ロゼッタストーンBLOGニュース

PROFILE
ロゼッタストーンのオフィシャルBLOGです。ロゼッタストーンは1995年に熊本県第一号として生まれた異業種交流ポータルサイトで、現在は、フランスのパリ、カナダ、東京、静岡、京都、兵庫、沖縄など、国内外の特派員が日々アグレッシブに情報を発信しています。

その他、ロゼッタストーンはメディア融合を軸として、2005年にPODCAST、2007年に仮想現実3Dワールド・セカンドライフ、2010年にD&L TV(USTREAM番組)、2011年に先見塾(起業家および女流戦略家育成塾)をスタートし、多元的な情報発信と人材育成に尽力しています。

取材ご希望のところは、お気軽にご相談下さい。

※文責:西田親生


先見塾(BASIC/EXEC)
THE ROSETTA STONE
D&L TV(Ustream)
ロゼッタストーンブログver.1はこちら

製作著作
ディー・アンド・エルリサーチ(株)
マルチメディア事業部

RECENT INFORMATION
真のメディアとしての礎づくり
新・古それぞれのレンズ実験
最新鋭NIKON本体に、古いレンズ装着実験!
久々の、拘り珈琲!
カメラの設定に四苦八苦・・・
カメラの特性と表現力
一眼レフカメラとiPhone5の映像比較
不思議なマクロレンズの世界
Re BORN クラウンに遭遇!!
SIGMAレンズの実験!!
先見塾の写真撮影会開催!
素敵な父親と娘
心地よいグルメゾーンの構築が急務!!
カメラ専用バッグにTENBA!!
CATEGORY
災害情報 (5)
トピックス (36)
コラム・雑感 (43)
グルメ・料理・レストラン(お薦め食事処) (70)
宿・旅館・ホテル(観光情報) (14)
USTREAM TV(インターネットTV) (47)
先見塾(起業家育成塾) (483)
起業家情報 (6)
SecondLife(仮想現実世界) (0)
訃報 (1)
CALENDAR
2017 年 10 月
S M T W T F S
01
 
02
 
03
 
04
 
05
 
06
 
07
 
08
 
09
 
10
 
11
 
12
 
13
 
14
 
15
 
16
 
17
 
18
 
19
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
31
 
       
前月 BLOG TOP 翌月

RECENT IMAGE
ARCHIVES
2013/06 (20)
2013/05 (31)
2013/04 (28)
2013/03 (31)
2013/02 (27)
2013/01 (32)
2012/12 (31)
2012/11 (28)
2012/10 (27)
2012/09 (27)
2012/08 (31)
2012/07 (29)
  more ... ロゼッタストーンブログver.1

ロゼッタストーンブログver.1内検索

ディー・アンド・エルリサーチ株式会社

※取材記事及び写真ほかコンテンツの著作権は、全てディー・アンド・エルリサーチ株式会社に帰属します。よって、記事や写真の一部又は全部の転載・転用などを厳禁と致します。

  代表取締役社長 西田親生
お問い合わせ


計0449514 / 今日00263 / 昨日00158
2013/06/23 コラム・雑感
真のメディアとしての礎づくり
真のメディアとしての礎づくり
◎D&L USTREAM STUDIO

 2010年からライブTVとしてアイドリング状態で放送してきた「D&L USTREAM STUDIO」だが、これから大改革を行い、ヒューマンウェア、ソフトウェア、ハードウェアを三位一体とした、真のメディアとしての礎づくりにベクトルを向ける必要性に迫られてきた。

 現在、先見塾という若手経営者、起業家を対象とした塾を開塾し運営している中で、入塾している塾生の業種業態を見ていると、最終的には店の宣伝であったり、特殊業務の解説であったりと、簡単な写真やテキストが載った名刺やパンフレットだけでは、ぐっと胸を打つようなものは伝わってこない。よって、近々、勇士を集め、ライブ放送を軸とした、新たなメディア構築へとステップアップしたいと考える今日この頃である。

 名刺やパンフレットで何が欠落しているかと言えば、臨場感溢れるもの全て、信憑性、料理の旨さと料理人の素顔、ハイテク技術の活用法、交通アクセスにおける周囲観光箇所の詳細案内、新商品及び新事業の具体的な内容、一般消費者ニーズに応えるもの等々、小さな紙切れでは何も伝わることがないのである。下手すると、どんなに丁重に封書で届けたとしても、即ゴミ箱へ行く場合も多々ある。

 企業は人なりと言われるが、起業すると、特にSNSではその人物の顔写真や友人らとの食事風景を表に出して、皆が楽しんでいる。それはそれで実に結構なことではあるが、果たして、それを公式サイトや公式ページとして取り扱うには、正直なところ、自己満足及び妄想の世界で商売しているだけであり、履き違えも甚だしい。

 これは、厳粛な商取引という点で、特に、B TO Bにおいてすこぶる真面目さに欠ける。誰しも起業できる温室のような社会となったが故の、負の遺産を引きずり始めた感があるが、個人が起業して、如何にも代表となったという奢りと空プライドだけの、勘違い、履き違いの結果であろうと推察する次第。・・・だから、契約も覚書も都合が悪くなれば、一方的に破棄して、あちこちへ散って逃げて行くのである。

 伝えなければならないものの中で、最重要事項は信憑性である。それには、施設の拡充及び商品の安心安全と効用は勿論の事、取り扱う人物の人間性なども含めて取引をしなければ、後々、とんでもないしっぺ返しや火の粉が降ってくるのは必至となる。アナーキー状態を加速している「誰でも起業可」というものは、資格制度における越権行為や二重報酬による消費者の経費負担増、詐欺行為、間口を広めた無責任な業務内容などと、色んな問題が生じている。

 従来のメディアの崩壊とも揶揄される現代において、元々マスコミを経て・・・18年間ネット事業を展開してきた筆者としては、確たるメディア復活、それもクロスメディアとしての新たな道をしっかりと踏み固めながら、その進化の為に尽力すべき時期ではないかと・・・。

 デバイスを操るのは誰でも簡単にできる。しかし、メディアを操るのは至難の業・・・さて、どのような勇士が集まってくれるのだろうか・・・!?

真のメディアとしての礎づくり
◎D&L USTREAM STUDIOからの夕景

【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/

【D&L USTREAM チャンネル】 http://www.ustream.tv/channel/dandl
登録2013/06/23 16:57:09  更新2013/06/23 16:58:12   

2013/06/19 コラム・雑感
久々の、拘り珈琲!
久々の、拘り珈琲!

 珈琲に拘った女性と久し振りに会った。

 「お出しした珈琲が若干酸味が強いのではないかと思い、再度たててみました。こちらの方をお飲み下さい。」と!!

 確かに、後の方が香りも切れ味も良く、最初から酸味がバタバタと表に出て来ない。その日の焙煎や豆の質、気温、湿度、保管状態などで、同じ珈琲豆でも味が微妙に変わってくる。

 「出来るだけ、同じ味を出したいのですが、珈琲は奥が深いです!なかなか思ったように上手く行きません。」と、彼女が呟いた。

 私がカイゼル珈琲やターキッシュ珈琲、ダッチ珈琲などの話をすると、目を丸くして聞き入っている。珈琲店で働き始めて3年だと言うが、ストレート珈琲もさることながら、ブレンドが一番難しいと言っていた。

 「すみません、先ほど仰っていたカイ・・・・???あ、カイゼル珈琲ですね。勉強になりました。また、ゆっくりお話を聞かせて下さい。」と。

 最近はスタバがスタンダードになりつつある珈琲の世界。・・・せめて、ストレートで楽しめる珈琲を体験して頂きたいものだ。

 最後に、近頃の喫茶店は店主と客のキャッチボールが全くないところが多くなってきている。昔は絵画や書、豆の話などに花が咲いていたのだが、ヒューマンコミュニケーションのとりかたも変わったから、スタバのような店構えで良いのだろうと思った次第。・・・まあ、喋りすぎる店主も如何なものかと・・。(苦笑)

【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/
登録2013/06/19 00:03:42  更新2013/06/19 00:03:42   

2013/06/18 コラム・雑感
カメラの設定に四苦八苦・・・
カメラの設定に四苦八苦・・・

 ちょいと近所に買い物に行ったついでに、景色の良いところに車を駐めて、夕景を狙おうとしたのだが、サンセットまで少々時間が掛かりそうな感じ。景色も逆光気味なので・・・カメラを取り出したのは良いが、超ワイドレンズしか付いてなかったので、迷い迷いの撮影となった。

 最初に逆光気味で景色がどうなるのか?・・・ISOは固定、絞り優先で撮影するのだが、やはり写真上の場合、真っ白な雲が白飛び気味で、全く画角も面白みも何もない。

カメラの設定に四苦八苦・・・

 さて、ガードレールの外側を覗き込むと、ちょろんと花々が猛暑の中、木陰で涼んで咲いていた。それも、季節のアジサイと赤い花一輪。逆光の木漏れ日を繊細な葉に当てて、ふわふわ感を出そうとしたのだが、思ったような写真になっていない。

カメラの設定に四苦八苦・・・

 更に太陽を見ると、空にジェット機雲がほころびはじめている。レンズを太陽光へ向けるとギラギラとしており、強い光は眼に悪いので、雲に若干隠れる頃を見計らって、EV値を0のまま撮影。・・・実際の空よりもかなり暗めの絵面となっている。

カメラの設定に四苦八苦・・・

 帰り際に、木々の上方を見ると、ヒョウモンチョウが二羽、三羽飛んでいる。望遠レンズがないので、何とか写したかったのだが、葉に止まっているはずの蝶たちは、葉に埋もれた感じで、肉眼よりも鮮明に撮す事が出来なかった。

 これまでは静物、景色、料理などは全てISOを決め、絞り優先で撮影する事が多かった。しかし、これからは完全手動で撮影しようかと・・・。

 但し、近頃の高機能のデジカメはISOを自動設定にしていても、ある程度は判断宜しく、思ったような撮影が可能となっているようだ。明るいところでは、自動設定のISO上限値を低めに設定し、暗いところではその上限値を上げておけば、ある程度の写真が撮れるのではないかと。

 まあ、最終的には楽を選ぶのか、苦を選ぶのかの問題なのだが。

【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/
登録2013/06/18 00:34:57  更新2013/06/18 00:34:57