ロゼッタストーンBLOGニュース

PROFILE
ロゼッタストーンのオフィシャルBLOGです。ロゼッタストーンは1995年に熊本県第一号として生まれた異業種交流ポータルサイトで、現在は、フランスのパリ、カナダ、東京、静岡、京都、兵庫、沖縄など、国内外の特派員が日々アグレッシブに情報を発信しています。

その他、ロゼッタストーンはメディア融合を軸として、2005年にPODCAST、2007年に仮想現実3Dワールド・セカンドライフ、2010年にD&L TV(USTREAM番組)、2011年に先見塾(起業家および女流戦略家育成塾)をスタートし、多元的な情報発信と人材育成に尽力しています。

取材ご希望のところは、お気軽にご相談下さい。

※文責:西田親生


先見塾(BASIC/EXEC)
THE ROSETTA STONE
D&L TV(Ustream)
ロゼッタストーンブログver.1はこちら

製作著作
ディー・アンド・エルリサーチ(株)
マルチメディア事業部

RECENT INFORMATION
真のメディアとしての礎づくり
新・古それぞれのレンズ実験
最新鋭NIKON本体に、古いレンズ装着実験!
久々の、拘り珈琲!
カメラの設定に四苦八苦・・・
カメラの特性と表現力
一眼レフカメラとiPhone5の映像比較
不思議なマクロレンズの世界
Re BORN クラウンに遭遇!!
SIGMAレンズの実験!!
先見塾の写真撮影会開催!
素敵な父親と娘
心地よいグルメゾーンの構築が急務!!
カメラ専用バッグにTENBA!!
CATEGORY
災害情報 (5)
トピックス (36)
コラム・雑感 (43)
グルメ・料理・レストラン(お薦め食事処) (69)
宿・旅館・ホテル(観光情報) (14)
USTREAM TV(インターネットTV) (47)
先見塾(起業家育成塾) (477)
起業家情報 (6)
SecondLife(仮想現実世界) (0)
訃報 (1)
CALENDAR
2013 年 01 月
S M T W T F S
   
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
   
前月 BLOG TOP 翌月

RECENT IMAGE
ARCHIVES
2013/06 (20)
2013/05 (31)
2013/04 (28)
2013/03 (31)
2013/02 (27)
2013/01 (32)
2012/12 (31)
2012/11 (28)
2012/10 (27)
2012/09 (27)
2012/08 (31)
2012/07 (29)
  more ... ロゼッタストーンブログver.1

ロゼッタストーンブログver.1内検索

ディー・アンド・エルリサーチ株式会社

※取材記事及び写真ほかコンテンツの著作権は、全てディー・アンド・エルリサーチ株式会社に帰属します。よって、記事や写真の一部又は全部の転載・転用などを厳禁と致します。

  代表取締役社長 西田親生
お問い合わせ


計0846812 / 今日00081 / 昨日00498
2013/01/09 先見塾(起業家育成塾)
何事も「Give & Get」!!
何事も「Give & Get」!!

 恩返し・・・。

 筆者が起業した1990年10月1日に、当時の新聞社の先輩から「経理はしっかりしておけよ!」と一言。その当時は、生産性のない経理・・・そこまでピンと来なかったのだった。

 それから、あっという間に22年が過ぎ、振り返ってみると、その一言が如何に重要なものだったかと、今更ながらに先輩のアドバイスがとても有り難かった。

 起業して、周囲の方々に見えないところで多くのご支援、ご協力を得ながらも、波瀾万丈の船出となったのだが、1991年には果敢に攻めた結果、NHK衛星放送、関西テレビなど全国テレビ局へのCG動画の供給を成し遂げ、1995年に熊本県で最初にネット事業(ロゼッタストーン異業種交流ポータルサイトの誕生)をスタートできたのだった。

 前人未踏の分野に乗り込む事は、大胆且つ繊細な戦略が不可欠でもあり、生きた心地のしない戦争最前線のような毎日が思い出深い。勿論、現在も同様に、人が着手しないような新分野への野望は、性懲りも無く「to be continued」の状態だ。

 しかし、起業家として大切な事は、商慣習も理解せず、自分流の身勝手な手法で爆走していると、とんでもない方向へとベクトルが捩れてしまい、墓穴を掘りまくるという危険性が多々ある事を覚悟しておかねばならない。

 そこは、起業家として、常に真摯に周囲の常識者のアドバイスを受け止め、常に軌道修正を行いながら、上昇気流へと進むべきであろうと・・・。

 また、人様の世話になっているにも関わらず、その恩を仇で返すような人間も少なくない。・・・周囲の方々の日頃のご支援やご協力に対して、聴く耳を持たず自己主張を繰り返していると、起業家としての信用を失墜するばかりか、折角船出をした帆船が、瞬く間に泥舟と化してしまうのである。

 世話になっているのなら、「仕事で恩をお返しする!」というような平べったい言葉で濁すよりも、随時「Give & Get」と「Sharing」の精神で取り組むことが重要なポイントではなかろうかと考える次第。

【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/
登録2013/01/09 05:47:33  更新2013/01/09 05:50:36