館・ホテル(観光情報) (14)
USTREAM TV(インターネットTV) (47)
先見塾(起業家育成塾) (477)
起業家情報 (6)
SecondLife(仮想現実世界) (0)
訃報 (1)
CALENDAR
2017 年 12 月
S M T W T F S
         
01
 
02
 
03
 
04
 
05
 
06
 
07
 
08
 
09
 
10
 
11
 
12
 
13
 
14
 
15
 
16
 
17
 
18
 
19
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
31
 
           
前月 BLOG TOP 翌月

RECENT IMAGE
ARCHIVES
2013/06 (20)
2013/05 (31)
2013/04 (28)
2013/03 (31)
2013/02 (27)
2013/01 (32)
2012/12 (31)
2012/11 (28)
2012/10 (27)
2012/09 (27)
2012/08 (31)
2012/07 (29)
  more ... ロゼッタストーンブログver.1

ロゼッタストーンブログver.1内検索

ディー・アンド・エルリサーチ株式会社

※取材記事及び写真ほかコンテンツの著作権は、全てディー・アンド・エルリサーチ株式会社に帰属します。よって、記事や写真の一部又は全部の転載・転用などを厳禁と致します。

  代表取締役社長 西田親生
お問い合わせ


計0463316 / 今日00145 / 昨日00374
2011/11/11 訃報
訃報:米崎久氏(松島観光ホテル岬亭社長)、逝く。
訃報:米崎久氏(松島観光ホテル岬亭社長)、逝く。

 松島観光ホテル岬亭(有限会社 八州観光開発 代表取締役社長)である米崎久氏急逝の訃報が飛び込んで来たのが、昨夜午後8時33分。松島観光ホテル岬亭のIT担当である山崎勉氏から直接電話があった。「社長が病院に運ばれ、午後7時48分に息を引き取りました。」と。享年83歳であった。

 実は平成17年1月1日に病床に倒れられてから、その後お会いする事がなかったので、不義理な私にとっては大変辛くもあり悲しい知らせとなってしまった。

 米崎久氏との出逢いは、平成9年に遡る。小兵ながらも重戦車のような勢いのある方であった。ご家族の言葉をお借りすれば「おちゃらけ、ぬーぼー!」という、ウィッツに富んだ方でもあり、周囲の人たちを笑いで吹き飛ばす名物ホテル経営者というイメージが強い。

 同氏と最後にお会いしたのは数年前の事。熊本県松島町商工会長現役の頃にお会いしたきりであったが、この場をお借りして、同氏が一代にして築き上げた「松島観光ホテル岬亭」の歴史を記したいと思う。

 元々同氏は船乗りであり、機械系が大好きな人物だった。機関士であった同氏は、毎日のように貨物船の機関室へ足を向けては、エンジン等をチェックするのが日課であったという。

 同氏が一念発起してホテル業へ目を向けたのが、1968年(昭和43年)。天草五橋開通から2年後となる高度成長期の良き昭和時代。好きだった船を降り、当時の松島町合津港傍に新扇荘(旅館と食堂)をスタートする事になる。

訃報:米崎久氏(松島観光ホテル岬亭社長)、逝く。
◎写真上は在りし日の米崎久社長/隣が現在の女将・橋本久美子代表取締役(長女)

 それから10年後の1978年(昭和53年)には、思い立ったが吉日の如く、5階建ての近代的なホテル「松島観光ホテル」(当時24室)を買収。本格的なホテル事業へと、飛ぶ鳥を落とす勢いで突進して行った。

 そして、同氏の人生における一大プロジェクトとして集大成となった「松島観光ホテル岬亭」(当時32室)を1990年(平成2年)2月に、近代的でお洒落なホテルとして築くことになる。

 それでも同氏の勢いは止まらず、2年後の1992年(平成4年)に旧館「松島観光ホテル」(現在寮として活用)を閉鎖し、代わりに新館セピア館(27室)を増築することにより、計59室(290人収容)の大きなホテルとなった。更に大宴会場、岬めぐり(大風呂/名称をネットで公募)、家族露天風呂(名称をネットで公募)、チャペルなどの増設に傾注して行った。

 当時の同氏の口癖に「290名のお客さんが泊まり、そのまま290名が会議をして、その隣で290名が一堂に宴会ができるようにしたい。」とあったように、大胆な発想と情熱と行動力により、熊本県内でも有数の海のリゾートホテルとして現在に至っているのである。

 http://www.misakitei.co.jp/

訃報:米崎久氏(松島観光ホテル岬亭社長)、逝く。
◎中央に見えるのが松島観光ホテル岬亭

 同ホテルの社長業に傾注する一方、松島町商工会長職など数多くの公職に就き、身を粉にして、熊本県観光立県の為に人生の殆どをつぎ込んで来たと言っても過言ではない。

 残念な事に、同氏は2005年(平成17)年1月1日に病に倒れてしまった。それからというもの、昨日まで闘病生活のままであったが、常に同氏の頭の中は「天草地域の発展と一代で築いた松島観光ホテル岬亭の躍進」ではなかったろうか。

 見晴らしの良いところがすこぶる好きな同氏。十年ほど前に私の自宅前まで車で足を運ばれた折りに、「山手のこぎゃん景色の良かとこに住まおごたる!!」と呟いたという。

 「見晴らしの良いところ」・・・現在海のリゾート基地として多くのお客に愛されている「松島観光ホテル岬亭」。なるほど、ご本人が呟いていたような素晴らしい見晴らしのロケーションにある。(写真上の千巖山からの遠景参照)

 昨夜の訃報に落胆の色を隠し切れない私だが、思い起こせば、同氏の笑顔と強烈な天草弁しか浮かんで来ないのが正直なところ。何度会っても「どっかで見た事がありますなあ。あ、テレビに出とんなったでしょ!?」と、何とも恍けた言い回しが印象深い。

 末筆ながら、心からお悔やみ申し上げたいが、これからもずっと「天草地域の発展及び松島観光ホテル岬亭の躍進」を天国より見守り続けて頂きたいと思う次第。

 蛇足だが、今年の夏前に同氏の家族から「介護施設の部屋表札を書いてもらいたい!」をとの依頼があり、不詳私が書いたのだが、それを眺めてニッコリ笑って喜んで頂いたとの事。私にとっては、すこぶる想い出に残る書(筆字)となった。

-----故 米崎久様 通夜及び葬儀について------

 喪主:米崎トミエ様(奥様)

【通夜】平成23年11月11日(金)午後19時から
【葬儀】平成23年11月12日(土)午後14時から

・会場:悠然舎 松島会館(ゆうぜんしゃまつしまかいかん)
    〒861-6102 熊本県上天草市松島町合津4341−1
    TEL 0969-56-3118

-----故 米崎久様 通夜及び葬儀について------

登録2011/11/11 06:19:29  更新2011/11/11 13:49:25