ロゼッタストーンBLOGニュース

PROFILE
ロゼッタストーンのオフィシャルBLOGです。ロゼッタストーンは1995年に熊本県第一号として生まれた異業種交流ポータルサイトで、現在は、フランスのパリ、カナダ、東京、静岡、京都、兵庫、沖縄など、国内外の特派員が日々アグレッシブに情報を発信しています。

その他、ロゼッタストーンはメディア融合を軸として、2005年にPODCAST、2007年に仮想現実3Dワールド・セカンドライフ、2010年にD&L TV(USTREAM番組)、2011年に先見塾(起業家および女流戦略家育成塾)をスタートし、多元的な情報発信と人材育成に尽力しています。

取材ご希望のところは、お気軽にご相談下さい。

※文責:西田親生


先見塾(BASIC/EXEC)
THE ROSETTA STONE
D&L TV(Ustream)
ロゼッタストーンブログver.1はこちら

製作著作
ディー・アンド・エルリサーチ(株)
マルチメディア事業部

RECENT INFORMATION
真のメディアとしての礎づくり
新・古それぞれのレンズ実験
最新鋭NIKON本体に、古いレンズ装着実験!
久々の、拘り珈琲!
カメラの設定に四苦八苦・・・
カメラの特性と表現力
一眼レフカメラとiPhone5の映像比較
不思議なマクロレンズの世界
Re BORN クラウンに遭遇!!
SIGMAレンズの実験!!
先見塾の写真撮影会開催!
素敵な父親と娘
心地よいグルメゾーンの構築が急務!!
カメラ専用バッグにTENBA!!
CATEGORY
災害情報 (5)
トピックス (36)
コラム・雑感 (43)
グルメ・料理・レストラン(お薦め食事処) (69)
宿・旅館・ホテル(観光情報) (14)
USTREAM TV(インターネットTV) (47)
先見塾(起業家育成塾) (477)
起業家情報 (6)
SecondLife(仮想現実世界) (0)
訃報 (1)
CALENDAR
2011 年 11 月
S M T W T F S
   
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
 
14
15
16
 
17
 
18
19
20
 
21
22
23
24
25
 
26
27
28
29
 
30
     
前月 BLOG TOP 翌月

RECENT IMAGE
ARCHIVES
2013/06 (20)
2013/05 (31)
2013/04 (28)
2013/03 (31)
2013/02 (27)
2013/01 (32)
2012/12 (31)
2012/11 (28)
2012/10 (27)
2012/09 (27)
2012/08 (31)
2012/07 (29)
  more ... ロゼッタストーンブログver.1

ロゼッタストーンブログver.1内検索

ディー・アンド・エルリサーチ株式会社

※取材記事及び写真ほかコンテンツの著作権は、全てディー・アンド・エルリサーチ株式会社に帰属します。よって、記事や写真の一部又は全部の転載・転用などを厳禁と致します。

  代表取締役社長 西田親生
お問い合わせ


計0677244 / 今日00011 / 昨日00143
2011/11/12 先見塾(起業家育成塾)
人より秀でるとは!?
人より秀でるとは!?

 「人より秀でる」・・・ゆとり教育という馬鹿げた学習指導要領が、「人と並んで人より前に出ない」をスタンダードに、とことん国民を愚弄し続けて来たのは周知の事実。

 それを企画し、採用し、実践して来た人間は、理想郷を追い求めたものとして自画自賛し、今も尚、持論の正当性を豪語しているに違いない。(白昼夢ではあるまいし)

 天国に一番近い島と言われるニューカレドニアのイメージであれば、その理想郷を大前提に、競争の無い、穏やかでのんびりした生活は可能なのかも知れない。・・・それは単なる無責任が飽和した状態の教育手法で終ってしまう。

 しかし、世界中を見渡すと、そう問屋は卸さないのが現実。今日の米、明日のパンが無く、下手をすると命まで狙われるような戦慄極まりない世界。・・・私も含めて、生き延びる事に必死な人間がわんさと居る訳だ。

 生きる為には、「人より秀でる」方が、自ずから何事も上手く運べる確率は高くなる。では、「人より秀でる」には、一体全体何を理解し、準備し、行動に移せば良いのだろうか!?

 近頃の日本人は、身勝手な「自己主張」から始まり、その短絡的な思考回路は「自己防御」だけに電気信号が走る。支離滅裂な思考回路を通して出される答えは、チンパンジー並み、いや、チンパンジー以下の結論へ向けて暴走してしまう可能性が高い。・・・所謂、「キレル」という現象だ。

 「人より秀でる」には、先ず己を知る事から始まる。己の資質、能力、論理過程などなど・・・を日々検証し、且つ、敵(周囲の競争相手)をよく知る事への作業を怠ってはならない。

 「流れ」、「距離感」を常に検証し、「発想力」、「洞察力」、「判断力」、「実行力」をもって、初めて勝算ある展開が可能となる。されど、「流れ」や「距離感」を把握するには、常に冷静沈着でなければ、それ自体をロックオンする事もできず、何も始まらず動かない。

 「発想力」は、生来持ち合わせているセンスにより左右される場合もある。だらだらと複雑なアイテムを掻き集め、煮しめ状態で組み立てるよりも、消去法を用いて、厳選されたものをシンプルに組み立てる事へ傾注する方が、より優れたものを創造する事ができる。

 「洞察力」に至っては、抱えている問題が複雑多岐な綾取りであろうが、リレーショナルなものの位置づけと相互引力の強弱を押さえる(把握する)事により、クリアに見抜ける環境を作り出して行く。

 「判断力」は、行動を起こす前にグレーゾーンの抹消など白黒はっきりさせる事で、少しでも失敗の無いシナリオを見出す事が可能となり、同じく消去法により選択肢を極力少なめに押さえ、最終的な判断に至までのプロセスを円滑にしてくれる。

 「実行力」は、無闇矢鱈に動き回るものではなく、用意周到に計算尽くされた中で、最短距離をもって効率よく動く事が肝要。
 
 即ち、前述の各項目を全て身につける事で、やっと「人より秀でる」ことの入り口に立つ事ができるのである。

 蛇足だが、余りに貪欲となり、何でもかんでも顔を突っ込んでいると、いつの間にか自分のシチュエーションさえ見えなくなってしまう。これが怖い。・・・「人より秀でる」者は、長電話やチャットで要らぬ時間を割いたり、無関係な事へ顔を突っ込む事などしない。・・・実にシンプルだ!!

【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/


登録2011/11/12 13:00:30  更新2011/11/12 13:01:30