ロゼッタストーンBLOGニュース

PROFILE
ロゼッタストーンのオフィシャルBLOGです。ロゼッタストーンは1995年に熊本県第一号として生まれた異業種交流ポータルサイトで、現在は、フランスのパリ、カナダ、東京、静岡、京都、兵庫、沖縄など、国内外の特派員が日々アグレッシブに情報を発信しています。

その他、ロゼッタストーンはメディア融合を軸として、2005年にPODCAST、2007年に仮想現実3Dワールド・セカンドライフ、2010年にD&L TV(USTREAM番組)、2011年に先見塾(起業家および女流戦略家育成塾)をスタートし、多元的な情報発信と人材育成に尽力しています。

取材ご希望のところは、お気軽にご相談下さい。

※文責:西田親生


先見塾(BASIC/EXEC)
THE ROSETTA STONE
D&L TV(Ustream)
ロゼッタストーンブログver.1はこちら

製作著作
ディー・アンド・エルリサーチ(株)
マルチメディア事業部

RECENT INFORMATION
真のメディアとしての礎づくり
新・古それぞれのレンズ実験
最新鋭NIKON本体に、古いレンズ装着実験!
久々の、拘り珈琲!
カメラの設定に四苦八苦・・・
カメラの特性と表現力
一眼レフカメラとiPhone5の映像比較
不思議なマクロレンズの世界
Re BORN クラウンに遭遇!!
SIGMAレンズの実験!!
先見塾の写真撮影会開催!
素敵な父親と娘
心地よいグルメゾーンの構築が急務!!
カメラ専用バッグにTENBA!!
CATEGORY
災害情報 (5)
トピックス (36)
コラム・雑感 (43)
グルメ・料理・レストラン(お薦め食事処) (69)
宿・旅館・ホテル(観光情報) (14)
USTREAM TV(インターネットTV) (47)
先見塾(起業家育成塾) (477)
起業家情報 (6)
SecondLife(仮想現実世界) (0)
訃報 (1)
CALENDAR
2013 年 04 月
S M T W T F S
 
01
02
 
03
04
05
06
 
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
       
前月 BLOG TOP 翌月

RECENT IMAGE
ARCHIVES
2013/06 (20)
2013/05 (31)
2013/04 (28)
2013/03 (31)
2013/02 (27)
2013/01 (32)
2012/12 (31)
2012/11 (28)
2012/10 (27)
2012/09 (27)
2012/08 (31)
2012/07 (29)
  more ... ロゼッタストーンブログver.1

ロゼッタストーンブログver.1内検索

ディー・アンド・エルリサーチ株式会社

※取材記事及び写真ほかコンテンツの著作権は、全てディー・アンド・エルリサーチ株式会社に帰属します。よって、記事や写真の一部又は全部の転載・転用などを厳禁と致します。

  代表取締役社長 西田親生
お問い合わせ


計0708146 / 今日00216 / 昨日00517
2013/04/13 先見塾(起業家育成塾)
車の想い出・・・そして、今。
車の想い出・・・そして、今。

 私たちの時代は、大抵男性であれば、若き頃に夢を描き、毎日のようにマイカーを舐めるように磨いていた。

 幼い頃、父の中学校からの同級生だった或る有名な医者。その方から、筆者が10歳の時の夏休みに、鹿児島の指宿へ家族旅行に行くことになったのだが・・・自宅に迎えに来たのが、何と、ブルーメタリックのド派手はアメ車・マーキュリーだった。

 46年も前の事だが、そのどでかいマーキュリー。・・・後部座席背面に大きな透明の筒2本からクーラーの涼しい風が吹き出していたのだった。夏なので、外は炎天下。生まれて初めて乗った外車、そして生まれて初めて体験したクーラー・・・夢のように涼しく心地よいものと出くわしたのだった。

 そもそも、そのアメ車との出逢いが、善きにつけ、悪しきにつけ・・・我が人生を狂わせたのだろうと、当時を思い起こしながら、苦笑いするばかりである。当時、「早く大人になって免許を取って、絶対格好良い外車に乗ってやる!」と心に決めていた筆者が居たのだった。

 当時の庶民は自宅に車があるところはごく希で、保有していたとしてもホンダ N360などの軽が殆どであったと記憶する。勿論、トヨタのクラウン、三菱のコルト1000、1500など、都市部では走っていたのを鮮明に覚えている。

 時代は半世紀近く経ち、戦後復興から私たち日本人の生活水準はあっと言う間に世界最高峰へと上り詰めていった。

 筆者は自他共に認める「車狂」である。免許を取得して乗り継いできた車種は・・・トヨタ1車種、ホンダ11車種、日産1車種、三菱2車種、スバル2車種・・・なかなか思い出せないが・・・それから、新聞社を辞める頃に、或る医者から中古でジャガーを買い、起業して、トヨタ1車種、ベンツ1車種、ジャガー5車種、レンジローバー1車種、ローバーミニ1車種、BMWミニ2車種、ポルシェ3車種と・・・何処にスイッチが入ったのか分からないが、相当数の愛車をゲットしては、冒頭に書いたように、舐めるように磨く毎日が続いたのだった。(中古で購入したのは、最初の頃のトヨタと医者から譲り受けたジャガーの2台。後は、全て新車である。)

 ここ数年は、仕事柄なかなか自ら運転する事が少なくなり、先般、手放したポルシェも5年間で僅か4900kmと走行距離が少なく、本当に勿体ない気持ちで一杯なのだが、これからの人生を考える上で、断腸の思いで売却に踏み切ったのだった。

 しかし、車という生き物は、可愛がれば可愛がるほど、故障もせず、自分の思い通りに光り輝き、ファッションの一部として同行してくれるものだ。

 蛇足だが、免許を取得した時は、正直申し上げて、新聞社に入社が決まった時よりも嬉しかったのだった。実に単純だが、それだけ、幼い頃の「絶対、外車に乗ってやる!」の気持ちが強かったのだろうと。・・・「男は単純で、いつまで経っても子供だな!」と思ってしまう。

 最後に・・・田舎の熊本を見ると、最近は男性よりも女性の方が、車依存度が高いように思えてならない。しかし、運転中にタバコ、携帯を握りながらの女性ドライバーが増えている事に、筆者の頭の中は「?????」マークが沢山出てくるのであるが、決して人として格好良くも無く、美しい姿では無いと考える次第。・・・「ながら運転」は、車に対して大変失礼な事だと、筆者は考える。

【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/

登録2013/04/13 12:11:43  更新2013/04/13 12:39:07