ロゼッタストーンBLOGニュース

PROFILE
ロゼッタストーンのオフィシャルBLOGです。ロゼッタストーンは1995年に熊本県第一号として生まれた異業種交流ポータルサイトで、現在は、フランスのパリ、カナダ、東京、静岡、京都、兵庫、沖縄など、国内外の特派員が日々アグレッシブに情報を発信しています。

その他、ロゼッタストーンはメディア融合を軸として、2005年にPODCAST、2007年に仮想現実3Dワールド・セカンドライフ、2010年にD&L TV(USTREAM番組)、2011年に先見塾(起業家および女流戦略家育成塾)をスタートし、多元的な情報発信と人材育成に尽力しています。

取材ご希望のところは、お気軽にご相談下さい。

※文責:西田親生


先見塾(BASIC/EXEC)
THE ROSETTA STONE
D&L TV(Ustream)
ロゼッタストーンブログver.1はこちら

製作著作
ディー・アンド・エルリサーチ(株)
マルチメディア事業部

RECENT INFORMATION
真のメディアとしての礎づくり
新・古それぞれのレンズ実験
最新鋭NIKON本体に、古いレンズ装着実験!
久々の、拘り珈琲!
カメラの設定に四苦八苦・・・
カメラの特性と表現力
一眼レフカメラとiPhone5の映像比較
不思議なマクロレンズの世界
Re BORN クラウンに遭遇!!
SIGMAレンズの実験!!
先見塾の写真撮影会開催!
素敵な父親と娘
心地よいグルメゾーンの構築が急務!!
カメラ専用バッグにTENBA!!
CATEGORY
災害情報 (5)
トピックス (36)
コラム・雑感 (43)
グルメ・料理・レストラン(お薦め食事処) (69)
宿・旅館・ホテル(観光情報) (14)
USTREAM TV(インターネットTV) (47)
先見塾(起業家育成塾) (477)
起業家情報 (6)
SecondLife(仮想現実世界) (0)
訃報 (1)
CALENDAR
2011 年 09 月
S M T W T F S
       
01
02
 
03
 
04
05
06
07
08
09
10
11
 
12
13
14
 
15
16
17
18
19
20
21
 
22
23
24
25
26
27
 
28
 
29
 
30
 
 
前月 BLOG TOP 翌月

RECENT IMAGE
ARCHIVES
2013/06 (20)
2013/05 (31)
2013/04 (28)
2013/03 (31)
2013/02 (27)
2013/01 (32)
2012/12 (31)
2012/11 (28)
2012/10 (27)
2012/09 (27)
2012/08 (31)
2012/07 (29)
  more ... ロゼッタストーンブログver.1

ロゼッタストーンブログver.1内検索

ディー・アンド・エルリサーチ株式会社

※取材記事及び写真ほかコンテンツの著作権は、全てディー・アンド・エルリサーチ株式会社に帰属します。よって、記事や写真の一部又は全部の転載・転用などを厳禁と致します。

  代表取締役社長 西田親生
お問い合わせ


計0655412 / 今日00138 / 昨日00273
2011/09/19 先見塾(起業家育成塾)
「キザオちゃん」の人生とは・・・
「キザオちゃん」の人生とは・・・

 昔、親から「下手な考え休みに似たる」という言葉をよく聞かされた。当時、自分の考え方がそんなに稚拙でレベルが低いのか!?と、日々自問自答していた頃があった。

 幼少期を思い起こしてみると、周囲にはクヨクヨしている自分の姿だけが目立っていたのだろうか!?・・・知識もない、知恵もない、先を見据えて即断即決する度胸もない・・ナイナイ尽しであった。

 「知識→知恵→洞察力→判断力」、それらの歯車が噛み合わない稚拙な自分自身に気付かない頃の話なのだが・・・。数年前だったか、或る相談事をあちこちへ持ちかける癖のある人物と出会った事があった。その人物、楽しい会食であるべき場においても、機関銃の様に何度も妙な質問を繰り返している。

 質問を投げかけるのは別に悪い事ではないが、度が過ぎれば、単に「不信感」を持って話しているようにしか見えないのだ。「不信感」だらけのヒューマン・リレーションシップをお望みならば、最初からこの場で接点を持たねば良いのにと、目を覆いたくなってしまう。

 そのような人物は、先ず自分自身に酔いしれた人生を送っており、巷の「キザオちゃん」の典型的なオーラを放つ田舎者に多い。・・・筆者の経験上、企業経営者の二代目、三代目で、大学を卒業して間もなく父親の会社の役付きになっている。力量があるのならば当然の役付きだが、それは全くない。

 幼い頃から周囲の年長者にチヤホヤされて、自分の立場というものを全く把握出来ないままの状態。このような人物は、幼少期にちゃんとした躾、教育をしない家庭に育ちやすく、人の価値より物や金に執着している点が共通しているようだ。

 昔、文豪が足を運んだ凄い宿と思い込み、その文豪と同じレベルだと勘違いしている「キザオちゃん」。しかし、本人は全く礼節を弁える事もなく、無意識なままに公然と醜態を曝け出してしまう。・・・「もてなしの心」など皆無に等しい。

 また、そのような人物はすこぶる権威、権力に弱く、モヤシの様な小心者が多い。有名人、地元実力者への諂いに関しては、Aクイック並みの素早さで東奔西走している。ピノキオの操り人形のような挙動が実に滑稽でもある。

 良い家柄の育ちであれば、先ずはその家柄に泥を塗るような事は避けるべきであろう。(家柄なんぞは全く関係はないのだが)・・・その「キザオちゃん」、逃げ場だけはちゃんとそこにあると、またもや勘違いの連続だ。

 不惑の歳を過ぎ、五十前後になると、本人も「気付き」が出て来るのかも知れないが、それでは短い人生遅過ぎる感がある。万が一、親もまた親であれば、優れた処方箋もなく、生涯気付かぬままに、「キザオ」人生を送ってしまうのかも知れない。・・・実に情けない。

 要らぬ世話だが、世間では「出来の悪い子供ほど可愛い」と言うが、それには限度がある。

【先見塾公式サイト】
 http://www.senkenjyuku.com/
登録2011/09/19 05:01:55  更新2011/09/19 05:46:58