ロゼッタストーンBLOGニュース

PROFILE
ロゼッタストーンのオフィシャルBLOGです。ロゼッタストーンは1995年に熊本県第一号として生まれた異業種交流ポータルサイトで、現在は、フランスのパリ、カナダ、東京、静岡、京都、兵庫、沖縄など、国内外の特派員が日々アグレッシブに情報を発信しています。

その他、ロゼッタストーンはメディア融合を軸として、2005年にPODCAST、2007年に仮想現実3Dワールド・セカンドライフ、2010年にD&L TV(USTREAM番組)、2011年に先見塾(起業家および女流戦略家育成塾)をスタートし、多元的な情報発信と人材育成に尽力しています。

取材ご希望のところは、お気軽にご相談下さい。

※文責:西田親生


先見塾(BASIC/EXEC)
THE ROSETTA STONE
D&L TV(Ustream)
ロゼッタストーンブログver.1はこちら

製作著作
ディー・アンド・エルリサーチ(株)
マルチメディア事業部

RECENT INFORMATION
真のメディアとしての礎づくり
新・古それぞれのレンズ実験
最新鋭NIKON本体に、古いレンズ装着実験!
久々の、拘り珈琲!
カメラの設定に四苦八苦・・・
カメラの特性と表現力
一眼レフカメラとiPhone5の映像比較
不思議なマクロレンズの世界
Re BORN クラウンに遭遇!!
SIGMAレンズの実験!!
先見塾の写真撮影会開催!
素敵な父親と娘
心地よいグルメゾーンの構築が急務!!
カメラ専用バッグにTENBA!!
CATEGORY
災害情報 (5)
トピックス (36)
コラム・雑感 (43)
グルメ・料理・レストラン(お薦め食事処) (69)
宿・旅館・ホテル(観光情報) (14)
USTREAM TV(インターネットTV) (47)
先見塾(起業家育成塾) (477)
起業家情報 (6)
SecondLife(仮想現実世界) (0)
訃報 (1)
CALENDAR
2012 年 10 月
S M T W T F S
 
01
02
03
04
05
06
07
08
09
 
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
 
24
25
26
27
28
29
 
30
31
 
     
前月 BLOG TOP 翌月

RECENT IMAGE
ARCHIVES
2013/06 (20)
2013/05 (31)
2013/04 (28)
2013/03 (31)
2013/02 (27)
2013/01 (32)
2012/12 (31)
2012/11 (28)
2012/10 (27)
2012/09 (27)
2012/08 (31)
2012/07 (29)
  more ... ロゼッタストーンブログver.1

ロゼッタストーンブログver.1内検索

ディー・アンド・エルリサーチ株式会社

※取材記事及び写真ほかコンテンツの著作権は、全てディー・アンド・エルリサーチ株式会社に帰属します。よって、記事や写真の一部又は全部の転載・転用などを厳禁と致します。

  代表取締役社長 西田親生
お問い合わせ


計0463314 / 今日00143 / 昨日00374
2012/10/30 先見塾(起業家育成塾)
陽を背にした熊本城
陽を背にした熊本城

 城のある風景。熊本市内に住む人々にとっては、何の変哲もないごく当たり前の風景だ。筆者もご多分に漏れず、自社サテライトオフィスから毎日大天守の遠景を望むことができる。四百年前に加藤清正が築城した熊本城が、近代的なビル群と同化して、鬱蒼と茂った大楠の中に静かに聳え立っている。

 築城の天才 清正の手により、茶臼山の自然地形を利用して要塞化された熊本城。国内では数少ない実戦型の城として、威風堂々という言葉だけでは表現できぬほど、今にも戦(いくさ)の拠点となり得るかの如く、重厚で優美なモノトーンの世界を見せてくれる。

 甲州の武田信玄と治水事業の神と並び称せられる清正。長烏帽子の立像が本妙寺山頂に、また座像が崇城大学市民ホール近くに建っているが、この武将の残した功績たるや、枚挙に遑がないほど全国各地に多く点在している。

 写真上のように、筆者は陽を背にした夕暮れの熊本城が大好きだ。落日、落陽、サンセット・・・何気に悠久の時代絵巻が眼前に広がてくるような錯覚に陥ってしまいそうだ。じっと要塞全体を凝視していると、大天守の最上階で、清正が軍配を片手に、城の周囲を見下ろし采配を振る姿が、リアルな映像として脳裏を過ぎってくる。

 江戸時代、築城から二百七十年の長き時を経て、更に十年後の西南の役で消失(宇土櫓のみ残る)するまで、清正が建造した巨大木造建築物の熊本城は、熊本の地を物静かに見下ろしてきたことになる。・・・それから昭和三十五年に熊本城(大天守、小天守、平櫓)が復元され現在に至り、熊本県の観光立県の要となっている。

 諄いようだが、城のある風景は筆舌に尽くし難く、実に素晴らしいものなのだ。

 蛇足だが、先般、熊本ホテルキャッスル11階にあるトゥール・ド・シャトー(フレンチレストラン)で、福島県から旅行で来ていた老夫婦が「この景色は宝もんだ。目の前にライトアップされている城を見ていると、鳥肌立ってくる。」と、ワイングラスを片手に熱く語っていた。

陽を背にした熊本城

【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/
登録2012/10/30 03:27:38  更新2012/10/30 05:30:23   

2012/10/28 先見塾(起業家育成塾)
心尽くしの「ホッと檸檬」。
心尽くしの「ホッと檸檬」。

 昔、喫茶店での定番は勿論ホット珈琲、そして夏場はアイスコーヒーにレスカ(レモンスカッシュ)だったように記憶する。特に学生時代は、小洒落た喫茶店を見つけるのが楽しみで、あちこち歩き回っては、自家焙煎珈琲の味比べをしたものだった。

 一昨日だったか、番組終了後に体調が余り良くなく、悪寒まではなかったが、腰骨の中央に違和感を持ったので、「こりゃ大変だ!」と思い、日頃から世話になっている熊本ホテルキャッスル(九曜杏)ヘ足を運び、メニューには書かれていない熱いホットレモンをお願いした。

 ウェイターは笑顔で「承知しました。」と一言。・・・暫くして写真のように熱々のホットレモンをサーブしてくれたのだった。実に懐かしい味である。何十年ぶりか分からないが、昔々よく愛飲していたホットレモンに近い味だが、私の体を気遣ってか、正確にはレモン1個半を中に入れたと言う。

 「No.と言わないホテル」として・・・更には「美味しいホテルを目指します。」というホテルとして、また一段と其処へ足を運ぶのが日々楽しくなってくる。お陰様で、体全体の血行が良くなり、先ほどまで違和感を持っていた腰が少し楽になってきた。

 本当に有り難い、心尽くしの接遇に感謝を申し上げたいと思う。今回のホットレモン。単にホットレモンと呼ぶのは失礼なようで、これからは「ホッと檸檬」と呼ぶようにしようかと。・・・しかし、顔をしかめるほど酸っぱかった。・・・実は、酸っぱいのが苦手な筆者である。

【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/
登録2012/10/28 12:50:07  更新2012/10/28 13:09:23   

2012/10/27 先見塾(起業家育成塾)
先見塾に「写真倶楽部」が・・・
先見塾に「写真倶楽部」が・・・
◎鞠智城 鼓楼(中央)と米倉(左)

 人生の一瞬間を記録するカメラ、人々の喜怒哀楽をリアルに表現するカメラ、無限の大宇宙から広大な大地、そして小さな昆虫のミクロの世界までを捉えるカメラ。・・・カメラの起源は、遠近法絵画のために使用されたカメラ・オブスクラと言われるが、この発明は世の中を変えてしまった。

 現在は、スマホの小さなレンズだけで質の高い写真やムービー、更にはパノラマ写真まで撮影できる。何と素晴らしい再発明だことだろうと。

 先見塾にも「写真倶楽部」をと思っていた矢先、最近、殆どの塾生が一眼レフカメラを購入した模様。勿論、「写真倶楽部」という名称の通り、メーカーやカメラの種類は問わないが、近日中にロゼッタストーン専属美人モデルを募って、定期的な写真撮影会でも開催しようかという話が出ているようだ。

 さてさて、11月から早速動き、先見塾「写真倶楽部」の公式サイトを立ち上げ、皆の作品集をアップして行けるように環境を整えたいと思う

先見塾に「写真倶楽部」が・・・
◎地面に座り込んで撮影に集中する淀川司朗塾生

先見塾に「写真倶楽部」が・・・
◎手前の植物にフォーカスを絞り込む奥野心介塾生

【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/
登録2012/10/27 02:01:21  更新2012/10/27 12:26:00