ロゼッタストーンBLOGニュース

PROFILE
ロゼッタストーンのオフィシャルBLOGです。ロゼッタストーンは1995年に熊本県第一号として生まれた異業種交流ポータルサイトで、現在は、フランスのパリ、カナダ、東京、静岡、京都、兵庫、沖縄など、国内外の特派員が日々アグレッシブに情報を発信しています。

その他、ロゼッタストーンはメディア融合を軸として、2005年にPODCAST、2007年に仮想現実3Dワールド・セカンドライフ、2010年にD&L TV(USTREAM番組)、2011年に先見塾(起業家および女流戦略家育成塾)をスタートし、多元的な情報発信と人材育成に尽力しています。

取材ご希望のところは、お気軽にご相談下さい。

※文責:西田親生


先見塾(BASIC/EXEC)
THE ROSETTA STONE
D&L TV(Ustream)
ロゼッタストーンブログver.1はこちら

製作著作
ディー・アンド・エルリサーチ(株)
マルチメディア事業部

RECENT INFORMATION
真のメディアとしての礎づくり
新・古それぞれのレンズ実験
最新鋭NIKON本体に、古いレンズ装着実験!
久々の、拘り珈琲!
カメラの設定に四苦八苦・・・
カメラの特性と表現力
一眼レフカメラとiPhone5の映像比較
不思議なマクロレンズの世界
Re BORN クラウンに遭遇!!
SIGMAレンズの実験!!
先見塾の写真撮影会開催!
素敵な父親と娘
心地よいグルメゾーンの構築が急務!!
カメラ専用バッグにTENBA!!
CATEGORY
災害情報 (5)
トピックス (36)
コラム・雑感 (43)
グルメ・料理・レストラン(お薦め食事処) (69)
宿・旅館・ホテル(観光情報) (14)
USTREAM TV(インターネットTV) (47)
先見塾(起業家育成塾) (477)
起業家情報 (6)
SecondLife(仮想現実世界) (0)
訃報 (1)
CALENDAR
2012 年 05 月
S M T W T F S
   
01
02
03
04
05
 
06
07
08
 
09
10
11
12
13
14
 
15
16
17
18
 
19
20
21
22
23
24
25
 
26
27
28
29
30
31
   
前月 BLOG TOP 翌月

RECENT IMAGE
ARCHIVES
2013/06 (20)
2013/05 (31)
2013/04 (28)
2013/03 (31)
2013/02 (27)
2013/01 (32)
2012/12 (31)
2012/11 (28)
2012/10 (27)
2012/09 (27)
2012/08 (31)
2012/07 (29)
  more ... ロゼッタストーンブログver.1

ロゼッタストーンブログver.1内検索

ディー・アンド・エルリサーチ株式会社

※取材記事及び写真ほかコンテンツの著作権は、全てディー・アンド・エルリサーチ株式会社に帰属します。よって、記事や写真の一部又は全部の転載・転用などを厳禁と致します。

  代表取締役社長 西田親生
お問い合わせ


計0655590 / 今日00001 / 昨日00315
2012/05/20 先見塾(起業家育成塾)
取材に使ってきた歴代のカメラたち!
取材に使ってきた歴代のカメラたち!

 カメラは奥深く、何枚撮影しても納得が行かない。プロ写真家では無いので、行き当たりばったりの報道カメラマンのようなダイレクト撮影となってしまいがちなのだが、そろそろプロ級の撮影技術を身につけなくてはと、遅ればせながら反省している次第である。

 そもそもデジカメを活用しはじめたのは、1996年のカシオだったと思う。僅か10万画素のデジカメが7万円以上もしていた。既に1995年にネット事業(ロゼッタストーンポータルサイト開設)を開始していたので、当時デジカメは必携だった。ネガフィルムを使っていたアナログカメラと比較すると、時間も労力も経費も掛からない。

 しかし、現在は4〜5万円で1600万画素。そのクオリティは当時では、夢のまた夢。10万画素で何とか撮影したものを、パソコンに取り込み、それからバタバタとWEBにアップしていた事を思い出す。ちなみに、最初のデジカメ写真は阿蘇方面で採れた大きな椎茸を撮影したものだった。今思えば、10万画素の質感は、昭和20年代のアグファカラーフィルムをプリントしたような色合いだった。

 それから、SONY製のフロッピーが記憶装置となっているデジカメを使い始め、その接写の素晴らしさには驚かされた。更に、デジカメは日々進化して行き、それに伴い、私も次から次へと、取材用のハンディデジカメを買いあさって行った。

 しかし、どうしても一眼レフが欲しくなる。そうしている内に、1999年に世に登場した本格的な一眼レフ Nikon D1に巡り会った。当時、便利なマクロレンズまで入れると、80万円を超えてしまう。266万画素も大変魅力的だったので、足を運んだカメラコーナーで衝動買いをしてしまった。・・・それから、海外取材には、ずっしりと重いが、必ずLEICAと一緒に肩に掛けて走り回った。

取材に使ってきた歴代のカメラたち!

 それから数年間は、ドイツの名門であるLEICAを4機種ほど揃え、2009年にはCANON EOS 5D MARK IIを購入し、国内の五つ星ホテルや高級レストランの料理の取材で大変活躍してくれた。動画もHDで撮影可能だったので、1台のカメラで、写真とビデオが一石二鳥。すこぶる便利なデジタルツールとして、私の仕事をアシストしてくれた。

 CANON EOS 5D MARK IIは当時センセーションを巻き起こし、海外ではそれを使って短編映画も制作された。驚きの連続であったが、私なりに、PODCASTSやUSTREAM番組に積極的に活用していった。ちなみに、2110万画素というとんでもないクオリティは、当時比類無きものだった。

 そして、今年の3月22日にプロ仕様のデジカメが激しく動いた。それは、Nikon 800Dの発表である。圧巻の3600万画素、そしてフルHDの動画撮影もさることながら、標準で付いてくる28mmから300mmのレンズが魅力的である。ちょいとした取材では、交換レズが無くても、大抵の仕事はこなせることになる。流石Nikonだが、13年前に購入したNikon D1と筐体やシャッター音などを比べては、当時の事を思い出し・・・下手な写真を見ながら苦笑いしていた一日であった。

【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/
登録2012/05/20 08:26:46  更新2012/05/20 08:33:02