ロゼッタストーンBLOGニュース

PROFILE
ロゼッタストーンのオフィシャルBLOGです。ロゼッタストーンは1995年に熊本県第一号として生まれた異業種交流ポータルサイトで、現在は、フランスのパリ、カナダ、東京、静岡、京都、兵庫、沖縄など、国内外の特派員が日々アグレッシブに情報を発信しています。

その他、ロゼッタストーンはメディア融合を軸として、2005年にPODCAST、2007年に仮想現実3Dワールド・セカンドライフ、2010年にD&L TV(USTREAM番組)、2011年に先見塾(起業家および女流戦略家育成塾)をスタートし、多元的な情報発信と人材育成に尽力しています。

取材ご希望のところは、お気軽にご相談下さい。

※文責:西田親生


先見塾(BASIC/EXEC)
THE ROSETTA STONE
D&L TV(Ustream)
ロゼッタストーンブログver.1はこちら

製作著作
ディー・アンド・エルリサーチ(株)
マルチメディア事業部

RECENT INFORMATION
真のメディアとしての礎づくり
新・古それぞれのレンズ実験
最新鋭NIKON本体に、古いレンズ装着実験!
久々の、拘り珈琲!
カメラの設定に四苦八苦・・・
カメラの特性と表現力
一眼レフカメラとiPhone5の映像比較
不思議なマクロレンズの世界
Re BORN クラウンに遭遇!!
SIGMAレンズの実験!!
先見塾の写真撮影会開催!
素敵な父親と娘
心地よいグルメゾーンの構築が急務!!
カメラ専用バッグにTENBA!!
CATEGORY
災害情報 (5)
トピックス (36)
コラム・雑感 (43)
グルメ・料理・レストラン(お薦め食事処) (70)
宿・旅館・ホテル(観光情報) (14)
USTREAM TV(インターネットTV) (47)
先見塾(起業家育成塾) (483)
起業家情報 (6)
SecondLife(仮想現実世界) (0)
訃報 (1)
CALENDAR
2017 年 10 月
S M T W T F S
01
 
02
 
03
 
04
 
05
 
06
 
07
 
08
 
09
 
10
 
11
 
12
 
13
 
14
 
15
 
16
 
17
 
18
 
19
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
31
 
       
前月 BLOG TOP 翌月

ARCHIVES
2013/06 (20)
2013/05 (31)
2013/04 (28)
2013/03 (31)
2013/02 (27)
2013/01 (32)
2012/12 (31)
2012/11 (28)
2012/10 (27)
2012/09 (27)
2012/08 (31)
2012/07 (29)
2012/06 (26)
2012/05 (26)
2012/04 (22)
2012/03 (16)
2012/02 (31)
2012/01 (29)
2011/12 (28)
2011/11 (28)
2011/10 (15)
2011/09 (22)
2011/08 (26)
2011/07 (18)
2011/06 (17)
2011/05 (17)
2011/04 (14)
2011/03 (21)
2011/02 (7)
ロゼッタストーンブログver.1

ロゼッタストーンブログver.1内検索

ディー・アンド・エルリサーチ株式会社

※取材記事及び写真ほかコンテンツの著作権は、全てディー・アンド・エルリサーチ株式会社に帰属します。よって、記事や写真の一部又は全部の転載・転用などを厳禁と致します。

  代表取締役社長 西田親生
お問い合わせ


2012/07/04 先見塾(起業家育成塾)
栞(しおり)
栞(しおり)

 私にとって、デジタルな世界で一際目立つ物は、アナログなものばかり。今回は、頂き物だが、心を和ませてくれる「栞」について書き綴りたいと思う。書籍の間に挟んで、どこまで読んだのか・・・また、次にどこから読むのか、その目印となる「栞」。布、革、紙製のものが一般的な「栞」として、読書愛好家には必需品の一つとなっている。

 先日、或る方からの贈り物として、チェコ製のアーティスティックな「栞」を三種頂いた。今まで見たことの無い「栞」の一つ一つを手に取り、眺めてはデジタル一眼レフで接写を試み楽しんだ。

 勿論、今話題の電子書籍にも「栞」をプログラム化して、アナログに近い操作で目印として電子書籍の任意のページに挟むことが出来る。あくまでも仮想現実世界・・・つまりバーチャルな感覚をビジュアルに人間の脳に植え付けて、サウンドエフェクトと連動してアナログな「栞」を演出している。

 私もIT関連企業の経営者として、仕事としてデジタルは必須。世界中がデジタルの渦に巻き込まれてしまった今、最近、アナログが速度や検索、データベースの分析などにおいてデジタルに劣っていようが、そのアナログを突き詰めると、結局、デジタルは手法であり、最終的な存在価値はアナログにあると考えるようになってきた。

 今回頂いたチェコ製の「栞」を眺めていると、とても人間の素晴らしい知恵やアーティスティックさの重要性を再認識させてくれた。触れてみると、どっしりと重さもあり、革紐にぶらさがっている太陽、月、人、ハサミ、ワンちゃん、骨・・・と、現在のデジタルでは不可能な「感触」を指先や掌で捉える事が出来るのである。

 机上にある書籍に挟んでみては、また書籍を開いたり・・・目印となる「栞」の役割を色々と考えていると・・・いつの間にか数時間が過ぎてしまった。

 中学生の頃、ボーイスカウトに入隊した。その野営訓練の教本の中に、山林の中を歩く時に枝を折って矢印代わりにしたり、危険箇所の目印など、色んなイラストを思い出してしまった。折られアイコン化された木の枝も「栞」と言うのである。書籍の世界を垣間見るための目印である「栞」、そして大自然に迷うこと無く深い森を走破するための「栞」。実にシンプルだが、目印として大いに役立つ。

 申し訳ないが、私はハイブリッドよりもガソリンエンジンを、液晶デジタル時計よりも手巻き式のムーブメントを格納した腕時計を、電子ペンよりも墨をたっぷり染み込ませた筆を、そして電子的な繋がりのSNSよりもFACE TO FACEの生きた素晴らしいリアルな人間を好むのである。

 どんなに便利なデジタル時代と言えども、人生において先人の知恵を「栞」(手引き書)として学び、更に手に取り、匂いを嗅ぎ、触れる事が重要だ。・・・ここらでアナログの大切さ、素晴らしさを再認識する時ではなかろうかと思う次第。

栞(しおり)

【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/
登録2012/07/04 22:35:55  更新2012/07/04 22:50:38   

<< 前のページ 次のページ >>