ロゼッタストーンBLOGニュース

PROFILE
ロゼッタストーンのオフィシャルBLOGです。ロゼッタストーンは1995年に熊本県第一号として生まれた異業種交流ポータルサイトで、現在は、フランスのパリ、カナダ、東京、静岡、京都、兵庫、沖縄など、国内外の特派員が日々アグレッシブに情報を発信しています。

その他、ロゼッタストーンはメディア融合を軸として、2005年にPODCAST、2007年に仮想現実3Dワールド・セカンドライフ、2010年にD&L TV(USTREAM番組)、2011年に先見塾(起業家および女流戦略家育成塾)をスタートし、多元的な情報発信と人材育成に尽力しています。

取材ご希望のところは、お気軽にご相談下さい。

※文責:西田親生


先見塾(BASIC/EXEC)
THE ROSETTA STONE
D&L TV(Ustream)
ロゼッタストーンブログver.1はこちら

製作著作
ディー・アンド・エルリサーチ(株)
マルチメディア事業部

RECENT INFORMATION
真のメディアとしての礎づくり
新・古それぞれのレンズ実験
最新鋭NIKON本体に、古いレンズ装着実験!
久々の、拘り珈琲!
カメラの設定に四苦八苦・・・
カメラの特性と表現力
一眼レフカメラとiPhone5の映像比較
不思議なマクロレンズの世界
Re BORN クラウンに遭遇!!
SIGMAレンズの実験!!
先見塾の写真撮影会開催!
素敵な父親と娘
心地よいグルメゾーンの構築が急務!!
カメラ専用バッグにTENBA!!
CATEGORY
災害情報 (5)
トピックス (36)
コラム・雑感 (43)
グルメ・料理・レストラン(お薦め食事処) (69)
宿・旅館・ホテル(観光情報) (14)
USTREAM TV(インターネットTV) (47)
先見塾(起業家育成塾) (477)
起業家情報 (6)
SecondLife(仮想現実世界) (0)
訃報 (1)
CALENDAR
2012 年 08 月
S M T W T F S
     
01
02
03
04
05
06
 
07
08
09
 
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
前月 BLOG TOP 翌月

RECENT IMAGE
ARCHIVES
2013/06 (20)
2013/05 (31)
2013/04 (28)
2013/03 (31)
2013/02 (27)
2013/01 (32)
2012/12 (31)
2012/11 (28)
2012/10 (27)
2012/09 (27)
2012/08 (31)
2012/07 (29)
  more ... ロゼッタストーンブログver.1

ロゼッタストーンブログver.1内検索

ディー・アンド・エルリサーチ株式会社

※取材記事及び写真ほかコンテンツの著作権は、全てディー・アンド・エルリサーチ株式会社に帰属します。よって、記事や写真の一部又は全部の転載・転用などを厳禁と致します。

  代表取締役社長 西田親生
お問い合わせ


計0020410 / 今日00709 / 昨日00500
2012/08/16 先見塾(起業家育成塾)
人間関係・・・国民、庶民としての覚悟
人間関係・・・国民、庶民としての覚悟

 折角一回きりの人生であれば、周囲は素晴らしい方々との接点を多く持つことが最良の選択であり、悔いのない価値ある人生を平穏無事に送ることが出来るというもの。しかし、平穏無事な人生を送ろうと思っていても、一度社会に顔を出してしまうと、想定外の事柄が次から次への身に降り注いでくる。よって、今回、今の世の中が如何につまらぬものであり、歪んでいるかを考察してみたい。

 ・・・・

 ちまたでは、「国民!」や「庶民!」など、我々を愚弄するような言い回しが当然のように、日々マスコミの報道で流されてくる。・・・国会議員、キャリア、評論家らが高飛車にもの申しているが、とんでもない勘違い、履き違いであることに気付いていない。

 政治は金で買えるのか?政治は誰の為にあるのか?国を支える気構えがあるのか否か。毎日のように繰り広げられる、要人と言われる人たちの稚拙な発言の数々に、既に腹一杯となっている我々なのだ。

 我々庶民と同様に幼少期を過ごし、暫くすると、良き家柄死守のために、同族、世襲制を確保し、社会人となれば「差別は人に非ず!」と言いながら、我先に差別化の道を一目散にひた走っている。

 そもそも「主権在民」とは何ぞや。たまたま国家公務員上級職にパスしても、それは庶民、国民からの脱皮ではない。公僕としての国へのご奉公なのである。肩書きや権限を背負っていても、それが子々孫々まで受け継がれるものでもなく、肩書きや看板取れば、只の人。そこで、前述のとんでもない勘違い、履き違いが存在するとなると、贈収賄、横領、予算の無駄遣い、口利き、役得などの不正が横行するのは当然のことである。

 我々は、現代の要人と言われる人たちの無責任で稚拙極まりない発言を見逃してはならない。法治国家としての整合性の無さを徹底的に追及し、国家組織総入替をするくらいにやらねば、数十年後は世界水準最低ラインの国に成り下がってしまう可能性が強い。

 国に任せる、県に任せる、行政に依存する時代は、既に終わってしまった。私利私欲に走る人物の御輿を担ぐ必要はない。大義なき時代に、我々は1億3千万総決起して、よき時代の日本再興の為に邁進しなければならないが、その覚悟があるか否か、それが残された人生の大きな課題ではなかろうか。

【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/
登録2012/08/16 00:10:41  更新2012/08/16 04:40:56