ロゼッタストーンBLOGニュース

PROFILE
ロゼッタストーンのオフィシャルBLOGです。ロゼッタストーンは1995年に熊本県第一号として生まれた異業種交流ポータルサイトで、現在は、フランスのパリ、カナダ、東京、静岡、京都、兵庫、沖縄など、国内外の特派員が日々アグレッシブに情報を発信しています。

その他、ロゼッタストーンはメディア融合を軸として、2005年にPODCAST、2007年に仮想現実3Dワールド・セカンドライフ、2010年にD&L TV(USTREAM番組)、2011年に先見塾(起業家および女流戦略家育成塾)をスタートし、多元的な情報発信と人材育成に尽力しています。

取材ご希望のところは、お気軽にご相談下さい。

※文責:西田親生


先見塾(BASIC/EXEC)
THE ROSETTA STONE
D&L TV(Ustream)
ロゼッタストーンブログver.1はこちら

製作著作
ディー・アンド・エルリサーチ(株)
マルチメディア事業部

RECENT INFORMATION
真のメディアとしての礎づくり
新・古それぞれのレンズ実験
最新鋭NIKON本体に、古いレンズ装着実験!
久々の、拘り珈琲!
カメラの設定に四苦八苦・・・
カメラの特性と表現力
一眼レフカメラとiPhone5の映像比較
不思議なマクロレンズの世界
Re BORN クラウンに遭遇!!
SIGMAレンズの実験!!
先見塾の写真撮影会開催!
素敵な父親と娘
心地よいグルメゾーンの構築が急務!!
カメラ専用バッグにTENBA!!
CATEGORY
災害情報 (5)
トピックス (36)
コラム・雑感 (43)
グルメ・料理・レストラン(お薦め食事処) (70)
宿・旅館・ホテル(観光情報) (14)
USTREAM TV(インターネットTV) (47)
先見塾(起業家育成塾) (483)
起業家情報 (6)
SecondLife(仮想現実世界) (0)
訃報 (1)
CALENDAR
2017 年 10 月
S M T W T F S
01
 
02
 
03
 
04
 
05
 
06
 
07
 
08
 
09
 
10
 
11
 
12
 
13
 
14
 
15
 
16
 
17
 
18
 
19
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
31
 
       
前月 BLOG TOP 翌月

ARCHIVES
2013/06 (20)
2013/05 (31)
2013/04 (28)
2013/03 (31)
2013/02 (27)
2013/01 (32)
2012/12 (31)
2012/11 (28)
2012/10 (27)
2012/09 (27)
2012/08 (31)
2012/07 (29)
2012/06 (26)
2012/05 (26)
2012/04 (22)
2012/03 (16)
2012/02 (31)
2012/01 (29)
2011/12 (28)
2011/11 (28)
2011/10 (15)
2011/09 (22)
2011/08 (26)
2011/07 (18)
2011/06 (17)
2011/05 (17)
2011/04 (14)
2011/03 (21)
2011/02 (7)
ロゼッタストーンブログver.1

ロゼッタストーンブログver.1内検索

ディー・アンド・エルリサーチ株式会社

※取材記事及び写真ほかコンテンツの著作権は、全てディー・アンド・エルリサーチ株式会社に帰属します。よって、記事や写真の一部又は全部の転載・転用などを厳禁と致します。

  代表取締役社長 西田親生
お問い合わせ


2012/07/29 先見塾(起業家育成塾)
夏の日、昼、夕、夜を撮ってみた。
夏の日、昼、夕、夜を撮ってみた。
◎昼の熊本

夏の日、昼、夕、夜を撮ってみた。
◎夕の熊本

夏の日、昼、夕、夜を撮ってみた。
◎夜の熊本

 久し振りにデジタル一眼レフカメラを持ち出し、外界を撮影しようと思った。昼間は夏の太陽が眩し過ぎて、周りが真っ白に見えてしまう。如何に男性と言えども、木陰でなければ紫外線を目一杯身体全体に受けてしまいそうで、陰のある場所を探しながら撮影することにした。

 真っ白な入道雲と真っ青な空のコントラストは、ファインダーを覗くだけで心地良い。じとじとした梅雨に、ようやくさよならしたという実感が湧いてくるのである。また、草むらを見回せば、ヒメジオンがあちこちに咲いていて、それを真上から撮影しようとすると、頭頂部から急に滝のような汗が流れ落ち、額から眉、そして目、睫毛を伝って、ファインダの中にポトポトと落ちてくる。挙げ句の果てには、火照った頬から放出される湯気と相まって全く見えなくなってしまった。

 日頃から室内の料理撮影が多いので、屋外の炎天下の中は得意とは言えない。しかし、夏の匂いが充満する林の中を撮りまくるのも楽しいもの。トンボが小さな虫を追い回したり、子供のカマキリがおめかしをしていたりと、自然の極一部に接するだけで、カメラのレンズがあたかも生物(いきもの)のように、自然界の被写体を求めて、色んな角度で突っ込んで行く。

 写真上三枚は、昼、夕、夜を同じカメラを用いて撮影したものだが、同じ熊本の空であるのに、ここまで表情が違ってくるというのも面白い。・・・常に相棒のデジカメを使って、もっとアーティスティックな写真を撮りたいという気持ちがないと言ったら嘘になるが、所詮、私は素人なので、目の前の被写体を無欲無心に撮ることだけに専念している。

 今回使用したのはCANON EOS 5D MARK IIという3年前のデジタル一眼レフ。2110万画素はあるので、まだまだ現役として十分役を果たすものである。欲を申せば、豊富なレンズ群から、もう少しコレクションを増やし、肉眼で捉えられる被写体とは全く異なる世界を、頭に描くイメージ通りに作画できればと密かに狙っている次第。

 いやはや、カメラは老若男女に最適な最高の趣味ではないかと・・・最近感じるようになった。・・・某カメラ専門店の方の話に「先日、90歳の老人がNikon D800を買い求められて、素晴らしい写真が撮れたと電話がありました。カメラは歳を取ってもできるのですから、大変良い趣味ですね。」と。

【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/
登録2012/07/29 03:35:39  更新2012/07/29 03:44:49   

<< 前のページ 次のページ >>