ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 信義則

トラップを仕掛ける人、トラップに嵌る人。騙すのが悪いのか、騙されるのが悪いのか!?

newstop


 長年仕事をしていると、予期もせぬトラブルに巻き込まれることがある。以下は過去において、筆者が実際に遭遇した事件。筆者の記憶が薄れぬ内に、これからの若くして起業する方々へ、その流れや手口を伝えることで、微力ながらトラップ回避に繋がればと、恥を忍び書き綴るものである。

 冒頭から申し上げておくが、万が一、被害にあった場合は、第三者(紹介者)の顔を立てるなど遠慮してしまうと、筆者のように馬鹿を見る。よって、被害を最小限に止め、徹底抗戦するためには、契約書や覚書をしっかりと結んでおく事が必須。後ほど出てくるが、「太いパイプ」という不確実で無責任な言葉なんぞ、絶対に信用はできない。

(1)仲介する怪しげな人物

 大手企業Kの紹介で知り合った人物H(放送関連)。早々に、人物Hを介して、県外の某ラジオ局アンケート調査分析業務を受注(受注額は500万円)した。

 大手企業Kの紹介なので、その人物Hを放送作家として、全面的に信用していた。しかし、筆者が契約書の話をすると、妙な反応を示したのだった。(この段階で気づくべきだったと後悔している)

 仕方なく送ってきたデータを分析開始、それを終え請求書を送付しても、入金予定日に送金されず、人物Hは突然音信不通となった。発注元のラジオ局に経緯を話すと、既に、人物Hに送金したと言う。

 人物Hは、東京と大阪にオフィスを構えていたので、翌日、大阪のオフィスへ足を踏み入れることにした。

 ところが、大阪オフィスはもぬけの殻。そこで、人物Hを知る方に尋ねると、東京オフィスも既にもぬけの殻で、数週間前に、妻子を捨てて、若い女性と上海へ国外逃亡したと言う。

 筆者(弊社)以外にも被害者が多数いたようであった。しかし、その足取りは正確に掴めず、債権者全員が泣き寝入りすることになった。筆者の損害額はその中でも最小額と聞くから、人物Hの悪人ぶり、豹変ぶりに愕然とした。

 それから数年後、たまたま上海から戻ってきた方の話を聞くと、逃亡した人物Hとそっくりの人間を上海のレストランで何度か見掛けたと言う。情報はそれが最後となり、今も尚、人物Hは行方不明のまま、債権者は大損したままとなっている。

 人物Hの手口は、A社とB社の仲介役となり、A社の業務委託を人物Hが受け、更に、B社に業務を振るという流れである。B社の立場である筆者(弊社)は、A社と直接会うこともなく、結局は、仕事は完了納品したものの、一円も振り込まれず、只働きとなってしまった。

 当時は、電波媒体の業務委託は、口座を設定するだけで、ほとんど契約書なしの、口頭での業務委託が多かったように思える。よって、人物Hのような詐欺師が大勢暗躍する、悪しき環境が出来上がっていたのだろうと。

 面白いことに、このような詐欺、横領事件では、必ず、間に妙な輩が入り込んでいる。優良広告代理店の適正なる手数料(〜20%)であれば健全なるビジネスと言えるが、他人様の金銭全額を持ち逃げするのは、大罪でしかない。本来ならば、刑事訴追まで持ち込みたい気分であった。

 しかし、口頭での業務委託では、被害側に法的証拠が残らず、このように詐欺師が海外逃亡でもしようものなら、刑事告訴もままならぬ状況に追い込まれてしまう。

 よって、業務委託を受ける時点で、いくら相手が拒んだとしても、契約書または覚書だけは締結しなければならない。当時は、「契約書なんぞ、あんたが信用していないからだ!」と激昂し、突っぱねる悪徳経営者も多々いたようだ。(今もいるかも知れない)

(2)或るプロダクションの責任転嫁

 これは、四国の某テレビ局関連プロダクションとのトラブル。受注した業務は、某県商工労働部発注の3D CGシミュレーション動画制作であった。

 当時提示された予算額は4500万円。(1)と同様に大手企業Kの紹介でもあり、四国でも立派なテレビ局関連プロダクションだったので、全てを信用して制作にあたった。

 10月初旬から制作に入り、納品期限の翌年3月31日に四国へ足を運び、完成品(当時としては大作である)を直接プロダクションへ納品した。

 製作費の支払い条件は、着手金は制作総予算の1割、450万円。納品後1ヶ月内に残金4050万円の支払いとなっていた。ところが、その期日を過ぎても、残金が全く振り込まれないので、同プロダクションに連絡を入れると、「某県商工労働部の予算が取れず、支払いができない!」との回答があった。目の前が真っ暗になった。

 スタッフが徹夜を何度も繰り返しながら、一所懸命創り上げた3D CGシミュレーション動画。大容量データのレンダリングに相当時間が掛かった。しかし、その対価が貰えない。とんでもない話である。非常事態、異常事態である。よって、同プロダクションへ、二度足を運び入れ、厳しく交渉に臨んだ。下手すると、弊社が空中分解してしまうような、大損失である。

 ところが、当時のプロダクション会社の役員とプロデューサーが声を揃えて「今後は、太いパイプにて業務委託をしますので、今回の4050万円については、目を瞑って頂けませんか!?」と平謝り。契約書も無く、受注した筆者(弊社)も悪いが、今思い返せば、紹介者を立てることを最優先したことが大きな間違いであった。もしかすると、4050万円を筆者(弊社)へ払うのが勿体無いという話になったのかも知れない。(まだ、フルCGが何処でも創れぬ頃の話である)

 しかしながら、想定内ではあったが、先方が言う「太いパイプ」は付け焼き刃的な逃げ口上であり、結局は、この事件発覚から僅か1件のみの業務委託(200万円の予算)があっただけで、その後は、「太いパイプ」なんぞ、どこ吹く風。

 4050万円の不払いの責任者であるプロデューサーは定年退職。会社役員も入れ替わり、現在は、「太いパイプ」など夢幻となっている。当時、半年間の制作に携わったスタッフたちが、とても可哀想で仕方がなかったが、結局、同プロダクションとは、完全に縁が切れてしまった。

(3)大手広告代理店の大失態と虚言

 任天堂のコントローラーで、無線で操作できるものを開発したという会社Nの話。その会社Nは、飛ぶ鳥を落とす勢いにて、銀行からは即座に数千万の融資を受け、真っ白な新車クラウンを乗り回していた。

 企業Nのコマーシャルを受注したという大手広告代理店AD。筆者が良く知る社長(高校の二まわり上の先輩)から連絡が入った。「制作予算は260万円しかないけれども、コマーシャルをフルCGで作りたいので、協力してくれないか!?」と。

 当時の一般的なCG製作費からすれば半額ほどだったが、先輩からの願いとなれば、受けざるを得ない。それから2ヶ月ほどで15秒と30秒の2パターン、任天堂無線コントローラーのフルCGコマーシャルが完成した。

 手前味噌だが、出来栄えは当時の弊社作品の中でもベスト3に入るほど素晴らしかった。早速、デジタルβカムに録画したものを、同代理店へ納品。

 支払い条件は、60万円が着手金。残りの200万円は納品後1週間以内に支払うことになっていた。

 ところが、ところがである。同代理店の部長から電話が入ってきたのである。すこぶる慌てていていた。「大変申し訳ないのですが、コマーシャル動画のプレビューに会社Nに電話したんですけど、社員全員が解雇されて、代表者が家族共々、夜逃げしたらしんです。勿論、銀行融資の金を握って、逃げたとのこと!」と。

 (1)も(2)も酷い話だったが、高校の先輩と後輩の信頼関係にて受けた仕事が、マグネシウムのようにパッと燃えて消えてしまったのである。絶句しかなかった。完全に人間不信に陥ってしまった。

 ここで、その代理店の社長である先輩から、電話があった。先方の応接室にて説明をして、話し合いの場を持ちたいと言う。

 応接室には、先輩の社長以下、営業部長や課長たちが数人、筆者を取り巻いた。説明は同じことの繰り返し。営業部長が開口一番、「太いパイプで信頼関係を保ち、今後は、その穴埋めと言っては語弊がありますが、業務委託をしますので、目を瞑ってください!」と言う。

 (2)と同じ言葉の「太いパイプ」が、ここにも出てきたのである。筆者は、鈍器で後頭部を殴られた気分であったが、「先輩と後輩」、「太いパイプ」、「義理人情」で仕事を受けることなかれと、心の中で叫んでしまった。

 その広告代理店からは全額返済のないまま現在に至っているが、(2)と同様に、先輩は定年退職し、どこかの会社の専務に天下り。現在も生きているのか否か知る由もないが、とんでもない先輩である。二度と会いたくもない。

 本来ならば、自分が持ち出したものなら、自分で尻を拭えと言いたくもなる。更には、先輩と後輩の信頼関係と豪語するのならば、定年退職前には全て片付けてから天下りせよと言いたくもなる。

 書こうと思えば、まだ数件の事件があるけれども、今回は、この程度で筆を置くことにする。正直、思い出しながら書いていると、じわじわと腑が煮えくり返り、絶叫したくなってしまうのである。

 最後に、標題の結論であるが、トラップを掛ける人間は人に非ず。騙される人間(今回は筆者)は、脇が甘く、常に流され易い大馬鹿者となる。

 勿論、騙すより騙される方が良いと思うけれども、このような失態を繰り返しながら、遅ればせながらであるが、今頃になって、やっと世の中の汚いところや人の悍ましさが理解できたようになった。(遅すぎる!)

 できることならば、経験したくのない事案ばかりである。

 業務を受けるのならば、契約書または覚書を交わすこと。更に、何かトラブルが生じ、相手に非があるのならば、必ず念書を書かせ、穴を埋めてもらうことである。そこに遠慮など、一切不要となる。

 契約書や覚書を交わすのは、双方に信義則を重んじてのこと。勿論、不可抗力により、何らかのトラブルが生じないとも限らないので、そこは、双方の傷口を最小限に止めるための努力をするのが、ホワイト企業としてのプライド、重責であると考える次第。

<追記>
 初手から雁字搦めの基本契約書、著作権に関する契約書、情報漏洩に関する契約書、更に、一方的な業務委託契約書などを、一度に持ち込むところは、逆に要注意となる。内容を吟味すれば、全て何かトラブルが起こった場合に「逃げのブラックホール」が隠されているので、余りにもマウントが目立つようであれば、契約に応じる必要はない。

▼熊本県農業公園カントリーパーク
20220702-trap


----------
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

                           

  • posted by Chikao Nishida at 2022/7/2 12:00 am

ここ一番の時に、人は本性を現わす・・・

newstop


 助けてくれる人、見捨てる人、難癖つけて逃げる人・・・これが、世の中である。

----------

 誰しも、自分が思うように物事が動かないことがある。筆者も、半生を振り返れば、山あり谷あり、紆余曲折の時を耐え忍んできたように思えてならないが、情けないやら、今も尚、現在進行形である。

 人生は、死ぬより生きる方が険しく大変だと言われるけれども、諸先輩の話を聞けば、なるほどと頷くばかり。その笑顔の奥には、私たちが想像を絶するような苦労も辛抱も沢山あったに違いない。しかし、そこはポーカーフェイスの諸先輩。見事である。(武勇伝を自慢げに語る先輩は除く)

 ここ数年間を振り返るだけでも、タイトルの通り、「ここ一番の時に、人は本性を現わす。」を身に染みて感じたことがあった。善かれと思い一所懸命に仕事をしても、契約先が豹変して難癖つけたり、契約不履行で逃げたり、愕然とすることがあった。

 固い絆であるはずの「信頼」という太いパイプも、一瞬の内に崩れてしまう。その時、その人の言動を冷静に分析すると、これまでにこやかで素敵な人間像であったはずが、嘘のように悍ましい残像として、投影される。

 取材を続けている中で、時折、事前連絡もなくドタキャンが増えたり、根拠もない悪い噂(濡れ衣)を流されたり。コンサル契約を自から依頼しておきながら、突然反故にしたり。敬愛の念も、仕事への情熱も全て嘘であったかのような愚行に触れて、心折れることもあった。

 大切な「信頼関係」であると考えていたが、悪い夢でも見ているような気分である。マグネシウムが一瞬にして燃え上がり、昇華する様とよく似ている。残されたものは、虚無感のみ。これまでの数年間、数十年間というものが、毒々しいフェアリーテールとなってしまう。とても残念なことである。

 上述のように「ここ一番の時に、人は本性を現わす。」に直面した時は、腑が煮え繰り返るほど腹立たしく、何度も何度も唇を噛み締めるが、逆にポジティブに前に前に進むよう、自分に言い聞かせながら尻を叩き続けることにしている。

 目の前を通り過ぎて行った人の中にも、極めて稀だが、人としてありえないほどの「捨て台詞」を置き土産にする人がいた。

 「今まで、いろいろ協力してきたじゃないですか!」、「今まで無理をして、頑張って来ましたよ!」、「優遇してもらったけど、肩身が狭くてダメなんです!」など、恩着せがましかったり、意味不明な言葉が飛び交った。仕事は互いの信義則を礎に成り立つものだが、一方的で的外れな言葉に閉口するばかり。多分に、社内又は家庭内で問題が生じたのだろうと・・・。

 「信頼」とは、距離が近くなればなるほど、礼節を重んじつつも、遠慮なく、敢えて相手の為に苦言を呈したり、冗談なり本音を言える間柄となる。しかし、豹変した人は、お金を支払う方が偉いかのような態度になったり、「恩着せ」という不協和音を放つ。仕事において全く問題はないのに、歪んだ感情的なものが噴き出してくるのだ。

 相手を「信頼」しているからこそ、コンサルとして契約、そして助言ができるが、そこで「恩着せ」を盾に、「実績」を無視することは、難癖や履き違えとしか言いようがない。唐突だが、「愛」と「恋」との違いが頭に浮かぶ。極論ではあるものの、「愛」は対価を求めず、「恋」は対価を求めるということだ。

 よって、「恋」には「失恋」という言葉があり、「愛」には「失愛」という言葉は存在しない。そこに大きな違いが有りはしないかと、筆者なりに考える。分かりにくく、アブストラクトな見解で申し訳ないが、筆者はそう感じてしまうのである。

 自称仕事人の筆者は、受けた仕事は200%でお返しするを常として来た。勿論、その情熱を充分汲み取ってくれる人もいる。時には、「これだけしてもらっても当然!」と、お金を支払う方が如何にも上位であるかのように、段々とその横着ぶりが露呈する人もいる。

 不適切な表現になるが、手首まで食って、更に、肘まで食い、旨かったら、肩まで食ってやろうという、貪欲さというものが滲み出ている訳だ。そこで、貪欲さの対象が見当たらなくなると、さっさと心無い置き土産となってしまう。

 以下は自己反省に基づくものだが、筆者の考え方や遣り方で不味いところは、200%の仕事で恩返しという点である。よって、皆さんが仕事を受ける場合は、契約に基づき、契約外業務まで首を突っ込み、世話をする必要はないということだ。それは、善かれと思い突っ込んだとしても、如何せん、「評価」は無視される可能性は高い。(良い時は良く、悪い時は最悪のレッテルを貼られてしまう)

 勿論、契約相手が人格者であり、互いに共存共栄へ必要不可欠なる間柄としてスクラムを組むのならば、200%と言わず、1000%の気力と能力をもって対応すべきだと考える。

 仕事には「愛」をもって臨み、また、大切な人へは唯一無二なる「愛」のみで勝負するのが一番であると。どんなに否定されようが、どんなに異見されようが、筆者の仕事への拘りやスタンスは、生涯変わることはない。


▼熊本県農業公園カントリーパークの薔薇の花
iyashi20220526


----------
◎西田親生@ICTdocotor「Note」プロフィール
 https://note.com/chikaonishida/n/n6513d8114749Link
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2022/5/26 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp