ロゼッタストーンBLOGニュース

PROFILE
ロゼッタストーンのオフィシャルBLOGです。ロゼッタストーンは1995年に熊本県第一号として生まれた異業種交流ポータルサイトで、現在は、フランスのパリ、カナダ、東京、静岡、京都、兵庫、沖縄など、国内外の特派員が日々アグレッシブに情報を発信しています。

その他、ロゼッタストーンはメディア融合を軸として、2005年にPODCAST、2007年に仮想現実3Dワールド・セカンドライフ、2010年にD&L TV(USTREAM番組)、2011年に先見塾(起業家および女流戦略家育成塾)をスタートし、多元的な情報発信と人材育成に尽力しています。

取材ご希望のところは、お気軽にご相談下さい。

※文責:西田親生


先見塾(BASIC/EXEC)
THE ROSETTA STONE
D&L TV(Ustream)
ロゼッタストーンブログver.1はこちら

製作著作
ディー・アンド・エルリサーチ(株)
マルチメディア事業部

RECENT INFORMATION
真のメディアとしての礎づくり
新・古それぞれのレンズ実験
最新鋭NIKON本体に、古いレンズ装着実験!
久々の、拘り珈琲!
カメラの設定に四苦八苦・・・
カメラの特性と表現力
一眼レフカメラとiPhone5の映像比較
不思議なマクロレンズの世界
Re BORN クラウンに遭遇!!
SIGMAレンズの実験!!
先見塾の写真撮影会開催!
素敵な父親と娘
心地よいグルメゾーンの構築が急務!!
カメラ専用バッグにTENBA!!
CATEGORY
災害情報 (5)
トピックス (36)
コラム・雑感 (43)
グルメ・料理・レストラン(お薦め食事処) (69)
宿・旅館・ホテル(観光情報) (14)
USTREAM TV(インターネットTV) (47)
先見塾(起業家育成塾) (477)
起業家情報 (6)
SecondLife(仮想現実世界) (0)
訃報 (1)
CALENDAR
2012 年 08 月
S M T W T F S
     
01
02
03
04
05
06
 
07
08
09
 
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
前月 BLOG TOP 翌月

RECENT IMAGE
ARCHIVES
2013/06 (20)
2013/05 (31)
2013/04 (28)
2013/03 (31)
2013/02 (27)
2013/01 (32)
2012/12 (31)
2012/11 (28)
2012/10 (27)
2012/09 (27)
2012/08 (31)
2012/07 (29)
  more ... ロゼッタストーンブログver.1

ロゼッタストーンブログver.1内検索

ディー・アンド・エルリサーチ株式会社

※取材記事及び写真ほかコンテンツの著作権は、全てディー・アンド・エルリサーチ株式会社に帰属します。よって、記事や写真の一部又は全部の転載・転用などを厳禁と致します。

  代表取締役社長 西田親生
お問い合わせ


計0020410 / 今日00709 / 昨日00500
2012/08/10 先見塾(起業家育成塾)
人間関係・・・人のお世話はほどほどに!
人間関係・・・人のお世話はほどほどに!

 人は自分自身が世話になったこと、教えられたこと、支えられたこと、大切にされたことなど・・・健忘症なのか、馴れてしまうのか、恩を忘れ去る人も多い。また希に、忘れ去るだけではなく、平気で恩を仇で返すような言動を繰り返す、義理人情のない人も大勢いるのである。

 そのような人物は、良い時は良さげが、悪い時は瞬時に豹変し、恩など知ったことかと、飼い犬が飼い主を噛み殺す勢いで、矛先を向けて暴れまくる。いやはや、何とも自分に都合の良い豹変ぶりであろうかと閉口する次第。

 私の体験ではあるが、卑怯でずる賢い人物というのは、兎角演出が上手かった。如何にも自分が被害者、苦労人、善人のように見せ掛ける悪癖があり、作為的に同情を煽ることだけに専念している愚か者なのだ。遠目で見ると、そのよい子ぶりっこが・・・実に義理堅く、素直で優しい心の持ち主であるかのように見えてしまう。蓋を開ければ、悪巧みたっぷりのジェスチャーにしか過ぎなかった。

 しかしながら、このような悪意に満ちた輩の言動を真に受け、同情が心を過ぎり、輩を善人と思い込み、一所懸命輩の世話をしている人も居る。既に、輩の策略にまんまと嵌まり、折角育ててきた信頼という大木を、非情にもバッサリと根元から切られてしまうのがオチである。

 人のお世話をすることは大変良いことであり、決して悪いことではない。しかし、そこには限度というものがある。・・・先ずは、相手の挙動に妙な演出があるのかどうかを見極め、冷静に対処する方が、先々馬鹿を見ずに済むというもの。

 畢竟、「人のお世話はほどほどに!」ということになる。

【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/
登録2012/08/10 07:06:16  更新2012/08/10 07:57:14