ロゼッタストーンBLOGニュース

PROFILE
ロゼッタストーンのオフィシャルBLOGです。ロゼッタストーンは1995年に熊本県第一号として生まれた異業種交流ポータルサイトで、現在は、フランスのパリ、カナダ、東京、静岡、京都、兵庫、沖縄など、国内外の特派員が日々アグレッシブに情報を発信しています。

その他、ロゼッタストーンはメディア融合を軸として、2005年にPODCAST、2007年に仮想現実3Dワールド・セカンドライフ、2010年にD&L TV(USTREAM番組)、2011年に先見塾(起業家および女流戦略家育成塾)をスタートし、多元的な情報発信と人材育成に尽力しています。

取材ご希望のところは、お気軽にご相談下さい。

※文責:西田親生


先見塾(BASIC/EXEC)
THE ROSETTA STONE
D&L TV(Ustream)
ロゼッタストーンブログver.1はこちら

製作著作
ディー・アンド・エルリサーチ(株)
マルチメディア事業部

RECENT INFORMATION
真のメディアとしての礎づくり
新・古それぞれのレンズ実験
最新鋭NIKON本体に、古いレンズ装着実験!
久々の、拘り珈琲!
カメラの設定に四苦八苦・・・
カメラの特性と表現力
一眼レフカメラとiPhone5の映像比較
不思議なマクロレンズの世界
Re BORN クラウンに遭遇!!
SIGMAレンズの実験!!
先見塾の写真撮影会開催!
素敵な父親と娘
心地よいグルメゾーンの構築が急務!!
カメラ専用バッグにTENBA!!
CATEGORY
災害情報 (5)
トピックス (36)
コラム・雑感 (43)
グルメ・料理・レストラン(お薦め食事処) (69)
宿・旅館・ホテル(観光情報) (14)
USTREAM TV(インターネットTV) (47)
先見塾(起業家育成塾) (477)
起業家情報 (6)
SecondLife(仮想現実世界) (0)
訃報 (1)
CALENDAR
2011 年 11 月
S M T W T F S
   
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
 
14
15
16
 
17
 
18
19
20
 
21
22
23
24
25
 
26
27
28
29
 
30
     
前月 BLOG TOP 翌月

RECENT IMAGE
ARCHIVES
2013/06 (20)
2013/05 (31)
2013/04 (28)
2013/03 (31)
2013/02 (27)
2013/01 (32)
2012/12 (31)
2012/11 (28)
2012/10 (27)
2012/09 (27)
2012/08 (31)
2012/07 (29)
  more ... ロゼッタストーンブログver.1

ロゼッタストーンブログver.1内検索

ディー・アンド・エルリサーチ株式会社

※取材記事及び写真ほかコンテンツの著作権は、全てディー・アンド・エルリサーチ株式会社に帰属します。よって、記事や写真の一部又は全部の転載・転用などを厳禁と致します。

  代表取締役社長 西田親生
お問い合わせ


計0677247 / 今日00014 / 昨日00143
2011/11/27 先見塾(起業家育成塾)
支えられた事への感謝の念を忘れずに。
支えられた事への感謝の念を忘れずに。

 起業家として、または女流戦略家として、親や兄弟が敷いたレールも無く、ゼロからのスタートするのは正しく茨の道。長い人生において何度も暗雲立込み、挫折を目の当たりにしては、それから再興して、必死に前に向かって走り出す。そしてまた挫折・・・そして再興・・・その繰り返しが起業家としての宿命でもある。

 苦しみに耐えながら長い歳月を経て、その人物が実績を積み重ね、成功という★を頂いたとしよう。・・・そこではっきりと見えて来るのが人間性であり、これは起業家として特に押さえておくべき重要なポイントでもある。

 話は30年ほど前に遡る。・・・或る料理人が修行中のレストランでカウンター越しに唐突に話しかけて来た。その時の彼はキラキラとして、初対面の私に「あの、近い内に独立して自分のレストランを作るんです。その時は、是非、足を運んでください。」と、すこぶる低姿勢で笑顔が素敵だった。

 約束通り、数ヶ月後、彼の店のオープン当日、ランチタイムに足を運んだのだった。行列ができるほどの盛況振りで、20分ほど待たされた。待っている間に厨房の動きを観察していたのだが、彼は多忙な中にも笑顔を絶やさず、私に向かって何度も会釈しながら人気メニューを数十人分作り続けていたのだった。

 それから数年後に会った時、以前の平身低頭だった彼の姿は消え去り、久し振りに会話を交わした瞬間に出た言葉・・・「昨年は4800万円ほど売り上げて、家には大きなテレビやデカイ車を買ったよ。また、新たな店舗を作るんで、また来て頂戴!」と、全く別人のような口調となり、見るに耐えないような奢りのオーラに包まれていた。

 また、十数年が経っただろうか。広報宣伝の件で相談があると言うので、新しい店に足を運んだのだが、彼の奢りのオーラは以前より況して凄まじいものとなっていた。一度打ち合わせを済ませているのにも関わらず、後日電話で「それは俺が決める事だ。」と大声を放っているではないか。

 確かに店は繁盛して、個人的にストックもある程度出来たのかも知れないが、「初心」を完全に忘れてしまったようで、初対面の時の生き生き、キラキラとしたフレッシュな感覚など一切無くなってしまっていた。

 その後、店がどうなっているのかは知る由もないのだが、彼の印象は「豹変」という言葉がすこぶる似合う人間として、現在私の記憶にとどまっている。・・・事業の成功は喝采に値するかも知れないが、人間性が欠落した状態では、折角長年支えてくれた多くのファンが、蜘蛛の子を散らすように去って行くのではないかと危惧した次第。

 そして2年前だったか、彼の伴侶を或る蕎麦屋で見掛けた事があった。しかし、私の方に目線を向け会釈する姿が余りにも暗く、曇りガラスを通して見る人影のようで、精彩を欠いていた。・・・店は繁盛していたはず。そして次のステップである新事業も上手く行っているはずなのだが、彼の「豹変」と「横暴さ」が原因で何かが起こったに違いないと第六感が働いた。

 いくら成功しようが、人間は「支えられた事への感謝の念」を決して忘れてはならないのである。

 「実るほど頭を垂れる稲穂かな」

 ※写真上は、ロゼッタストーンを支えて頂いている人たちのイメージ

【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/
登録2011/11/27 05:28:36  更新2011/11/27 22:43:46