ロゼッタストーンBLOGニュース

PROFILE
ロゼッタストーンのオフィシャルBLOGです。ロゼッタストーンは1995年に熊本県第一号として生まれた異業種交流ポータルサイトで、現在は、フランスのパリ、カナダ、東京、静岡、京都、兵庫、沖縄など、国内外の特派員が日々アグレッシブに情報を発信しています。

その他、ロゼッタストーンはメディア融合を軸として、2005年にPODCAST、2007年に仮想現実3Dワールド・セカンドライフ、2010年にD&L TV(USTREAM番組)、2011年に先見塾(起業家および女流戦略家育成塾)をスタートし、多元的な情報発信と人材育成に尽力しています。

取材ご希望のところは、お気軽にご相談下さい。

※文責:西田親生


先見塾(BASIC/EXEC)
THE ROSETTA STONE
D&L TV(Ustream)
ロゼッタストーンブログver.1はこちら

製作著作
ディー・アンド・エルリサーチ(株)
マルチメディア事業部

RECENT INFORMATION
真のメディアとしての礎づくり
新・古それぞれのレンズ実験
最新鋭NIKON本体に、古いレンズ装着実験!
久々の、拘り珈琲!
カメラの設定に四苦八苦・・・
カメラの特性と表現力
一眼レフカメラとiPhone5の映像比較
不思議なマクロレンズの世界
Re BORN クラウンに遭遇!!
SIGMAレンズの実験!!
先見塾の写真撮影会開催!
素敵な父親と娘
心地よいグルメゾーンの構築が急務!!
カメラ専用バッグにTENBA!!
CATEGORY
災害情報 (5)
トピックス (36)
コラム・雑感 (43)
グルメ・料理・レストラン(お薦め食事処) (69)
宿・旅館・ホテル(観光情報) (14)
USTREAM TV(インターネットTV) (47)
先見塾(起業家育成塾) (477)
起業家情報 (6)
SecondLife(仮想現実世界) (0)
訃報 (1)
CALENDAR
2012 年 10 月
S M T W T F S
 
01
02
03
04
05
06
07
08
09
 
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
 
24
25
26
27
28
29
 
30
31
 
     
前月 BLOG TOP 翌月

RECENT IMAGE
ARCHIVES
2013/06 (20)
2013/05 (31)
2013/04 (28)
2013/03 (31)
2013/02 (27)
2013/01 (32)
2012/12 (31)
2012/11 (28)
2012/10 (27)
2012/09 (27)
2012/08 (31)
2012/07 (29)
  more ... ロゼッタストーンブログver.1

ロゼッタストーンブログver.1内検索

ディー・アンド・エルリサーチ株式会社

※取材記事及び写真ほかコンテンツの著作権は、全てディー・アンド・エルリサーチ株式会社に帰属します。よって、記事や写真の一部又は全部の転載・転用などを厳禁と致します。

  代表取締役社長 西田親生
お問い合わせ


計0847688 / 今日00323 / 昨日00634
2012/10/14 先見塾(起業家育成塾)
私流、「書」の楽しみ方。
私流、「書」の楽しみ方。

 昨夜、久方ぶりに墨汁(作品用)を垂らし、大筆を根元からほぐし、臨書なるものをと思いきや・・・思いつくまま40枚ほど、書を楽しんだ。所謂、「遊びま書」的な・・・文鎮をどこに仕舞ったか忘れてしまい、そのまま書き殴って行った。

 正直なところ、筆者は「書」はずぶの素人。七歳の頃、幼友達の紹介で書道教室へ入り、数回ほど通ったろうか・・・「いでゆ」で終わったような気がする。また、当時六歳頃から剣道を習っていたので、同じ竹でも、筆より竹刀を振り回した方が、ストレス解消になっていたのだろうと。

 書道教室の先生から学んだ、トメやハネ・・・数十年前の事だが、今でも鮮明に覚えている。しかし、当時の筆者にとっては、筆をとり「書」をするなんぞイライラものだった。子供ながらに「悟りの境地」に入ったのか否か定かではないが、筆先に集中していると、全てを忘れてしまっていた感覚だけは、今でも確と覚えている。

 ということで、昨夜は久し振りの「筆」の乱舞。・・・新聞社時代、筆者が二十代の頃、或る書家(当時、日展の審査員)から、「あなたは書を始めた方が良い。明日からでも私のところへ来て、やんなさい!」と唐突に勧められたことがあった。その時、軽い冷やかしなのかと思いつつ、丁重にお断りをしたのだが、今頃になって、その書家の言葉を信じて、趣味として本格的な「書」を習っておけば良かったと後悔している。

 筆者の場合、私流自己流の「書」ではあるが、最近は、考え事があったり、次のプロジェクトの思案をする時などに、必ず筆を持つことにしている。素人なので、上手、下手の段階でも無い。しかし、仕事柄、これまで色んな分野に足を踏み入れ経験してきた事、出逢った方々の忘れられない言葉、表情など・・・それを思い起こしては、筆に集中するのがすこぶる心地良いのである。

 昨夜の私流の「書」の作品は、「曲水」。未完成どころの騒ぎではないが、何となく頭に浮かんだ文字が曲水の宴の「曲水」であった。実は、先見塾の副読本として「如水」を1,2と書き上げ、現在3で足踏み状態。漠然とした中に、次の教本のタイトルに「曲水」をという心があったのかも知れない。

 「書」は下手でも、心を込めて書き綴る呼吸がたまらなく好きだ。・・・先般、頼まれごとで「書」をデザイン化したものを二点書き上げた。・・・近々、某自治体外郭団体や某店舗のロゴが正式に決まれば、筆者の「遊びま書」感覚でデザインしたものがご披露できるかも知れないが、これからも何かに役立つような「書」を、筆者なりに探究して行こうと考えている。

 ・・・筆の周りを八角形と見て、360度筆全体を使っての筆運びができるまで、あと何年かかるか挑戦してみようかと・・・「書」は面白い。モノトーンの世界にどっぶりと浸かってしまっている次第。

【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/
登録2012/10/14 09:46:42  更新2012/10/14 11:03:38