ロゼッタストーンBLOGニュース

PROFILE
ロゼッタストーンのオフィシャルBLOGです。ロゼッタストーンは1995年に熊本県第一号として生まれた異業種交流ポータルサイトで、現在は、フランスのパリ、カナダ、東京、静岡、京都、兵庫、沖縄など、国内外の特派員が日々アグレッシブに情報を発信しています。

その他、ロゼッタストーンはメディア融合を軸として、2005年にPODCAST、2007年に仮想現実3Dワールド・セカンドライフ、2010年にD&L TV(USTREAM番組)、2011年に先見塾(起業家および女流戦略家育成塾)をスタートし、多元的な情報発信と人材育成に尽力しています。

取材ご希望のところは、お気軽にご相談下さい。

※文責:西田親生


先見塾(BASIC/EXEC)
THE ROSETTA STONE
D&L TV(Ustream)
ロゼッタストーンブログver.1はこちら

製作著作
ディー・アンド・エルリサーチ(株)
マルチメディア事業部

RECENT INFORMATION
真のメディアとしての礎づくり
新・古それぞれのレンズ実験
最新鋭NIKON本体に、古いレンズ装着実験!
久々の、拘り珈琲!
カメラの設定に四苦八苦・・・
カメラの特性と表現力
一眼レフカメラとiPhone5の映像比較
不思議なマクロレンズの世界
Re BORN クラウンに遭遇!!
SIGMAレンズの実験!!
先見塾の写真撮影会開催!
素敵な父親と娘
心地よいグルメゾーンの構築が急務!!
カメラ専用バッグにTENBA!!
CATEGORY
災害情報 (5)
トピックス (36)
コラム・雑感 (43)
グルメ・料理・レストラン(お薦め食事処) (69)
宿・旅館・ホテル(観光情報) (14)
USTREAM TV(インターネットTV) (47)
先見塾(起業家育成塾) (477)
起業家情報 (6)
SecondLife(仮想現実世界) (0)
訃報 (1)
CALENDAR
2013 年 03 月
S M T W T F S
         
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
 
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
           
前月 BLOG TOP 翌月

RECENT IMAGE
ARCHIVES
2013/06 (20)
2013/05 (31)
2013/04 (28)
2013/03 (31)
2013/02 (27)
2013/01 (32)
2012/12 (31)
2012/11 (28)
2012/10 (27)
2012/09 (27)
2012/08 (31)
2012/07 (29)
  more ... ロゼッタストーンブログver.1

ロゼッタストーンブログver.1内検索

ディー・アンド・エルリサーチ株式会社

※取材記事及び写真ほかコンテンツの著作権は、全てディー・アンド・エルリサーチ株式会社に帰属します。よって、記事や写真の一部又は全部の転載・転用などを厳禁と致します。

  代表取締役社長 西田親生
お問い合わせ


計0708137 / 今日00207 / 昨日00517
2013/03/04 コラム・雑感
介護食に肉類を!
介護食に肉類を!

 父親の介護を開始して半年近く。・・・その理由は、昨年からあちこちで転倒するようになった話を聞いていた。様子を見て「本人の眼光もしっかりしているし、まだ、大丈夫だろう!?」と思っていたのだが、或る日、自宅の和室で転んでしまい、障子のガラスを割って怪我をしたらしい。

 本人に聞くと「どうやって転んで割って怪我をしたのか記憶にない。」と言う。・・・「まだ、大丈夫だろう!?」という気持ちが、「これは、不味い!」という気持ちに変わって青ざめてしまった。

 勿論、私も会社を経営しており、チョンガーなので、一日中父親の様子を看る訳には行かない。だからと言って、食事などの世話を放棄する訳にも行かない。

 ・・・と言うことで、現在、火曜、木曜、土曜、日曜には必ず食事やお菓子、飲み物などを父親の家に届けては、冷蔵庫や衛生面のチェックは勿論の事だが、本人の健康状態を隔日で行うようにした。

 それから半年・・・。全く転倒することが無くなったと言う。たぶん、私見ではあるが、日頃料理を面倒がっていた本人が、栄養バランスを考えて食事をするようになった事。更に、頭の方がしっかりし過ぎているので、自分の今の身体の状態をはっきりと認識した事で心身のバランスがとれて、転倒や怪我が無くなったのだろうと考える次第。

 一昨日だったか、写真下の「牛すじの味噌煮込み」を、「お父様へ是非食べさせて下さい!」と、ステーキハウス淀川の店主 淀川司朗さんが土産にくれた。早速、それを父親にサーブすると、「この味噌の味も最高で、ぺろりと食べた!」と言って喜んでくれた。やはり、老人と言えども、上等の肉には噛みつきが良さそうだ。

 この半年間で三度ほど病院へ行き、緻密な健康診断をした結果、右肋骨に圧迫骨折の痕がある(多分、数回に及ぶ転倒によるもの)以外は、全く問題ないという。しかし、医者が「圧迫骨折の痕があり、右肺が若干変形気味ですが、その圧迫骨折が完全に治っています。凄いですね!」と言ったらしい。

 老人になっても、基本となる食の好みはそう変わるはずがない。たまに父親に「明日は何が食べたい?」と聞くと、「最近、極上の握り鮨、刺身・・・あの水前寺東濱屋の鰻重、そしてステーキを食べていない!」と、滅茶苦茶なオーダーをして来るのである。

 筆者自身もグルメには相当煩い方だが、上述のオーダーをそのまま受けてしまうと、これは相当額の食費になってしまう。・・・しかし、筆者と比較すれば、余命幾ばくもないのであるから、生きている内に少しでも旨い物を食って、天国に居る母親に再会して貰おうと・・・。

 86歳になった父親の捨て台詞→「お前の方が先に逝くかも知れないな!」と。(苦笑)

介護食に肉類を!
◎ステーキハウス淀川から頂いた「牛すじ味噌煮込み」

【書-親生流 Gallery公式ブログ】 http://www.dandl.co.jp/sho/
登録2013/03/04 18:10:56  更新2013/03/04 18:14:06