ロゼッタストーンBLOGニュース

PROFILE
ロゼッタストーンのオフィシャルBLOGです。ロゼッタストーンは1995年に熊本県第一号として生まれた異業種交流ポータルサイトで、現在は、フランスのパリ、カナダ、東京、静岡、京都、兵庫、沖縄など、国内外の特派員が日々アグレッシブに情報を発信しています。

その他、ロゼッタストーンはメディア融合を軸として、2005年にPODCAST、2007年に仮想現実3Dワールド・セカンドライフ、2010年にD&L TV(USTREAM番組)、2011年に先見塾(起業家および女流戦略家育成塾)をスタートし、多元的な情報発信と人材育成に尽力しています。

取材ご希望のところは、お気軽にご相談下さい。

※文責:西田親生


先見塾(BASIC/EXEC)
THE ROSETTA STONE
D&L TV(Ustream)
ロゼッタストーンブログver.1はこちら

製作著作
ディー・アンド・エルリサーチ(株)
マルチメディア事業部

RECENT INFORMATION
真のメディアとしての礎づくり
新・古それぞれのレンズ実験
最新鋭NIKON本体に、古いレンズ装着実験!
久々の、拘り珈琲!
カメラの設定に四苦八苦・・・
カメラの特性と表現力
一眼レフカメラとiPhone5の映像比較
不思議なマクロレンズの世界
Re BORN クラウンに遭遇!!
SIGMAレンズの実験!!
先見塾の写真撮影会開催!
素敵な父親と娘
心地よいグルメゾーンの構築が急務!!
カメラ専用バッグにTENBA!!
CATEGORY
災害情報 (5)
トピックス (36)
コラム・雑感 (43)
グルメ・料理・レストラン(お薦め食事処) (69)
宿・旅館・ホテル(観光情報) (14)
USTREAM TV(インターネットTV) (47)
先見塾(起業家育成塾) (477)
起業家情報 (6)
SecondLife(仮想現実世界) (0)
訃報 (1)
CALENDAR
2020 年 02 月
S M T W T F S
           
01
 
02
 
03
 
04
 
05
 
06
 
07
 
08
 
09
 
10
 
11
 
12
 
13
 
14
 
15
 
16
 
17
 
18
 
19
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
前月 BLOG TOP 翌月

RECENT IMAGE
ARCHIVES
2013/06 (20)
2013/05 (31)
2013/04 (28)
2013/03 (31)
2013/02 (27)
2013/01 (32)
2012/12 (31)
2012/11 (28)
2012/10 (27)
2012/09 (27)
2012/08 (31)
2012/07 (29)
  more ... ロゼッタストーンブログver.1

ロゼッタストーンブログver.1内検索

ディー・アンド・エルリサーチ株式会社

※取材記事及び写真ほかコンテンツの著作権は、全てディー・アンド・エルリサーチ株式会社に帰属します。よって、記事や写真の一部又は全部の転載・転用などを厳禁と致します。

  代表取締役社長 西田親生
お問い合わせ


計0677244 / 今日00011 / 昨日00143
2012/03/11 USTREAM TV(インターネットTV)
「満漢全席」で、リアルタイム視聴者の絡み爆発!!
「満漢全席」で、リアルタイム視聴者の絡み爆発!!

「満漢全席」で、リアルタイム視聴者の絡み爆発!!

 「西田親生の満漢全席」が内容新たにスタートした。

 国内外のグルメ情報に加え、IT及びデバイス情報と熊本弁講座がミニコーナーとして放送される事になり、先週などはリアルタイム視聴者の絡みがTLを賑わせくれた。

 やはりご当地番組としては「方言」は付きものであり、全国各地からの視聴者の「方言」と比較することにより、言葉の面白さを知ることができる。

 尚、同番組のスポンサーは3社。その中でも、松島観光ホテル岬亭提供の「天草産車エビ500g」と瑞鷹株式会社提供の「赤酒2本セット」は人気となっている。ちなみに、当選者は月間4名まで。同番組のリアルタイム参加や私のFacebookやtwitterへの書き込み、突っ込みなどが当選の条件となっている。

▼先週の満漢全席


【協賛各社】
◎松島観光ホテル岬亭 http://www.misakitei.co.jp/
◎瑞鷹株式会社 赤酒専用サイト http://www.akazake.com/
◎よしやホテルきらら停 http://www.kiraratei.net/

【D&L TV公式サイト】 http://www.dandl.tv/
【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/
【ロゼッタストーン公式ポータルサイト】 http://www.dandl.co.jp/

登録2012/03/11 17:57:23  更新2012/03/11 17:57:23   

2012/03/09 先見塾(起業家育成塾)
カレーライスと私・・・
カレーライスと私・・・

 幼い頃、何が一番旨かったと言えば、幼馴染が自宅へ遊びにきた時の母手作りカレーライス。皆、元気が良かったのか、おかわり3杯が常であった。私には、それが昭和の代名詞みたいな、少々大げさだが、そのように想い出される。

 写真上は、私が社会人となってちょくちょく食すようになった、岡田珈琲(熊本市/50年近くの歴史がある)の辛〜いカレーライス。 口に入れる最初の瞬間は甘みがあるが、じわじわとカレーライスは心地よい刺激と発汗をプレゼントしてくれる。食後は頭頂部、顔面、そして首と・・・汗まみれとなってしまうので、スーツや和服姿の方々は、襟元注意と言ったところ。

 話は前後するが、母のカレーライスはルーから手作りだった。所謂、カレーライス made in Japanのような味わいだ。本格的なキーマカレーやヨーロピアンカレーとは少々異なり、和風が若干強めだったかと。時には「ニンニクの醤油漬け」をアクセントに、薬膳かのような食し方もしていた。

 時折、「私は日本人として生まれて本当に良かった♪」と思うことがある。それは、色んなタイプのカレーライスを、いつでもどこでも、ユビキタス時代の如く食すことが出来るという、すこぶる単純な感覚であるが、国内外を旅すれば、特に日本のグルメのレベルの高さを体感できる。

 その他想い出されるのは、45年ほど前の大劇会館にあったカレー専門店(以前、紹介したカルデラ湖の中央に小さな1個の肉とあっさりしたルー)、母のカレーを食した事のあるスタッフのカレーライス(母の味付けに何故か似ている)、それと数年前に熊本ホテルキャッスルの料理長に無理を言って作ってもらった「1万円カレー(黒毛和牛のタンと香り米)」などであろうか。

 私は日頃から自称グルメ通と豪語しているが、見た目に単純そうなカレーライスの奥深さは計り知れない。余力があれば、全国の家庭のカレーライスを覗いてみようかと思う次第。

 皆さんは、どんなカレーライスがお好みなのだろうか?・・・Facebookなどで呟いていただければと。・・・このように記事を書いているだけでも、カレーライスは食欲を増進させてくれる不思議なクイジーンでもある。

【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/

【西田親生の公式Facebook】 https://www.facebook.com/dandlcojp
登録2012/03/09 14:49:59  更新2012/03/24 23:15:56   

2012/03/08 グルメ・料理・レストラン(お薦め食事処)
本格派 四川麻婆豆腐に舌鼓。
本格派 四川麻婆豆腐に舌鼓。

本格派 四川麻婆豆腐に舌鼓。

 熊本県内は、他県と異なり、中国料理と言えば四川料理が圧倒的に強いところである。

 熊本ホテルキャッスル 四川料理 桃花源を中心に、その弟子たちが県内に独立して行く中で、独特の中国料理文化が浸透して行った。

 写真は桃花源で食した「四川 麻婆豆腐」。中国山椒の痺れるような辛さと辣油の辛さが絶妙に入り交じる刺激的な料理として、絶大なる人気を博している。

 風邪気味、体調がどうもピシッとしない時に、私は白ご飯の上にかけてパクつく。今回は、クロスメディア研究会の会食の最後の〆で食したが、頭頂部や体全体の汗腺が開き、たらたらと汗まみれになってしまった。

 しかし、食後の爽快感は何とも言えず、だるかった午前中の身体が嘘のようにシャキッとなった。・・・これ、お薦めの逸品である。

【ロゼッタストーン公式ポータルサイト】 http://www.dandl.co.jp/

【西田親生の公式Facebook 】https://www.facebook.com/dandlcojp
登録2012/03/08 10:28:20  更新2012/03/08 11:22:54