ロゼッタストーンBLOGニュース

PROFILE
ロゼッタストーンのオフィシャルBLOGです。ロゼッタストーンは1995年に熊本県第一号として生まれた異業種交流ポータルサイトで、現在は、フランスのパリ、カナダ、東京、静岡、京都、兵庫、沖縄など、国内外の特派員が日々アグレッシブに情報を発信しています。

その他、ロゼッタストーンはメディア融合を軸として、2005年にPODCAST、2007年に仮想現実3Dワールド・セカンドライフ、2010年にD&L TV(USTREAM番組)、2011年に先見塾(起業家および女流戦略家育成塾)をスタートし、多元的な情報発信と人材育成に尽力しています。

取材ご希望のところは、お気軽にご相談下さい。

※文責:西田親生


先見塾(BASIC/EXEC)
THE ROSETTA STONE
D&L TV(Ustream)
ロゼッタストーンブログver.1はこちら

製作著作
ディー・アンド・エルリサーチ(株)
マルチメディア事業部

RECENT INFORMATION
真のメディアとしての礎づくり
新・古それぞれのレンズ実験
最新鋭NIKON本体に、古いレンズ装着実験!
久々の、拘り珈琲!
カメラの設定に四苦八苦・・・
カメラの特性と表現力
一眼レフカメラとiPhone5の映像比較
不思議なマクロレンズの世界
Re BORN クラウンに遭遇!!
SIGMAレンズの実験!!
先見塾の写真撮影会開催!
素敵な父親と娘
心地よいグルメゾーンの構築が急務!!
カメラ専用バッグにTENBA!!
CATEGORY
災害情報 (5)
トピックス (36)
コラム・雑感 (43)
グルメ・料理・レストラン(お薦め食事処) (70)
宿・旅館・ホテル(観光情報) (14)
USTREAM TV(インターネットTV) (47)
先見塾(起業家育成塾) (483)
起業家情報 (6)
SecondLife(仮想現実世界) (0)
訃報 (1)
CALENDAR
2013 年 01 月
S M T W T F S
   
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
   
前月 BLOG TOP 翌月

RECENT IMAGE
ARCHIVES
2013/06 (20)
2013/05 (31)
2013/04 (28)
2013/03 (31)
2013/02 (27)
2013/01 (32)
2012/12 (31)
2012/11 (28)
2012/10 (27)
2012/09 (27)
2012/08 (31)
2012/07 (29)
  more ... ロゼッタストーンブログver.1

ロゼッタストーンブログver.1内検索

ディー・アンド・エルリサーチ株式会社

※取材記事及び写真ほかコンテンツの著作権は、全てディー・アンド・エルリサーチ株式会社に帰属します。よって、記事や写真の一部又は全部の転載・転用などを厳禁と致します。

  代表取締役社長 西田親生
お問い合わせ


計0449512 / 今日00261 / 昨日00158
2013/01/30 先見塾(起業家育成塾)
「書」のすすめ
「書」のすすめ
◎左上から、「朝霧」・「鳥」・「独創」・「無我」・「直」(西田親生書)

 本日はクロスメディア研究会だったが、インフルエンザで寝込んでいる人が増えてきているので、急遽、来週に延期した次第。・・・感染したならば、酷な言い方だが、「出ない、会わない、近づかない。」が賢明な事だろうと思う。よって、午後からの時間が空いてしまったので、青墨を擦って数種の文字のパターンを書いてみた。

 筆者は熊本県北部の山鹿市の出身で、昔から写真の芝居小屋・八千代座(100年の歴史)で芝居や映画などを鑑賞して育った。温泉と芝居小屋、灯籠祭りと、歴史深い小さな街だが、中学校入学時点で県外へ出たために、現在ではその実家もない。

 良き時代と言われた昭和時代を思う存分謳歌して来た筆者。やはり日本の伝統文化というものは、他国にない独自の素晴らしいものがあり、その文化に触れる事が一番の癒やしではなかろうかと。

 ・・・良き時代を振り返りながら書に臨むと、心が凪のように落ち着いて行く。

【書-親生流 Gallery公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/sho/

【山鹿温泉郷】 http://www.dandl.co.jp/gold/yamagakanko/
登録2013/01/30 19:12:49  更新2013/01/30 19:14:08   

2013/01/29 グルメ・料理・レストラン(お薦め食事処)
鰻は、やっぱり旨い!!!
鰻は、やっぱり旨い!!!

 久し振りに、ランチミーティングで水前寺東濱屋に足を運び、写真上のような豪勢な料理にありついた。

 徹夜気味で、最近は介護食を作る間につまみ食いなども多く、日頃から「鰻、食べたい!」を心の中で祈っていたわけだが、ようやくその夢も叶うことに。

 熊本県内では老舗中の老舗「水前寺東濱屋」。やはり鰻の質も、タレも言うことなし。・・・ランチミーティングに参加している人は皆、黙り込んでガツガツとかき込み、腹を抱えていたようだ。

 先般、一度取材で体験した「レディスランチ・デラックス」は、女性には是非食して頂きたいと思う。

【水前寺東濱屋公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/higashihamaya/
登録2013/01/29 16:05:20  更新2013/01/29 22:49:36   

2013/01/28 先見塾(起業家育成塾)
青墨の魅力
青墨の魅力
◎青墨を使った作品(西田親生書)

 熊本市の画材の老舗「文林堂(明治10年創業)」へ足を運び、半紙、画仙紙、その他の書に関するものを物色していた。

 変わり筆2本と最高級半紙50枚の代金をレジで支払おうとしていると、店主が近寄って来て「折角、このようなしっかりとした作品を手掛けられるのであれば、時には青墨を使われては如何ですか?もっと趣のある書ができると思いますが・・・是非、使ってみて下さい。」と、十数枚の裏打ちをされた私の作品を見ながら、話し掛けてくれたのだった。

 なるほどと頷き、次回足を運んだ時にでも購入してみようかと思って、外に待たせていたタクシーに乗り込もうとした時の事。・・・寒い中、店主がわざわざタクシーのところまで歩いて来て、車窓越しに写真上の高級青墨を手渡してくれた。「一度、これを使って書いてみて下さい。」と。・・・有り難いことである。

 今月末には、同店に預けておいた全ての作品の裏打ち作業が終わり、額装が完成する。それから依頼者へ同店より直送することになっているが、ソワソワ、ワクワク、ドキドキしている筆者である。

 果たして依頼者が額装された作品を見て、本当に満足して貰えるのか否か・・・自信のほどは、全く無い。しかし、これほどまでに丁重に作品を取り扱う店を見つけただけでも、すこぶる幸運であると思った次第。

 上や下の作品は、当日の深夜に青墨を使って試しに書いたものであるが、濃く書けば、その黒の色つやが従来の墨液とは全く異なり、深みがある。また、淡墨調に書いてみると、黒と青のグラデーションが鮮やかであることが良く理解できた次第。

※裏打ちとは、書や日本画において、半紙などの和紙に書かれた作品の裏側に、ノリと和紙や布を使って皺などを伸ばし、分厚く仕上げ丈夫にするもの。

青墨の魅力
◎青墨を使った作品(西田親生書)

【書-親生流 Gallery公式ブログ】 http://www.dandl.co.jp/sho/
登録2013/01/28 04:21:12  更新2013/01/28 04:21:12