ロゼッタストーンBLOGニュース

PROFILE
ロゼッタストーンのオフィシャルBLOGです。ロゼッタストーンは1995年に熊本県第一号として生まれた異業種交流ポータルサイトで、現在は、フランスのパリ、カナダ、東京、静岡、京都、兵庫、沖縄など、国内外の特派員が日々アグレッシブに情報を発信しています。

その他、ロゼッタストーンはメディア融合を軸として、2005年にPODCAST、2007年に仮想現実3Dワールド・セカンドライフ、2010年にD&L TV(USTREAM番組)、2011年に先見塾(起業家および女流戦略家育成塾)をスタートし、多元的な情報発信と人材育成に尽力しています。

取材ご希望のところは、お気軽にご相談下さい。

※文責:西田親生


先見塾(BASIC/EXEC)
THE ROSETTA STONE
D&L TV(Ustream)
ロゼッタストーンブログver.1はこちら

製作著作
ディー・アンド・エルリサーチ(株)
マルチメディア事業部

RECENT INFORMATION
真のメディアとしての礎づくり
新・古それぞれのレンズ実験
最新鋭NIKON本体に、古いレンズ装着実験!
久々の、拘り珈琲!
カメラの設定に四苦八苦・・・
カメラの特性と表現力
一眼レフカメラとiPhone5の映像比較
不思議なマクロレンズの世界
Re BORN クラウンに遭遇!!
SIGMAレンズの実験!!
先見塾の写真撮影会開催!
素敵な父親と娘
心地よいグルメゾーンの構築が急務!!
カメラ専用バッグにTENBA!!
CATEGORY
災害情報 (5)
トピックス (36)
コラム・雑感 (43)
グルメ・料理・レストラン(お薦め食事処) (69)
宿・旅館・ホテル(観光情報) (14)
USTREAM TV(インターネットTV) (47)
先見塾(起業家育成塾) (477)
起業家情報 (6)
SecondLife(仮想現実世界) (0)
訃報 (1)
CALENDAR
2012 年 08 月
S M T W T F S
     
01
02
03
04
05
06
 
07
08
09
 
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
前月 BLOG TOP 翌月

RECENT IMAGE
ARCHIVES
2013/06 (20)
2013/05 (31)
2013/04 (28)
2013/03 (31)
2013/02 (27)
2013/01 (32)
2012/12 (31)
2012/11 (28)
2012/10 (27)
2012/09 (27)
2012/08 (31)
2012/07 (29)
  more ... ロゼッタストーンブログver.1

ロゼッタストーンブログver.1内検索

ディー・アンド・エルリサーチ株式会社

※取材記事及び写真ほかコンテンツの著作権は、全てディー・アンド・エルリサーチ株式会社に帰属します。よって、記事や写真の一部又は全部の転載・転用などを厳禁と致します。

  代表取締役社長 西田親生
お問い合わせ


計0095647 / 今日00051 / 昨日00400
2012/08/23 先見塾(起業家育成塾)
宿の選び方、利用の仕方。・・・海へのいざない
宿の選び方、利用の仕方。・・・海へのいざない
◎上天草松島の海

宿の選び方、利用の仕方。・・・海へのいざない
◎松島観光ホテル岬亭の料理

宿の選び方、利用の仕方。・・・海へのいざない
◎上天草樋島の海

宿の選び方、利用の仕方。・・・海へのいざない
◎よしやホテルきらら停の海の幸

 有明海と聞けば、干潟の海といった、少々グレーに近い、ねっとりとした泥臭いイメージを持つ人が多いのではないか。

 ところが、国立公園でもある天草の海は、豊かな自然とバテレンの里というように、とにかく風光明媚なところが多い。特に海、空一面に広がる紅の夕景は、「絶景かな!」と叫びたくなるほど、ロマンティックな景色の幻想的な変化に心躍らされてしまう。

 私はどちらかといえば山育ちなので、磯の香りや波飛沫の音、カモメの鳴き声・・・全てが新鮮に感じられ、行く度に、カメラのファインダーを覗き込んだまま、うっとりとしてしまう。

 そこで今回ご紹介するのは、上天草を代表する新鮮な海の幸三昧を楽しめる二つのホテルである。ホテルと言っても、和洋折衷のイメージが強いものだが、写真のように透明感のある海景色と新鮮で豪華な海の幸は、筆舌に尽くしがたいほど素晴らしい。

 先ずは松島観光ホテル岬亭(以下、岬亭と呼ぶ)について・・・。同ホテルは天草五橋の五号橋に隣接した小高い丘の上に建っている。本館、セピア館、大宴会場、家族湯など充実した施設に加え、一昨年には本格鉄板焼レストラン「杏布炉舎(アンブロシア)」を中庭に増設した。よって、天草地域では数少ない和洋の料理をを選べるモダンなホテルに変身している。

 また、上天草の奥座敷的存在として多くのファンを持つホテルに、よしやホテルきらら停(以下、きらら停と呼ぶ)がある。きらら停は、前述の岬亭から約30分ほど西へ走ると、吊り橋が見える自然一杯の樋島に到着する。その樋島の代表格であるきらら停。家族の笑顔の素晴らしさと親しみやすい人柄が実に印象的なところでもある。

 澄んだ海中を覗き込むと、数え切れないほどの種類の魚介類が、これぞシーパラダイスと言わんがばかりに海中を泳ぎ回っている。岬亭には四季折々の花々が訪れる旅人を和ませてくれる。また、きらら停の目の前の海に蛸壷を投げ込むと、翌朝大きな蛸が壷に入っているというほど、とてつもなく自然がでかい!

 ちなみに、天草は上島と下島に分かれており、1日、2日では回りきれないほど大きな島である。よって、現地の観光については・・・伝統ある窯元や異国情緒のある教会巡り、そして意表を突くような「ギター和尚の説法(向陽寺)」など・・・長期滞在型の旅をお薦めしたい。・・・行楽シーズンとなる秋の旅の宿として、この二つのホテルは見逃せない。

宿の選び方、利用の仕方。・・・海へのいざない
◎向陽寺のギター和尚(ギター和尚でググッてください)

【松島観光ホテル岬亭公式サイト】 http://www.misakitei.co.jp
【よしやホテルきらら停公式サイト】 http://www.kiraratei.net
【向陽寺公式サイト(ギター和尚)】 http://www.dandl.co.jp/koyoji/
登録2012/08/23 00:09:26  更新2012/08/23 07:53:08