ロゼッタストーンBLOGニュース

PROFILE
ロゼッタストーンのオフィシャルBLOGです。ロゼッタストーンは1995年に熊本県第一号として生まれた異業種交流ポータルサイトで、現在は、フランスのパリ、カナダ、東京、静岡、京都、兵庫、沖縄など、国内外の特派員が日々アグレッシブに情報を発信しています。

その他、ロゼッタストーンはメディア融合を軸として、2005年にPODCAST、2007年に仮想現実3Dワールド・セカンドライフ、2010年にD&L TV(USTREAM番組)、2011年に先見塾(起業家および女流戦略家育成塾)をスタートし、多元的な情報発信と人材育成に尽力しています。

取材ご希望のところは、お気軽にご相談下さい。

※文責:西田親生


先見塾(BASIC/EXEC)
THE ROSETTA STONE
D&L TV(Ustream)
ロゼッタストーンブログver.1はこちら

製作著作
ディー・アンド・エルリサーチ(株)
マルチメディア事業部

RECENT INFORMATION
真のメディアとしての礎づくり
新・古それぞれのレンズ実験
最新鋭NIKON本体に、古いレンズ装着実験!
久々の、拘り珈琲!
カメラの設定に四苦八苦・・・
カメラの特性と表現力
一眼レフカメラとiPhone5の映像比較
不思議なマクロレンズの世界
Re BORN クラウンに遭遇!!
SIGMAレンズの実験!!
先見塾の写真撮影会開催!
素敵な父親と娘
心地よいグルメゾーンの構築が急務!!
カメラ専用バッグにTENBA!!
CATEGORY
災害情報 (5)
トピックス (36)
コラム・雑感 (43)
グルメ・料理・レストラン(お薦め食事処) (69)
宿・旅館・ホテル(観光情報) (14)
USTREAM TV(インターネットTV) (47)
先見塾(起業家育成塾) (477)
起業家情報 (6)
SecondLife(仮想現実世界) (0)
訃報 (1)
CALENDAR
2011 年 09 月
S M T W T F S
       
01
02
 
03
 
04
05
06
07
08
09
10
11
 
12
13
14
 
15
16
17
18
19
20
21
 
22
23
24
25
26
27
 
28
 
29
 
30
 
 
前月 BLOG TOP 翌月

RECENT IMAGE
ARCHIVES
2013/06 (20)
2013/05 (31)
2013/04 (28)
2013/03 (31)
2013/02 (27)
2013/01 (32)
2012/12 (31)
2012/11 (28)
2012/10 (27)
2012/09 (27)
2012/08 (31)
2012/07 (29)
  more ... ロゼッタストーンブログver.1

ロゼッタストーンブログver.1内検索

ディー・アンド・エルリサーチ株式会社

※取材記事及び写真ほかコンテンツの著作権は、全てディー・アンド・エルリサーチ株式会社に帰属します。よって、記事や写真の一部又は全部の転載・転用などを厳禁と致します。

  代表取締役社長 西田親生
お問い合わせ


計0655764 / 今日00175 / 昨日00315
2011/09/23 先見塾(起業家育成塾)
演出の無い、最高の気配りとおもてなし・・・
演出の無い、最高の気配りとおもてなし・・・

 昨日、熊本県上天草にある「よしやホテルきらら停」と「松島観光ホテル岬亭」へ足を運んだ。・・・用件は「よしやホテルきらら停」のインターネット環境の調査及び「松島観光ホテル岬亭」の鉄板焼レストランの料理の試食。

 10日前は「向陽寺」の百寿合掌観世音が取材のメインターゲットであり、今回は龍ヶ岳町樋島にある「よしやホテルきらら停」のネット環境調査がメイン。・・・こういった場合、特に短時間の出張であれば、現地における時間配分に大変気を遣う。

 しかし、どれがメインで、どれがサブであるかも重要であるが、筆者としては全てをメインに取り上げるべく努力をしなければならないと、常々考えている。別件で調査に伺うのに、料理取材のプレッシャーを掛けたり手間暇を与えてはならず、逆に、料理取材であるにも関わらず、レストラン入りを大幅にずらすことも非礼となってしまう。

 今回、気付いたのは、2つのホテルの若女将、女将の素晴らしい気配りともてなしであった。

 「よしやホテルきらら停」では、調査が思ったよりも長引き、午前11時半に同ホテル入りしたにも関わらず、想定外の事が起こり、かなり時間を押してしまった。昼食時間に入ったのか、若女将が我々の前から姿を消してしまった。たぶん我々に対して、昼食の準備を始めたのかと・・・筆者も内心慌て始めたのである。

 何故なら午後1時過ぎに次のホテルのレストランでの料理試食及び取材を控えていたので、「きらら停」で食事を頂いては、双方に対して迷惑を掛ける事になり、どうすべきかを独り考えながらネット環境調査の作業を見守っていた。(随行したスタッフの腹はグルグルと鳴り始めている)

演出の無い、最高の気配りとおもてなし・・・

 そこへ若女将が現れ「お腹が空きでしょうから、宴会場の方へお食事を準備致しました。・・・次の取材がございましょうから、本当に量を少なく、味見程度にご準備してありますから!」と。

 既に午後2時を過ぎていた。当初、次のホテルの取材は午後1時の予定。これは困ったと一瞬思ったのだが・・・宴会場へ足を運ぶと上写真のように「鯛のあら炊き」とご飯、味噌汁、香の物、お茶が準備してあったのである。

 「なるほど、この量であれば同ホテルのランチを味見して、次へ行っても胃袋は余裕が有るな。有り難い!」と独り言を言いながら、出来立ての熱々の「鯛のあら炊き」をむさぼり食ったのである。すこぶる旨かった!

 途中、次のホテルの女将からはメールで「午後3時過ぎにご準備していますので、宜しくお願いします。」と、我々に慌てず急がずゆっくりと事故の無いように移動するよう、温かいメッセージが届いていた。

演出の無い、最高の気配りとおもてなし・・・
◎よしやホテルきらら停若女将

 普通であれば、自分のところが一番であり、最優先のような我が儘を炸裂する女将が多いのだが、今回の調査及び取材を終えて、流石に熊本県を代表する女将たちであると思った次第。

 午前11時半に龍ヶ岳町入りして、それから松島町へとんぼ返りする僅か5時間での出来事。・・・大変勉強になった次第。相手の立場、相手のリアルタイムの動きなどをつぶさに観察、予測しての気配りは、なかなか出来る事ではなく、相当な訓練が必要である。

 ゆるい関係を優先しがちなSNSの世界において、言葉だけの演出(画面の向こうでは何とでも言える)が頻繁に垣間見れるのであるが、このような女将たちの日頃からの気配り(常に真剣勝負)を簡単に真似る事など出来るはずも無い。・・・真似ている人もいるが、重みが無い。

 言葉も大切。しかし、気配りやもてなしとは・・・前述の女将たちの適時適切な動きとコミュニケーションが全てを物語っているのではないか。・・・今回の調査及び取材において、この上ない幸福感と感謝の念を抱いた筆者(随行した方々も含む)であった。

【先見塾公式サイト】
 http://www.senkenjyuku.com/

【よしやホテルきらら停公式サイト】
 http://www.kiraratei.net/

【松島観光ホテル岬亭公式サイト】
 http://www.misakitei.co.jp/

登録2011/09/23 16:33:19  更新2011/09/23 18:20:22