ロゼッタストーンBLOGニュース

PROFILE
ロゼッタストーンのオフィシャルBLOGです。ロゼッタストーンは1995年に熊本県第一号として生まれた異業種交流ポータルサイトで、現在は、フランスのパリ、カナダ、東京、静岡、京都、兵庫、沖縄など、国内外の特派員が日々アグレッシブに情報を発信しています。

その他、ロゼッタストーンはメディア融合を軸として、2005年にPODCAST、2007年に仮想現実3Dワールド・セカンドライフ、2010年にD&L TV(USTREAM番組)、2011年に先見塾(起業家および女流戦略家育成塾)をスタートし、多元的な情報発信と人材育成に尽力しています。

取材ご希望のところは、お気軽にご相談下さい。

※文責:西田親生


先見塾(BASIC/EXEC)
THE ROSETTA STONE
D&L TV(Ustream)
ロゼッタストーンブログver.1はこちら

製作著作
ディー・アンド・エルリサーチ(株)
マルチメディア事業部

RECENT INFORMATION
真のメディアとしての礎づくり
新・古それぞれのレンズ実験
最新鋭NIKON本体に、古いレンズ装着実験!
久々の、拘り珈琲!
カメラの設定に四苦八苦・・・
カメラの特性と表現力
一眼レフカメラとiPhone5の映像比較
不思議なマクロレンズの世界
Re BORN クラウンに遭遇!!
SIGMAレンズの実験!!
先見塾の写真撮影会開催!
素敵な父親と娘
心地よいグルメゾーンの構築が急務!!
カメラ専用バッグにTENBA!!
CATEGORY
災害情報 (5)
トピックス (36)
コラム・雑感 (43)
グルメ・料理・レストラン(お薦め食事処) (69)
宿・旅館・ホテル(観光情報) (14)
USTREAM TV(インターネットTV) (47)
先見塾(起業家育成塾) (477)
起業家情報 (6)
SecondLife(仮想現実世界) (0)
訃報 (1)
CALENDAR
2012 年 11 月
S M T W T F S
       
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
 
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
 
25
26
27
28
29
30
 
前月 BLOG TOP 翌月

RECENT IMAGE
ARCHIVES
2013/06 (20)
2013/05 (31)
2013/04 (28)
2013/03 (31)
2013/02 (27)
2013/01 (32)
2012/12 (31)
2012/11 (28)
2012/10 (27)
2012/09 (27)
2012/08 (31)
2012/07 (29)
  more ... ロゼッタストーンブログver.1

ロゼッタストーンブログver.1内検索

ディー・アンド・エルリサーチ株式会社

※取材記事及び写真ほかコンテンツの著作権は、全てディー・アンド・エルリサーチ株式会社に帰属します。よって、記事や写真の一部又は全部の転載・転用などを厳禁と致します。

  代表取締役社長 西田親生
お問い合わせ


計0847688 / 今日00323 / 昨日00634
2012/11/14 先見塾(起業家育成塾)
「心」にアンカーを!
「心」にアンカーを!
◎「心」(西田親生書)

 最近、軸がぶれっ放しで落ち着きのない人生を歩んでいる人をよく見掛ける。

 我々の青春期においては、企業の時代として、全国の一部上場企業や地方のトップ企業への就職が花形であり、学友と切磋琢磨しながら、一つの大きな目標に向かって突進していったという、勢いある時代を思い出す。

 しかし、ここまで世界経済や日本経済が不安定になってしまい、いつの間にか浮沈戦艦と言われた企業の時代は終焉を迎え、おんぶにだっこ、親方日の丸だった安住の地は立ち枯れとなり、じわじわと目の前から消滅していったのである。

 少子化が加速し、多すぎる教育環境は器の中で学士、修士、博士という学位を取得したとしても、単なる価値のない紙切れ一枚の話となり、誰しもが易々と上場企業に入社する事は難しい。よって、卒業生の8割、9割が就職確定などするはずがない。

 昔、若者に夢と希望を与えていた大きな大地としての企業の存在が、今や大海原に浮かぶ不安定要素満載の漂流物のようなものとなり、・・・この国は、その企業は、そして自分の生活や老後はどうなるのだろうかと、筆者も含めてネガティブに悩む人々殆どである。

 しかしながら、ここで一番の重要なポイントは、教科書では得られない「心」の問題となる。果てしなく不透明で先が見えない現在において、周囲の不安定さに押しつぶされ、或る人はあちこちに足を運ばねば落ち着かず、また或る人は将来を嘆いて人生を既に諦めている。

 どんなに大学や専門学校へ通い、そこで潤沢な専門知識を習得したとしても、学生、社会人などの「心」の中は常に悶々としており、その解決法も知らぬまま荒波の中で揉まれ、浮き沈みしているのが現状なのだ。

 筆者は先見塾において「心の軸をしっかりと持つことが肝要!」と唱える。軸がぶれていると、仕事も学業も、更には生活・・・人生自体が全てぶれてしまうことになる。

 自分の環境が荒れ狂う海だとしても、決して軸をぶらしてはならない。「心」にしっかりとしたアンカーを備え、目標値点近くにそのアンカーを下ろし、じっくりと好機を待つことが、将来に向けて、必ずや良い結果をもたらす事を認識しておく必要がある。

 「心」にアンカーを!

【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/
登録2012/11/14 16:50:38  更新2012/11/14 16:52:45