ロゼッタストーンBLOGニュース

PROFILE
ロゼッタストーンのオフィシャルBLOGです。ロゼッタストーンは1995年に熊本県第一号として生まれた異業種交流ポータルサイトで、現在は、フランスのパリ、カナダ、東京、静岡、京都、兵庫、沖縄など、国内外の特派員が日々アグレッシブに情報を発信しています。

その他、ロゼッタストーンはメディア融合を軸として、2005年にPODCAST、2007年に仮想現実3Dワールド・セカンドライフ、2010年にD&L TV(USTREAM番組)、2011年に先見塾(起業家および女流戦略家育成塾)をスタートし、多元的な情報発信と人材育成に尽力しています。

取材ご希望のところは、お気軽にご相談下さい。

※文責:西田親生


先見塾(BASIC/EXEC)
THE ROSETTA STONE
D&L TV(Ustream)
ロゼッタストーンブログver.1はこちら

製作著作
ディー・アンド・エルリサーチ(株)
マルチメディア事業部

RECENT INFORMATION
真のメディアとしての礎づくり
新・古それぞれのレンズ実験
最新鋭NIKON本体に、古いレンズ装着実験!
久々の、拘り珈琲!
カメラの設定に四苦八苦・・・
カメラの特性と表現力
一眼レフカメラとiPhone5の映像比較
不思議なマクロレンズの世界
Re BORN クラウンに遭遇!!
SIGMAレンズの実験!!
先見塾の写真撮影会開催!
素敵な父親と娘
心地よいグルメゾーンの構築が急務!!
カメラ専用バッグにTENBA!!
CATEGORY
災害情報 (5)
トピックス (36)
コラム・雑感 (43)
グルメ・料理・レストラン(お薦め食事処) (69)
宿・旅館・ホテル(観光情報) (14)
USTREAM TV(インターネットTV) (47)
先見塾(起業家育成塾) (477)
起業家情報 (6)
SecondLife(仮想現実世界) (0)
訃報 (1)
CALENDAR
2012 年 01 月
S M T W T F S
01
02
03
04
 
05
06
07
08
 
09
10
11
12
13
 
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
 
28
 
29
30
31
       
前月 BLOG TOP 翌月

RECENT IMAGE
ARCHIVES
2013/06 (20)
2013/05 (31)
2013/04 (28)
2013/03 (31)
2013/02 (27)
2013/01 (32)
2012/12 (31)
2012/11 (28)
2012/10 (27)
2012/09 (27)
2012/08 (31)
2012/07 (29)
  more ... ロゼッタストーンブログver.1

ロゼッタストーンブログver.1内検索

ディー・アンド・エルリサーチ株式会社

※取材記事及び写真ほかコンテンツの著作権は、全てディー・アンド・エルリサーチ株式会社に帰属します。よって、記事や写真の一部又は全部の転載・転用などを厳禁と致します。

  代表取締役社長 西田親生
お問い合わせ


計0846467 / 今日00234 / 昨日00538
2012/01/19 先見塾(起業家育成塾)
味のある顔が、実に素敵だ!
味のある顔が、実に素敵だ!

 顔というものは不思議な心のメッセージだと、知らず知らずの内に観察している私が居る。勿論、自分の顔もそうだが・・・年々歳々、顔全体やパーツの形状などが変形し、表情も日々微妙に変化して行くものなのである。

 歩きながら苦虫を潰したような顔、酒を飲み過ぎて浮腫んだ顔、日焼け過ぎで皺だらけになった顔、寝不足が続いたのか顔色の無い死にそうな顔、メイクアップに力が入り過ぎて化け猫のようになった顔、その他・・・寂しそうな顔、楽しそうな顔、落ち着きのない顔、辛そうな顔、自信のない顔、自信過剰な顔、涼しい顔、暑苦しい顔、色白の顔、色黒の顔、素直そうな顔、生意気そうな顔、素朴な顔、気取った顔・・・と、顔の表情やパターンは数限りないが、特に無意識な時ほどその人の「現在」を全て読み取る事ができる。

 頭蓋骨が土台となり、筋肉や皮膚などに包まれ顔の体裁が整ってくる訳だが、更に、眉や目、鼻、唇、耳、頭髪などのパーツが揃って、はじめて顔の表情がしっかりと見えてくる。・・・生まれながらにして美男美女(美形)であれば、それに越した事はない。しかしながら、どんなに美男美女の顔のパターンであるとしても、前述のように寝不足、気苦労などの物理的且つ精神的なネガティブ要因が付加されると、瞬く間に全く別人のような顔になってしまう。

 随分昔の話だが、或る先輩に「健康には十分留意せよ!しかし、精神衛生には特に留意せよ!」と言われ、その時ピンと来なかったのだが、年齢を重ねて来ると、当時の先輩のアドバイスがようやく分かるようになってきた。・・・時が経てば、「顔はその人の履歴書」ってことになるのか。

 私の特技の一つは、「出会った人物の表情やオーラ、ファッション、物腰、所作などなど、瞬間的にデジタルデータのように頭にインプットすること。」である。・・・数週間ぶり、数ヶ月ぶり、数年ぶりに会っても・・・最後に会った時と現在とを簡単に比較してしまう癖がある。特に女性のメイクの仕方や眉の角度、ラインの引き方、色合いなど・・・無意識の内にその変化や違いに気づいてしまう。便利なようだが、その人物が悪い方向へ進みつつある場合は、正直なところドキッとする。

 そんな中で一番安心できるのは、・・・美男美女ではなく、癒しのある顔、憎めない顔、愛らしい顔、可愛く間抜けな顔など・・・「味のある顔」を見ると、心の底からホッとしてしまう。例えば、極寒の地で「ほっとゆず」をゴクゴクと飲み干した瞬間の「ホッ」である。

 しかし、「味のある顔」と一口に言っても、具体的にどのようなものなのかを描写するには枚挙に遑はない。ただ、何時でも何処でも・・・第三者を「ホッ」とさせ、愉快にさせるような「味のある顔」が一番なのかと考える。・・・それは、「福笑い」の各パーツを緩めに左右非対称に置いたような・・・やや崩れかけたシンメトリカルな奥ゆかしい顔なのだろうと、勝手に想像を巡らしている次第。

 ※写真はイメージ

【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/
登録2012/01/19 02:07:10  更新2012/01/19 02:13:11