ロゼッタストーンBLOGニュース

PROFILE
ロゼッタストーンのオフィシャルBLOGです。ロゼッタストーンは1995年に熊本県第一号として生まれた異業種交流ポータルサイトで、現在は、フランスのパリ、カナダ、東京、静岡、京都、兵庫、沖縄など、国内外の特派員が日々アグレッシブに情報を発信しています。

その他、ロゼッタストーンはメディア融合を軸として、2005年にPODCAST、2007年に仮想現実3Dワールド・セカンドライフ、2010年にD&L TV(USTREAM番組)、2011年に先見塾(起業家および女流戦略家育成塾)をスタートし、多元的な情報発信と人材育成に尽力しています。

取材ご希望のところは、お気軽にご相談下さい。

※文責:西田親生


先見塾(BASIC/EXEC)
THE ROSETTA STONE
D&L TV(Ustream)
ロゼッタストーンブログver.1はこちら

製作著作
ディー・アンド・エルリサーチ(株)
マルチメディア事業部

RECENT INFORMATION
真のメディアとしての礎づくり
新・古それぞれのレンズ実験
最新鋭NIKON本体に、古いレンズ装着実験!
久々の、拘り珈琲!
カメラの設定に四苦八苦・・・
カメラの特性と表現力
一眼レフカメラとiPhone5の映像比較
不思議なマクロレンズの世界
Re BORN クラウンに遭遇!!
SIGMAレンズの実験!!
先見塾の写真撮影会開催!
素敵な父親と娘
心地よいグルメゾーンの構築が急務!!
カメラ専用バッグにTENBA!!
CATEGORY
災害情報 (5)
トピックス (36)
コラム・雑感 (43)
グルメ・料理・レストラン(お薦め食事処) (69)
宿・旅館・ホテル(観光情報) (14)
USTREAM TV(インターネットTV) (47)
先見塾(起業家育成塾) (477)
起業家情報 (6)
SecondLife(仮想現実世界) (0)
訃報 (1)
CALENDAR
2012 年 05 月
S M T W T F S
   
01
02
03
04
05
 
06
07
08
 
09
10
11
12
13
14
 
15
16
17
18
 
19
20
21
22
23
24
25
 
26
27
28
29
30
31
   
前月 BLOG TOP 翌月

RECENT IMAGE
ARCHIVES
2013/06 (20)
2013/05 (31)
2013/04 (28)
2013/03 (31)
2013/02 (27)
2013/01 (32)
2012/12 (31)
2012/11 (28)
2012/10 (27)
2012/09 (27)
2012/08 (31)
2012/07 (29)
  more ... ロゼッタストーンブログver.1

ロゼッタストーンブログver.1内検索

ディー・アンド・エルリサーチ株式会社

※取材記事及び写真ほかコンテンツの著作権は、全てディー・アンド・エルリサーチ株式会社に帰属します。よって、記事や写真の一部又は全部の転載・転用などを厳禁と致します。

  代表取締役社長 西田親生
お問い合わせ


計0656584 / 今日00200 / 昨日00239
2012/05/27 先見塾(起業家育成塾)
物作りを学ぶことが重要
物作りを学ぶことが重要

 最近、にわかに手に取り探究している物に、一眼レフカメラがある。現在、私が所有するカメラは、1988年製のNikon F4(フィルムカメラ)、1999年製のNikon D1、2003年製のLeica D-LUX、2008年製のCANON EOS 5D MARK II、そして2012年製のNikon D800がある。その他、Leica3台とカシオ、ソニーなどの小型デジカメが5台あったが、現在は何処に行ったか定かで無い。

 手作り高級カメラは例えようもないほどの質感と存在感があり、手に取るとそれぞれ甲乙付け難く、筐体の細部にわたり職人の魂が伝わってくる。

 特に、1988年製のフィルムカメラのNikon F4は、他のデジタルカメラと比較すると、筐体の厚さ、重さ、操作性などがすこぶる素晴らしく、今でも両手で抱えては、空撮りしてその音を楽しんでいる次第。ファインダーを覗くと、「これが一眼レフだ!」といった世界が広がる。

物作りを学ぶことが重要
◎Nikon D800で撮影したハンバーグステーキ(熊本ホテルキャッスル)

 また、ドイツの名門であるLeicaの小ぶりなD-LUXは、ドイツらしい緻密で機能性を重視したレベルの高いデザインと、操作性の良い各ボタンやレバーのレイアウトに驚いてしまう。勿論、筐体の曲線やエッジの仕上げは芸術品であるかのような夢幻の美を放っている。

 このように、職人の手が加わった手作り感のある一眼レフは、異次元の小宇宙を見ているように、何時間触れていても飽きが来ない。撮影した後でも、じっくりと時間を掛けて手入れをしてあげたくなる逸品揃い。手入れをすればするほど、段々と手に馴染んでくるのが不思議なくらいに嬉しくなってしまう。

 伝統と歴史ある職人の物作りへの拘りを学ぶには、このような逸品をじっくりと手にしてみれば良く理解できるものなのだ。

【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/
登録2012/05/27 07:49:58  更新2012/05/27 08:21:13