ロゼッタストーンBLOGニュース

PROFILE
ロゼッタストーンのオフィシャルBLOGです。ロゼッタストーンは1995年に熊本県第一号として生まれた異業種交流ポータルサイトで、現在は、フランスのパリ、カナダ、東京、静岡、京都、兵庫、沖縄など、国内外の特派員が日々アグレッシブに情報を発信しています。

その他、ロゼッタストーンはメディア融合を軸として、2005年にPODCAST、2007年に仮想現実3Dワールド・セカンドライフ、2010年にD&L TV(USTREAM番組)、2011年に先見塾(起業家および女流戦略家育成塾)をスタートし、多元的な情報発信と人材育成に尽力しています。

取材ご希望のところは、お気軽にご相談下さい。

※文責:西田親生


先見塾(BASIC/EXEC)
THE ROSETTA STONE
D&L TV(Ustream)
ロゼッタストーンブログver.1はこちら

製作著作
ディー・アンド・エルリサーチ(株)
マルチメディア事業部

RECENT INFORMATION
真のメディアとしての礎づくり
新・古それぞれのレンズ実験
最新鋭NIKON本体に、古いレンズ装着実験!
久々の、拘り珈琲!
カメラの設定に四苦八苦・・・
カメラの特性と表現力
一眼レフカメラとiPhone5の映像比較
不思議なマクロレンズの世界
Re BORN クラウンに遭遇!!
SIGMAレンズの実験!!
先見塾の写真撮影会開催!
素敵な父親と娘
心地よいグルメゾーンの構築が急務!!
カメラ専用バッグにTENBA!!
CATEGORY
災害情報 (5)
トピックス (36)
コラム・雑感 (43)
グルメ・料理・レストラン(お薦め食事処) (69)
宿・旅館・ホテル(観光情報) (14)
USTREAM TV(インターネットTV) (47)
先見塾(起業家育成塾) (477)
起業家情報 (6)
SecondLife(仮想現実世界) (0)
訃報 (1)
CALENDAR
2013 年 01 月
S M T W T F S
   
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
   
前月 BLOG TOP 翌月

RECENT IMAGE
ARCHIVES
2013/06 (20)
2013/05 (31)
2013/04 (28)
2013/03 (31)
2013/02 (27)
2013/01 (32)
2012/12 (31)
2012/11 (28)
2012/10 (27)
2012/09 (27)
2012/08 (31)
2012/07 (29)
  more ... ロゼッタストーンブログver.1

ロゼッタストーンブログver.1内検索

ディー・アンド・エルリサーチ株式会社

※取材記事及び写真ほかコンテンツの著作権は、全てディー・アンド・エルリサーチ株式会社に帰属します。よって、記事や写真の一部又は全部の転載・転用などを厳禁と致します。

  代表取締役社長 西田親生
お問い合わせ


計0857365 / 今日00029 / 昨日00269
2013/01/02 先見塾(起業家育成塾)
煮え切らない切れ味の悪い人
煮え切らない切れ味の悪い人
◎「聴」西田親生書

 いつも煮え切らない切れ味の悪い人たちは、人の意見を聴くと言っては、些細な事であろうがお構いなしに、無闇矢鱈に聴きまくっている。自分自身の主義主張もオリジナリティ溢れるアイデアも戦略も無く、単なる他人の受け売りばかりを束ね、頭の中はごった煮状態のまま、動く物も動かせず、何も創造することがないままに終焉を迎える。

 また、合議制だからと言って、時間をダラダラと話し込んいては、結局、自分たちの視野狭窄な判断基準であるにも関わらず、稚拙なアイデアだけを取りまとめて、如何にもハイレベルなプロジェクトを進めているかのように、勘違いしている人たちも多い。

 兎角、日本人は井戸端会議が大好きだ。ミーティング、レクチャーなどに時間やエネルギーを掛け過ぎて、本来、併行して進めるべき重要なプロジェクトを後回しにしているケースを多く見掛ける。だから、常に後手後手となり、思ったように事が進まないのは当然の結果なのだ。・・・そこで、ショートしっぱなしの馴れ合いの思考回路を早急に改善改良しない限り、そのベクトルは正常に戻すことが不可能となってくる。

 経営手腕を一番に問われるのは、何だろうか!?・・・それは、人三倍の知識と知恵の下に、人並み外れた洞察力と即断即決できる切れ味の良い判断力を持ち合わせているか否かという点だ。自分に都合が悪ければ美辞麗句を並べ立て屁理屈をこねて逃げたり、不慮の事故などと言い訳や責任転嫁をしたり・・・というように、相手に不信感を持たれるような胡散臭い手法を選んでいては、将来的に素晴らし仕事なんぞ出来るはずも無い。

 私は起業して22年。多くの大先輩のアドバイスや叱咤激励により、やっと人並みの経営者の半人前になったと自負している。あと半人前が足りないのは、正直申し上げて、自分自身の情熱と努力がまだまだ不足していると判断しているからなのだ。

 今や、簡単に会社を作れる時代だが、それを作ったからと言って、最初から勘違い、履き違いを続けていると、とんでもない大きな墓穴を掘る事になる。そうなってしまっては、時既に遅し。今一度、自分の背中をよく見て、今後の展開を考えるべきではなかろうか!?・・・経営者や起業家は、責任の所在を明確にして、自分で判断し自分で推し進めるのがベストな展開なのである。

【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/
登録2013/01/02 06:56:41  更新2013/01/02 14:57:31