ロゼッタストーンBLOGニュース

PROFILE
ロゼッタストーンのオフィシャルBLOGです。ロゼッタストーンは1995年に熊本県第一号として生まれた異業種交流ポータルサイトで、現在は、フランスのパリ、カナダ、東京、静岡、京都、兵庫、沖縄など、国内外の特派員が日々アグレッシブに情報を発信しています。

その他、ロゼッタストーンはメディア融合を軸として、2005年にPODCAST、2007年に仮想現実3Dワールド・セカンドライフ、2010年にD&L TV(USTREAM番組)、2011年に先見塾(起業家および女流戦略家育成塾)をスタートし、多元的な情報発信と人材育成に尽力しています。

取材ご希望のところは、お気軽にご相談下さい。

※文責:西田親生


先見塾(BASIC/EXEC)
THE ROSETTA STONE
D&L TV(Ustream)
ロゼッタストーンブログver.1はこちら

製作著作
ディー・アンド・エルリサーチ(株)
マルチメディア事業部

RECENT INFORMATION
真のメディアとしての礎づくり
新・古それぞれのレンズ実験
最新鋭NIKON本体に、古いレンズ装着実験!
久々の、拘り珈琲!
カメラの設定に四苦八苦・・・
カメラの特性と表現力
一眼レフカメラとiPhone5の映像比較
不思議なマクロレンズの世界
Re BORN クラウンに遭遇!!
SIGMAレンズの実験!!
先見塾の写真撮影会開催!
素敵な父親と娘
心地よいグルメゾーンの構築が急務!!
カメラ専用バッグにTENBA!!
CATEGORY
災害情報 (5)
トピックス (36)
コラム・雑感 (43)
グルメ・料理・レストラン(お薦め食事処) (69)
宿・旅館・ホテル(観光情報) (14)
USTREAM TV(インターネットTV) (47)
先見塾(起業家育成塾) (477)
起業家情報 (6)
SecondLife(仮想現実世界) (0)
訃報 (1)
CALENDAR
2012 年 12 月
S M T W T F S
           
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
 
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
         
前月 BLOG TOP 翌月

RECENT IMAGE
ARCHIVES
2013/06 (20)
2013/05 (31)
2013/04 (28)
2013/03 (31)
2013/02 (27)
2013/01 (32)
2012/12 (31)
2012/11 (28)
2012/10 (27)
2012/09 (27)
2012/08 (31)
2012/07 (29)
  more ... ロゼッタストーンブログver.1

ロゼッタストーンブログver.1内検索

ディー・アンド・エルリサーチ株式会社

※取材記事及び写真ほかコンテンツの著作権は、全てディー・アンド・エルリサーチ株式会社に帰属します。よって、記事や写真の一部又は全部の転載・転用などを厳禁と致します。

  代表取締役社長 西田親生
お問い合わせ


計0096787 / 今日00376 / 昨日00421
2012/12/11 先見塾(起業家育成塾)
「書」の楽しさと、難しさ。
「書」の楽しさと、難しさ。
◎2012年10月中旬〜現在書き殴った「遊びま書」

「書」の楽しさと、難しさ。
◎左から「直視」、「雪地蔵」、「モノトーン」(西田親生書)

 2012年は年末に掛けて、猛ダッシュで「書」に傾注しつつあるが、書き殴れば殴るほど・・・「書」の楽しさが増す一方、筆運びや表現がじわじわと難しくなることに苛まれている今日この頃である。

 王義之などの手本を横目に臨書に入り、直ぐに飽きてしまう自分が居る。元々、人様から手習いするのが苦手なタイプなので、自分の感性でどこまで近づけるかの検証をするのが面白いのである。

 流石に3500年の「書」の歴史は深く、その神髄を体感するには、筆者の余生では時間がなさ過ぎる。最初の筆の入りに集中し、頭の中は空っぽにして、自然体で臨む一枚の半紙。

 最近では、墨液と半紙、筆の相性が分かってきたので、意識的な強弱やかすれなどは容易に行える。しかし、無意識の中で偶然性がある方がずっと楽しいということで、無意識な中で、後は自分の筆先の運びを祈って書き殴っている。

 来春には、漠然としたテーマ「アナログとデジタルの特異点(仮称)」と題して、筆者の十八番であるデジタルと、現在挑戦しつつあるアナログの世界を、まだまだ構想の段階だが、来年予定している「個展」にて表現できればと・・・。

 現在、或る方から「ファンクラブ作ります!」とのご声援も頂いているので、先ずはロゼッタストーン国内外の特派員に、僭越ながら、筆者の「書」のファンクラブ開設のご相談をしようかと考えている次第。

「書」の楽しさと、難しさ。
◎剣聖 宮本武蔵をイメージした「剣」(西田親生書)

【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/
登録2012/12/11 14:15:40  更新2012/12/11 14:39:43