ロゼッタストーンBLOGニュース

PROFILE
ロゼッタストーンのオフィシャルBLOGです。ロゼッタストーンは1995年に熊本県第一号として生まれた異業種交流ポータルサイトで、現在は、フランスのパリ、カナダ、東京、静岡、京都、兵庫、沖縄など、国内外の特派員が日々アグレッシブに情報を発信しています。

その他、ロゼッタストーンはメディア融合を軸として、2005年にPODCAST、2007年に仮想現実3Dワールド・セカンドライフ、2010年にD&L TV(USTREAM番組)、2011年に先見塾(起業家および女流戦略家育成塾)をスタートし、多元的な情報発信と人材育成に尽力しています。

取材ご希望のところは、お気軽にご相談下さい。

※文責:西田親生


先見塾(BASIC/EXEC)
THE ROSETTA STONE
D&L TV(Ustream)
ロゼッタストーンブログver.1はこちら

製作著作
ディー・アンド・エルリサーチ(株)
マルチメディア事業部

RECENT INFORMATION
真のメディアとしての礎づくり
新・古それぞれのレンズ実験
最新鋭NIKON本体に、古いレンズ装着実験!
久々の、拘り珈琲!
カメラの設定に四苦八苦・・・
カメラの特性と表現力
一眼レフカメラとiPhone5の映像比較
不思議なマクロレンズの世界
Re BORN クラウンに遭遇!!
SIGMAレンズの実験!!
先見塾の写真撮影会開催!
素敵な父親と娘
心地よいグルメゾーンの構築が急務!!
カメラ専用バッグにTENBA!!
CATEGORY
災害情報 (5)
トピックス (36)
コラム・雑感 (43)
グルメ・料理・レストラン(お薦め食事処) (69)
宿・旅館・ホテル(観光情報) (14)
USTREAM TV(インターネットTV) (47)
先見塾(起業家育成塾) (477)
起業家情報 (6)
SecondLife(仮想現実世界) (0)
訃報 (1)
CALENDAR
2012 年 05 月
S M T W T F S
   
01
02
03
04
05
 
06
07
08
 
09
10
11
12
13
14
 
15
16
17
18
 
19
20
21
22
23
24
25
 
26
27
28
29
30
31
   
前月 BLOG TOP 翌月

RECENT IMAGE
ARCHIVES
2013/06 (20)
2013/05 (31)
2013/04 (28)
2013/03 (31)
2013/02 (27)
2013/01 (32)
2012/12 (31)
2012/11 (28)
2012/10 (27)
2012/09 (27)
2012/08 (31)
2012/07 (29)
  more ... ロゼッタストーンブログver.1

ロゼッタストーンブログver.1内検索

ディー・アンド・エルリサーチ株式会社

※取材記事及び写真ほかコンテンツの著作権は、全てディー・アンド・エルリサーチ株式会社に帰属します。よって、記事や写真の一部又は全部の転載・転用などを厳禁と致します。

  代表取締役社長 西田親生
お問い合わせ


計0654554 / 今日00196 / 昨日00336
2012/05/11 先見塾(起業家育成塾)
熊本城ライトアップを前にして。
熊本城ライトアップを前にして。

 久し振りに足を運んだトゥール・ド・シャトー(熊本ホテルキャッスル11階)。ランチタイムは無いが、ブライダルやパーティー会場としても、フレンチレストランとしても、バーとしても人気の食事処。今回、普段なかなか撮影できない熊本城のライトアップに挑戦しようと、デジカメ持参で同レストランへ足を運んだのだった。

 熊本城を左から本丸御殿、大天守、小天守と並んで撮影するには、同ホテルからの方向が一番私は好きである。400年以上の歴史を持つ実戦型の城として、威風堂々とした姿は何とも言えない。欲目で見ても、日本一の城だと思う次第。

 真っ暗な部屋のガラス窓越しではあるが、三脚もないので、息を殺してピントを合わせる。色温度、絞り、シャッタースピード・・・真っ暗なので、各設定はファインダーの中で確認せざるを得ない。色温度は勘に頼るほか無く、出来るだけ絞り優先としても、シャッタースピードは1/30程度までが限界。それより遅くなると、手振れを起こしてしまう。

 あれこれ悩み考えながら、結局は本丸御殿と天守のライトアップの色が少々異なるので、それらの色で忠実に撮影できれば良いかと思い、シャッターを切っていった。

 さてさて、撮影したものの画像チェックである。・・・本丸御殿の屋根の上方に小さい赤と黄色の点がある。デジタルなバグかと思い、ズームして行くと、何と金峰山のアンテナ塔のライトらしきものが、くっきりと写っていた。この方向からは、肉眼では見辛く、余り目立たないものだが、流石にレンズはしっかりと拾ってくれているようだ。

熊本城ライトアップを前にして。

 そうしている内に、腹の虫は鳴りっ放し。結局、時間的に遅めの会食となったのだが、写真上のように、着座して間もなく骨付きラムの美味しい皿が目の前に。・・・一瞬、イタリアのルーフトップの骨付きラムの岩塩包み焼きを思い出した。

 しかし、日本人のシェフの調理法は繊細で味付けも素晴らしく、正直なところ、フランスやイタリアの現地レストランの料理よりも、同ホテルのフレンチの方がずっと美味しいと感じてしまうのである。

 これは私見ではあるが、同ホテルには国内ナンバーワンの帝国ホテルのフレンチの流れがあるようで、そのレベルは全国に通用するものだ。基本に忠実でもあり、且つコンテンポラリーな要素も沢山包含している。熊本県内でも希少価値のあるフレンチを提供するレストランとして、是非お薦めしたい。

 お陰様で、今宵は熊本城ライトアップを前にして、至福のひとときを過ごすことができた。

【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/
登録2012/05/11 15:24:35  更新2012/05/11 15:26:33