ロゼッタストーンBLOGニュース

PROFILE
ロゼッタストーンのオフィシャルBLOGです。ロゼッタストーンは1995年に熊本県第一号として生まれた異業種交流ポータルサイトで、現在は、フランスのパリ、カナダ、東京、静岡、京都、兵庫、沖縄など、国内外の特派員が日々アグレッシブに情報を発信しています。

その他、ロゼッタストーンはメディア融合を軸として、2005年にPODCAST、2007年に仮想現実3Dワールド・セカンドライフ、2010年にD&L TV(USTREAM番組)、2011年に先見塾(起業家および女流戦略家育成塾)をスタートし、多元的な情報発信と人材育成に尽力しています。

取材ご希望のところは、お気軽にご相談下さい。

※文責:西田親生


先見塾(BASIC/EXEC)
THE ROSETTA STONE
D&L TV(Ustream)
ロゼッタストーンブログver.1はこちら

製作著作
ディー・アンド・エルリサーチ(株)
マルチメディア事業部

RECENT INFORMATION
真のメディアとしての礎づくり
新・古それぞれのレンズ実験
最新鋭NIKON本体に、古いレンズ装着実験!
久々の、拘り珈琲!
カメラの設定に四苦八苦・・・
カメラの特性と表現力
一眼レフカメラとiPhone5の映像比較
不思議なマクロレンズの世界
Re BORN クラウンに遭遇!!
SIGMAレンズの実験!!
先見塾の写真撮影会開催!
素敵な父親と娘
心地よいグルメゾーンの構築が急務!!
カメラ専用バッグにTENBA!!
CATEGORY
災害情報 (5)
トピックス (36)
コラム・雑感 (43)
グルメ・料理・レストラン(お薦め食事処) (69)
宿・旅館・ホテル(観光情報) (14)
USTREAM TV(インターネットTV) (47)
先見塾(起業家育成塾) (477)
起業家情報 (6)
SecondLife(仮想現実世界) (0)
訃報 (1)
CALENDAR
2013 年 05 月
S M T W T F S
     
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
前月 BLOG TOP 翌月

RECENT IMAGE
ARCHIVES
2013/06 (20)
2013/05 (31)
2013/04 (28)
2013/03 (31)
2013/02 (27)
2013/01 (32)
2012/12 (31)
2012/11 (28)
2012/10 (27)
2012/09 (27)
2012/08 (31)
2012/07 (29)
  more ... ロゼッタストーンブログver.1

ロゼッタストーンブログver.1内検索

ディー・アンド・エルリサーチ株式会社

※取材記事及び写真ほかコンテンツの著作権は、全てディー・アンド・エルリサーチ株式会社に帰属します。よって、記事や写真の一部又は全部の転載・転用などを厳禁と致します。

  代表取締役社長 西田親生
お問い合わせ


計0708146 / 今日00216 / 昨日00517
2013/05/18 先見塾(起業家育成塾)
デジタル一眼レフカメラの進化
デジタル一眼レフカメラの進化
◎小枝

 デジタルカメラ黎明期には、「フィルム写真は油絵、デジタル写真はクレヨンで描いたようなものだ!」と言っていた人が居たとか居ないとか。

 映画の世界・・・デジタルビデオカメラやデジタル編集機が登場した頃は、かの有名なハリウッドもやんややんやのデジタル批判の雨霰だったようだ。

 筆者が起業した当時(1990年)は、NIKON F4を使っていた。勿論、35ミリフィルムを使用する、アナログ一眼レフカメラ。・・・当時、世界を代表する名機の一つでもある。

 それから22年が経ち、現在使用しているのは、NIKONとCANONのデジタル一眼レフカメラたち。ちなみに、上下の写真群は小雨の中で、NIKONを使用して取材した写真だが、アナログ時代の高画質のフィルム映像に随分近づいて来たように思えてならない。

 ※NIKONの写真サイズは7360×4912、CANONは5616×3744と、1枚あたりの画像(JPG)データは、6MB〜17MBとすこぶる大きい。

 しかし、現代のデジタル時代において高画質のフィルム映像を使用するとなると、個人では入手できないような高価なフィルム専用スキャナが必要となり、結局は、フィルムから取り込んだデジタルデータを処理してポスターやパンフレット、書籍などに利用することになる。

 経費と速度を考えれば、高性能のデジタル一眼レフカメラで撮影した映像を、ダイレクトに処理した方が、数段効率が良く処理が簡単となってしまう。

 よって、デジタル技術がここまで進歩してくると・・・これから先の進化を問われた場合、誰しもデジタル一眼レフカメラやデジタルビデオカメラ(HD)の進化の可能性の期待値が遙かに大きく、それを追い求めて行くのだろうと・・・。

 以前のBLOGで、アナログの紙媒体はこの世から消え去ることはないと断言した筆者だが、写真や映画の世界を考えると・・・寂しいことだが、どうもフィルムはいつの日か消え去ってしまうのは確実だ。・・・それも、近い将来に。

デジタル一眼レフカメラの進化
◎橋の上

デジタル一眼レフカメラの進化
◎大木エノキと川

デジタル一眼レフカメラの進化
◎大木エノキと川

デジタル一眼レフカメラの進化
◎石橋と川

【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/
登録2013/05/18 04:14:38  更新2013/05/18 16:24:21