ロゼッタストーンBLOGニュース

PROFILE
ロゼッタストーンのオフィシャルBLOGです。ロゼッタストーンは1995年に熊本県第一号として生まれた異業種交流ポータルサイトで、現在は、フランスのパリ、カナダ、東京、静岡、京都、兵庫、沖縄など、国内外の特派員が日々アグレッシブに情報を発信しています。

その他、ロゼッタストーンはメディア融合を軸として、2005年にPODCAST、2007年に仮想現実3Dワールド・セカンドライフ、2010年にD&L TV(USTREAM番組)、2011年に先見塾(起業家および女流戦略家育成塾)をスタートし、多元的な情報発信と人材育成に尽力しています。

取材ご希望のところは、お気軽にご相談下さい。

※文責:西田親生


先見塾(BASIC/EXEC)
THE ROSETTA STONE
D&L TV(Ustream)
ロゼッタストーンブログver.1はこちら

製作著作
ディー・アンド・エルリサーチ(株)
マルチメディア事業部

RECENT INFORMATION
真のメディアとしての礎づくり
新・古それぞれのレンズ実験
最新鋭NIKON本体に、古いレンズ装着実験!
久々の、拘り珈琲!
カメラの設定に四苦八苦・・・
カメラの特性と表現力
一眼レフカメラとiPhone5の映像比較
不思議なマクロレンズの世界
Re BORN クラウンに遭遇!!
SIGMAレンズの実験!!
先見塾の写真撮影会開催!
素敵な父親と娘
心地よいグルメゾーンの構築が急務!!
カメラ専用バッグにTENBA!!
CATEGORY
災害情報 (5)
トピックス (36)
コラム・雑感 (43)
グルメ・料理・レストラン(お薦め食事処) (69)
宿・旅館・ホテル(観光情報) (14)
USTREAM TV(インターネットTV) (47)
先見塾(起業家育成塾) (477)
起業家情報 (6)
SecondLife(仮想現実世界) (0)
訃報 (1)
CALENDAR
2012 年 10 月
S M T W T F S
 
01
02
03
04
05
06
07
08
09
 
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
 
24
25
26
27
28
29
 
30
31
 
     
前月 BLOG TOP 翌月

RECENT IMAGE
ARCHIVES
2013/06 (20)
2013/05 (31)
2013/04 (28)
2013/03 (31)
2013/02 (27)
2013/01 (32)
2012/12 (31)
2012/11 (28)
2012/10 (27)
2012/09 (27)
2012/08 (31)
2012/07 (29)
  more ... ロゼッタストーンブログver.1

ロゼッタストーンブログver.1内検索

ディー・アンド・エルリサーチ株式会社

※取材記事及び写真ほかコンテンツの著作権は、全てディー・アンド・エルリサーチ株式会社に帰属します。よって、記事や写真の一部又は全部の転載・転用などを厳禁と致します。

  代表取締役社長 西田親生
お問い合わせ


計0847688 / 今日00323 / 昨日00634
2012/10/12 先見塾(起業家育成塾)
現実を直視して、目を覚ますこと。
現実を直視して、目を覚ますこと。

 SNSが世界を席巻しつつあるこの時代。どうしても、妄想や理想が膨らみすぎて、それ自体が「万能の神」のように考えている人も少なくない。・・・それらは、単なる道具である。

 筆者はマルチメディアを二十数年、そしてネット事業に着手して十八年となるが、特にSNSの到来が、良きにつけ悪しきにつけ、ライフスタイルやライフサイクルにまで大きな影響を及ぼしている事に、危惧の念を隠しきれないでいる。

 今日も或る人からの指摘で・・・第三者のSNSのウォールを見ていると、大変不遇な状況下にあるという。しかし、そこで沢山の「いいね!」の連発、更には「今日も良い一日で!」とコメントが残されているというのだ。何と、デリカシーのないこと。(確と読んでいないのである。)

 他人様が不幸のどん底を書き記しているウォール。これも自業自得なのだが、個人的な生活の中身をつぶさに公然の場で吐き散らすのも如何なものかと思ってしまう一方、不幸に対して「いいね!」や「良い一日を」なんぞ、どう逆立ちしても訳が分からぬコミュニケーション状態となっている。

 社会的に個人情報漏洩問題が叫ばれるにも関わらず、大声でその問題を語る人間ほど、BLOGやSNSに何のためらいも無く、ここぞと言わんばかりに個人情報を垂れ流し、あちらこちらで開催されるオフ会などで良からぬ出逢いを求めているようだ。

 仕事にしても、メールや携帯電話で済ましてしまうという安直さ。相手とFACE TO FACEで胸襟開いて話し合うという流れが寸断され、メールやチャットが予想外の誤解をもたらし、折角のビジネスチャンスを逸する事など多々ある。

 往来する人々は前方を見ずに、手元のスマホを凝視しながら歩いている。また、車の運転中にも関わらず、くわえタバコでスマホにメールを書き込んでいる若い女性もよく見掛ける。・・・実に危険極まりない。

 人として、それも文化レベルの高い日本人として、もう、そろそろ現実を直視して目を覚ます時ではないかと。

 昔、メディアが手元になかった時代の素人軍団には、勿論、ネットの世界は夢のようなものだった。だからと言って、自己本位の暴走で世渡りをするようになっては、先々取り返しはできなくなってしまう。

 今の貴方のライフスタイルやライフサイクルは、如何なものだろうか?・・・決して、自分の子供や孫たちに伝授すべきお手本のようでは無さそうな気がするのは、筆者だけかも知れないが・・・それは、日本人として崇高な精神文化の衰えを意味しているに違いない。

【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/
登録2012/10/12 13:01:21  更新2012/10/12 13:10:06