ロゼッタストーンBLOGニュース

PROFILE
ロゼッタストーンのオフィシャルBLOGです。ロゼッタストーンは1995年に熊本県第一号として生まれた異業種交流ポータルサイトで、現在は、フランスのパリ、カナダ、東京、静岡、京都、兵庫、沖縄など、国内外の特派員が日々アグレッシブに情報を発信しています。

その他、ロゼッタストーンはメディア融合を軸として、2005年にPODCAST、2007年に仮想現実3Dワールド・セカンドライフ、2010年にD&L TV(USTREAM番組)、2011年に先見塾(起業家および女流戦略家育成塾)をスタートし、多元的な情報発信と人材育成に尽力しています。

取材ご希望のところは、お気軽にご相談下さい。

※文責:西田親生


先見塾(BASIC/EXEC)
THE ROSETTA STONE
D&L TV(Ustream)
ロゼッタストーンブログver.1はこちら

製作著作
ディー・アンド・エルリサーチ(株)
マルチメディア事業部

RECENT INFORMATION
真のメディアとしての礎づくり
新・古それぞれのレンズ実験
最新鋭NIKON本体に、古いレンズ装着実験!
久々の、拘り珈琲!
カメラの設定に四苦八苦・・・
カメラの特性と表現力
一眼レフカメラとiPhone5の映像比較
不思議なマクロレンズの世界
Re BORN クラウンに遭遇!!
SIGMAレンズの実験!!
先見塾の写真撮影会開催!
素敵な父親と娘
心地よいグルメゾーンの構築が急務!!
カメラ専用バッグにTENBA!!
CATEGORY
災害情報 (5)
トピックス (36)
コラム・雑感 (43)
グルメ・料理・レストラン(お薦め食事処) (69)
宿・旅館・ホテル(観光情報) (14)
USTREAM TV(インターネットTV) (47)
先見塾(起業家育成塾) (477)
起業家情報 (6)
SecondLife(仮想現実世界) (0)
訃報 (1)
CALENDAR
2012 年 10 月
S M T W T F S
 
01
02
03
04
05
06
07
08
09
 
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
 
24
25
26
27
28
29
 
30
31
 
     
前月 BLOG TOP 翌月

RECENT IMAGE
ARCHIVES
2013/06 (20)
2013/05 (31)
2013/04 (28)
2013/03 (31)
2013/02 (27)
2013/01 (32)
2012/12 (31)
2012/11 (28)
2012/10 (27)
2012/09 (27)
2012/08 (31)
2012/07 (29)
  more ... ロゼッタストーンブログver.1

ロゼッタストーンブログver.1内検索

ディー・アンド・エルリサーチ株式会社

※取材記事及び写真ほかコンテンツの著作権は、全てディー・アンド・エルリサーチ株式会社に帰属します。よって、記事や写真の一部又は全部の転載・転用などを厳禁と致します。

  代表取締役社長 西田親生
お問い合わせ


計0846467 / 今日00234 / 昨日00538
2012/10/19 先見塾(起業家育成塾)
育ててくれた、喫茶店「宝塚珈琲」。
育ててくれた、喫茶店「宝塚珈琲」。

 熊本市内を見るだけでも、昔ながらの本格的な喫茶店が激減している。現在、50店舗あれば良い方じゃなかろうか。人口70万人を超える政令指定都市にしては、少なすぎる。

 筆者が新聞社に入社した当時、食後に先輩から連れられて行かれた色んな喫茶店。特に、老夫婦が経営していた、濃い拘り焙煎珈琲(1種類しかない)の喫茶店「宝塚珈琲」。30年前に1杯500円という高値のものだったが、県内優良企業の役員(熊本のVIPな人たち)たちが日々集う、熊本でも異色の喫茶店でもあった。

 現在、当時の店主やその奥様は既に他界されており、今ではその笑顔さえ見るが出来ない。・・・確か名字が原さんだったと思う。満州帰りで、アマチュアボーラーとして、県内外でも名の売れた夫婦であり、ご主人は絵画収集が趣味で、店内のあちらこちらにびっしりと名画が飾り付けてあった記憶がある。飾り付けと言うより、ざっと立て掛けてあった。

 その中でも、記憶にあるのが「板極道」で名高い版画家の巨匠 棟方志功や、熊本県出身の画伯 野田健郎のパリ留学中のアパートの窓から見下ろしたパリ市内のデッサンなどがあった。しかし、アートに興味のない人には、何の変哲もない額縁にしか見えないと思えるほど、何気に時下数百万以上のものがゴロゴロと、所狭しと置いてあった。

 原夫婦が現在生きてらっしゃれば、既に100歳は超えている。或る日、筆者は社の役員に連れられて、その店に紛れ込むことになった。周囲を見渡すと、自分だけが若造なので、その店の雰囲気に完全浮いた状態である事が、瞬時に理解できた。・・・それだけ、VIP専用の癒やしの喫茶店だったのだろうと。

 そこで若干26歳の青二才が、当時の経済界の重鎮の方々と同じカウンターで、仕事をさぼって高価な珈琲を飲んでいたのである。場違いも、甚だしい。・・・当時、一ヶ月に20回ほどは足を運んでいたので、薄給の若造にはとても負担の大きな喫茶店(ハイライトが1箱80円くらいの頃)でもあった。・・・

 同店に通い始めて二ヶ月が経ったろうか、或る日のこと・・・奥様から「ちかおちゃん、焼きビーフン好きね?若いのでランチ代も馬鹿にならんだろうし、まかない食だけど!」と言って、筆者の目の前に大皿に山盛りサーブしてくれたのだった。(この店は食事は一切出さないところである)

 それから、昼ご飯を食していない日は、必ずサンドイッチや焼きビーフンなどを同店で食べるようになった。たぶん、老夫婦には子供が居なかったのか、孫が居なかったのか分からないが・・・私を子か孫にみたてて、可愛がってくれたのであろうと。

 しかし、いつの間にか「宝塚珈琲」がテナントとして入っているビルが買収されたのだろう。その老夫婦の行き先が分からなくなり、数年間世話になったものの、それっきりお会いすることもなく、十数年後に他界されたという大変残念な話を聞かされたのだった。

 何の理由も無く、筆者を子か孫のように可愛がってくれた老夫婦。高い珈琲代を「今日は、いらないよ!」と言って、カウンターから笑顔で送り出してくれた老夫婦。今でも、感謝の念を忘れたことはない。・・・お陰で、同店に通い始めて、県内の重鎮たちと顔見知りにもなり、別に仕事をお願いした事も無いが、いつの間にか、県内政財界の縮図をその店で学習させて頂いた事になる。

 人を育てる小さな喫茶店・・・こんな店が当時熊本市内の中心部にあったのだった。

 ※写真上は筆者がたまに利用する喫茶店「Timeless」のカウンター

【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/
登録2012/10/19 11:19:56  更新2012/10/19 11:42:22