ロゼッタストーンBLOGニュース

PROFILE
ロゼッタストーンのオフィシャルBLOGです。ロゼッタストーンは1995年に熊本県第一号として生まれた異業種交流ポータルサイトで、現在は、フランスのパリ、カナダ、東京、静岡、京都、兵庫、沖縄など、国内外の特派員が日々アグレッシブに情報を発信しています。

その他、ロゼッタストーンはメディア融合を軸として、2005年にPODCAST、2007年に仮想現実3Dワールド・セカンドライフ、2010年にD&L TV(USTREAM番組)、2011年に先見塾(起業家および女流戦略家育成塾)をスタートし、多元的な情報発信と人材育成に尽力しています。

取材ご希望のところは、お気軽にご相談下さい。

※文責:西田親生


先見塾(BASIC/EXEC)
THE ROSETTA STONE
D&L TV(Ustream)
ロゼッタストーンブログver.1はこちら

製作著作
ディー・アンド・エルリサーチ(株)
マルチメディア事業部

RECENT INFORMATION
真のメディアとしての礎づくり
新・古それぞれのレンズ実験
最新鋭NIKON本体に、古いレンズ装着実験!
久々の、拘り珈琲!
カメラの設定に四苦八苦・・・
カメラの特性と表現力
一眼レフカメラとiPhone5の映像比較
不思議なマクロレンズの世界
Re BORN クラウンに遭遇!!
SIGMAレンズの実験!!
先見塾の写真撮影会開催!
素敵な父親と娘
心地よいグルメゾーンの構築が急務!!
カメラ専用バッグにTENBA!!
CATEGORY
災害情報 (5)
トピックス (36)
コラム・雑感 (43)
グルメ・料理・レストラン(お薦め食事処) (69)
宿・旅館・ホテル(観光情報) (14)
USTREAM TV(インターネットTV) (47)
先見塾(起業家育成塾) (477)
起業家情報 (6)
SecondLife(仮想現実世界) (0)
訃報 (1)
CALENDAR
2013 年 03 月
S M T W T F S
         
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
 
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
           
前月 BLOG TOP 翌月

RECENT IMAGE
ARCHIVES
2013/06 (20)
2013/05 (31)
2013/04 (28)
2013/03 (31)
2013/02 (27)
2013/01 (32)
2012/12 (31)
2012/11 (28)
2012/10 (27)
2012/09 (27)
2012/08 (31)
2012/07 (29)
  more ... ロゼッタストーンブログver.1

ロゼッタストーンブログver.1内検索

ディー・アンド・エルリサーチ株式会社

※取材記事及び写真ほかコンテンツの著作権は、全てディー・アンド・エルリサーチ株式会社に帰属します。よって、記事や写真の一部又は全部の転載・転用などを厳禁と致します。

  代表取締役社長 西田親生
お問い合わせ


計0708139 / 今日00209 / 昨日00517
2013/03/08 先見塾(起業家育成塾)
終焉・・・
終焉・・・

 本日、父親の死を確認することになった。隔日に食糧を運んでは、日頃の健康状態のチェックをしていた矢先の出来事。86歳になる父が急死したのだ。

 幼い頃から、話が出来ぬほど厳しい父親であり、新聞社を経て独立し、それから20年ほど経って、やっとのこと、初めて父に意見することがあった。

 若き日の父親がどうだったのか、残されている手記やある書籍に掲載された文章などを元に、ある程度は父親の人物像を知ることが出来たのだが、今も尚、分からぬ所が沢山残っている。

 父から教わった事で記憶に刻まれているのは、「法曹人としての絶大なる正義心」、「大局客観視」、「突き刺すような洞察力と即断即決」、そして「多芸多趣味」なところであろうか。

 本日の検死にあたった警察官の方が、「以前、厳しい方だなと、若い頃思っていました。凄かったですよ。大変お世話になりました。」と、30年ほど前の話をしてくれた。・・・父が、丁度、筆者の年齢の頃だった。

 整理整頓された部屋は、消防、警察関係者が驚くほどに、ピシッとしている。私の部屋と比較すれば、芝刈り機でしっかりと手入れされている庭とゴミ屋敷の庭のようなもの。

 小学高学年の頃に父親のミットを目掛けて投げたボール。左手が痛いほどの手応えに驚く父の顔。剣道では敵わないが、何かで親を超えてやると、いつもイリテイティッドな筆者だった。しかし、なかなか超えるには、手強い相手だった。

 筆者が二十歳の頃だったろうか、久し振りに腕相撲をして、簡単に左右とも父に完勝だった。8歳上の兄もねじ伏せてみせた。さて、体力では超えたが、後は知力の勝負だと・・・いつも、父や兄を意識しては、何かをおっぱじめては拳骨をくらっていた。

 人生、振り返れば実に儚いもの。夏場に大きな楠でジージー鳴いている蝉のような、あるいは短命の代名詞でもある蜉蝣のようなものである。

 しかし、人はいつの日か両親や兄弟、その他友人の死に直面しなければならない。・・・今回の、予期もせぬ父親の電池切れに、「独り暮らしで、17年間よく頑張ったね!」と言ってやりたい。

 父がiMacの中に残した手記の中で、若くして他界した兄に「そろそろ迎えがくるかも知れんが、そっち行ったら、久し振りに酒でも酌み交わそう!」と綴ってあった。

【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/
登録2013/03/08 22:51:34  更新2013/03/08 23:03:34   

先見塾(起業家育成塾)
何事も、真っ直ぐに!
何事も、真っ直ぐに!

 世の中・・・・大人になればなるほど、何故か段々と歪んだ人間が増えてくる。

 幼い時に、微塵もそのような醜態など全くない人間なのだが、躾を通して人格形成の重要な時期に、完全に折れ曲がったまま大人になる人も少なくない。・・・しかし、本人はその歪みに気づいていないというのも、何とも不可思議でたまらない。

 何故に、人は素直に、真っ直ぐ進むことが出来ないのだろうか!?・・・家柄、育ち、躾・・・色んな周囲の環境に溺れてしまっては、真っ直ぐという言葉さえも分からないのかも知れない。よって、自分の挙動がへんちくりんである事にも気づいていない。

 裕福すぎて世間が見えない人。貧困に苛まれて心が歪みっぱなしの人。人の悪い噂を言ってはストレス発散している人。見栄を張っては格好を付けっぱなしの人。仕事もせずにお金を追っている人。裕福が全てに優勢だと思い込んでいる人。貧困が全てに劣勢だと思い込んでいる人。

 人格形成に最高のお手本、すなわち教科書は存在しない。どんなに良い生活環境下でも、最終的には自分に「気づく」こと、「気づく」ときがなければ、その人は歪んだり凹んだりしたまま育って行くのである。

 畢竟、先ずは自分に「気づく」ことだ。そして、どんな誘惑や落とし穴や壁があっても、自分の人生の舵取りは、真っ直ぐ歩み、常に笑顔を忘れぬ事が重要であろうと・・・。

 一度歪めば、顔まで歪む。目つきが変わり、人様への配慮なんぞ関係ない横暴な人間になってしまう。・・・時には自分の顔や目つきを、自然な状態で鏡を見ると良い。・・・どこか歪んでいないか、チェックすれば良い。

【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/


 
登録2013/03/08 01:59:07  更新2013/03/08 01:59:07