ロゼッタストーンBLOGニュース

PROFILE
ロゼッタストーンのオフィシャルBLOGです。ロゼッタストーンは1995年に熊本県第一号として生まれた異業種交流ポータルサイトで、現在は、フランスのパリ、カナダ、東京、静岡、京都、兵庫、沖縄など、国内外の特派員が日々アグレッシブに情報を発信しています。

その他、ロゼッタストーンはメディア融合を軸として、2005年にPODCAST、2007年に仮想現実3Dワールド・セカンドライフ、2010年にD&L TV(USTREAM番組)、2011年に先見塾(起業家および女流戦略家育成塾)をスタートし、多元的な情報発信と人材育成に尽力しています。

取材ご希望のところは、お気軽にご相談下さい。

※文責:西田親生


先見塾(BASIC/EXEC)
THE ROSETTA STONE
D&L TV(Ustream)
ロゼッタストーンブログver.1はこちら

製作著作
ディー・アンド・エルリサーチ(株)
マルチメディア事業部

RECENT INFORMATION
真のメディアとしての礎づくり
新・古それぞれのレンズ実験
最新鋭NIKON本体に、古いレンズ装着実験!
久々の、拘り珈琲!
カメラの設定に四苦八苦・・・
カメラの特性と表現力
一眼レフカメラとiPhone5の映像比較
不思議なマクロレンズの世界
Re BORN クラウンに遭遇!!
SIGMAレンズの実験!!
先見塾の写真撮影会開催!
素敵な父親と娘
心地よいグルメゾーンの構築が急務!!
カメラ専用バッグにTENBA!!
CATEGORY
災害情報 (5)
トピックス (36)
コラム・雑感 (43)
グルメ・料理・レストラン(お薦め食事処) (69)
宿・旅館・ホテル(観光情報) (14)
USTREAM TV(インターネットTV) (47)
先見塾(起業家育成塾) (477)
起業家情報 (6)
SecondLife(仮想現実世界) (0)
訃報 (1)
CALENDAR
2012 年 11 月
S M T W T F S
       
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
 
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
 
25
26
27
28
29
30
 
前月 BLOG TOP 翌月

RECENT IMAGE
ARCHIVES
2013/06 (20)
2013/05 (31)
2013/04 (28)
2013/03 (31)
2013/02 (27)
2013/01 (32)
2012/12 (31)
2012/11 (28)
2012/10 (27)
2012/09 (27)
2012/08 (31)
2012/07 (29)
  more ... ロゼッタストーンブログver.1

ロゼッタストーンブログver.1内検索

ディー・アンド・エルリサーチ株式会社

※取材記事及び写真ほかコンテンツの著作権は、全てディー・アンド・エルリサーチ株式会社に帰属します。よって、記事や写真の一部又は全部の転載・転用などを厳禁と致します。

  代表取締役社長 西田親生
お問い合わせ


計0847669 / 今日00304 / 昨日00634
2012/11/07 先見塾(起業家育成塾)
巨大な山越え・・・
巨大な山越え・・・
◎「山」(西田親生書)

 自分自身が非力で能力が及ばぬと思っている間は、将来の大きな目標や夢というものは、登頂するには決死の覚悟が要るような、巨大で危険な「山」に見えてくる。

 しかし、その聳え立つ大きな「山」を乗り越えて、初めて次のステップへは進めるとすれば、何とか小幅でも一歩一歩前に、そして山頂目指して登り詰めて行かねばならない。

 されど、そのプロセスが途方も無く複雑多岐となり、気を失いそうに切迫感や危機感を持たざるを得ないように、荒れ狂う巨大な「山」の環境は、小さな枯葉のような人間を遠慮無く吹き飛ばしてしまう。

 一歩進めば、後ろに足跡が一つ残る。更にまた一歩進めば、足跡がまた一つ・・・。その足跡の点と点を結ぶことにより、自分自身が歩いてきたプロセスや方向性、流れが、善きにつけ悪しきにつけ鮮明に見えてくる。

 ただ、後ろを振り向かず、反省も改善も軌道修正も無く、プロセスを無視するばかりで視野狭窄となってしまうと、初志や目標、夢が全く異なる方向へと、見えざる手により導かれてしまう。

 そこで、何度も深呼吸をしては冷静沈着。その時点でスキルアップに励んだり、見識の高い方々からのアドバイスに耳を傾けて、自らの過ちや見当違いを見出さねばならない。・・・そうしている内に、或る日突然、恐れおののいていた巨大で危険な「山」が、なだらかな山に見えてくる時が必ずやってくるのである。

 人生も仕事も人間関係も全て、この「巨大な山越え」という試練が伴うに違いない。・・・途中、逃げに転じて楽を求めれば、無数に存在する「挫折」というクレバスに滑落する。

 眼前の巨大な山越え。・・・攻めなければ、単なる凡人で終わってしまう。さて、貴方は攻めて非凡なる凡人を目指すのか?・・・攻めずに、逃げるのか???

【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/
登録2012/11/07 04:00:52  更新2012/11/07 04:09:04