ロゼッタストーンBLOGニュース

PROFILE
ロゼッタストーンのオフィシャルBLOGです。ロゼッタストーンは1995年に熊本県第一号として生まれた異業種交流ポータルサイトで、現在は、フランスのパリ、カナダ、東京、静岡、京都、兵庫、沖縄など、国内外の特派員が日々アグレッシブに情報を発信しています。

その他、ロゼッタストーンはメディア融合を軸として、2005年にPODCAST、2007年に仮想現実3Dワールド・セカンドライフ、2010年にD&L TV(USTREAM番組)、2011年に先見塾(起業家および女流戦略家育成塾)をスタートし、多元的な情報発信と人材育成に尽力しています。

取材ご希望のところは、お気軽にご相談下さい。

※文責:西田親生


先見塾(BASIC/EXEC)
THE ROSETTA STONE
D&L TV(Ustream)
ロゼッタストーンブログver.1はこちら

製作著作
ディー・アンド・エルリサーチ(株)
マルチメディア事業部

RECENT INFORMATION
真のメディアとしての礎づくり
新・古それぞれのレンズ実験
最新鋭NIKON本体に、古いレンズ装着実験!
久々の、拘り珈琲!
カメラの設定に四苦八苦・・・
カメラの特性と表現力
一眼レフカメラとiPhone5の映像比較
不思議なマクロレンズの世界
Re BORN クラウンに遭遇!!
SIGMAレンズの実験!!
先見塾の写真撮影会開催!
素敵な父親と娘
心地よいグルメゾーンの構築が急務!!
カメラ専用バッグにTENBA!!
CATEGORY
災害情報 (5)
トピックス (36)
コラム・雑感 (43)
グルメ・料理・レストラン(お薦め食事処) (69)
宿・旅館・ホテル(観光情報) (14)
USTREAM TV(インターネットTV) (47)
先見塾(起業家育成塾) (477)
起業家情報 (6)
SecondLife(仮想現実世界) (0)
訃報 (1)
CALENDAR
2019 年 12 月
S M T W T F S
01
 
02
 
03
 
04
 
05
 
06
 
07
 
08
 
09
 
10
 
11
 
12
 
13
 
14
 
15
 
16
 
17
 
18
 
19
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
31
 
       
前月 BLOG TOP 翌月

ARCHIVES
2013/06 (20)
2013/05 (31)
2013/04 (28)
2013/03 (31)
2013/02 (27)
2013/01 (32)
2012/12 (31)
2012/11 (28)
2012/10 (27)
2012/09 (27)
2012/08 (31)
2012/07 (29)
2012/06 (26)
2012/05 (26)
2012/04 (22)
2012/03 (16)
2012/02 (31)
2012/01 (29)
2011/12 (28)
2011/11 (28)
2011/10 (15)
2011/09 (22)
2011/08 (25)
2011/07 (18)
2011/06 (17)
2011/05 (11)
2011/04 (14)
2011/03 (21)
2011/02 (7)
ロゼッタストーンブログver.1

ロゼッタストーンブログver.1内検索

ディー・アンド・エルリサーチ株式会社

※取材記事及び写真ほかコンテンツの著作権は、全てディー・アンド・エルリサーチ株式会社に帰属します。よって、記事や写真の一部又は全部の転載・転用などを厳禁と致します。

  代表取締役社長 西田親生
お問い合わせ


2011/09/25 先見塾(起業家育成塾)
煽てに乗るな!
煽てに乗るな!

 時にはむず痒くなるほど、褒めちぎっては相手の懐具合を覗き込み、また褒めちぎっては後ろ向きに舌を出している人が居る。逆に、褒めちぎられて煽てられ、乗るほどでもない煽てにも、始終乗りに乗りっ放しという人も居る。

 自然体、平常心を保っていると、褒めちぎりや煽てなどは簡単に見抜けるのだが、大抵の人は褒められて悪い気がする訳でもなく、一瞬にして天まで高く昇ってしまう。

 煽てる側の人間は、竿袋からとっておきのカーボングラファイトの竿を取り出し、極上の栗虫を釣り針に突き刺し、そっと糸を垂れて水面の浮きの微妙な動きを待っている。

 煽てられる側は、その餌が本物であれば、思いっきり喰い付けば良い。しかし、それが偽物ならば・・・(勿論、偽物であると瞬時に見抜かねばならないが)・・・、さっさと目もくれず去る事をお勧めしたい。下らぬトラップに無駄な時間を取る必要もないからだ。

 ただ、不自然な褒めちぎりの先には必ず何らかの目論みが有り、それをさらりと洞察する力だけは備えておくべきだ。

 これを商売上のシーンであるとすると、筆者は饒舌な物売りよりも、不器用な物売りの人間を信じる事にしている。まあ、余り不器用すぎても困ってしまうのだが。(苦笑)・・・人生において、多々ある煽てには易々と乗るべからずと言う事である。

【先見塾公式サイト】
 http://www.senkenjyuku.com/

登録2011/09/25 16:11:12  更新2011/09/25 18:05:23   

<< 前のページ 次のページ >>