ロゼッタストーンBLOGニュース

PROFILE
ロゼッタストーンのオフィシャルBLOGです。ロゼッタストーンは1995年に熊本県第一号として生まれた異業種交流ポータルサイトで、現在は、フランスのパリ、カナダ、東京、静岡、京都、兵庫、沖縄など、国内外の特派員が日々アグレッシブに情報を発信しています。

その他、ロゼッタストーンはメディア融合を軸として、2005年にPODCAST、2007年に仮想現実3Dワールド・セカンドライフ、2010年にD&L TV(USTREAM番組)、2011年に先見塾(起業家および女流戦略家育成塾)をスタートし、多元的な情報発信と人材育成に尽力しています。

取材ご希望のところは、お気軽にご相談下さい。

※文責:西田親生


先見塾(BASIC/EXEC)
THE ROSETTA STONE
D&L TV(Ustream)
ロゼッタストーンブログver.1はこちら

製作著作
ディー・アンド・エルリサーチ(株)
マルチメディア事業部

RECENT INFORMATION
真のメディアとしての礎づくり
新・古それぞれのレンズ実験
最新鋭NIKON本体に、古いレンズ装着実験!
久々の、拘り珈琲!
カメラの設定に四苦八苦・・・
カメラの特性と表現力
一眼レフカメラとiPhone5の映像比較
不思議なマクロレンズの世界
Re BORN クラウンに遭遇!!
SIGMAレンズの実験!!
先見塾の写真撮影会開催!
素敵な父親と娘
心地よいグルメゾーンの構築が急務!!
カメラ専用バッグにTENBA!!
CATEGORY
災害情報 (5)
トピックス (36)
コラム・雑感 (43)
グルメ・料理・レストラン(お薦め食事処) (69)
宿・旅館・ホテル(観光情報) (14)
USTREAM TV(インターネットTV) (47)
先見塾(起業家育成塾) (477)
起業家情報 (6)
SecondLife(仮想現実世界) (0)
訃報 (1)
CALENDAR
2011 年 09 月
S M T W T F S
       
01
02
 
03
 
04
05
06
07
08
09
10
11
 
12
13
14
 
15
16
17
18
19
20
21
 
22
23
24
25
26
27
 
28
 
29
 
30
 
 
前月 BLOG TOP 翌月

RECENT IMAGE
ARCHIVES
2013/06 (20)
2013/05 (31)
2013/04 (28)
2013/03 (31)
2013/02 (27)
2013/01 (32)
2012/12 (31)
2012/11 (28)
2012/10 (27)
2012/09 (27)
2012/08 (31)
2012/07 (29)
  more ... ロゼッタストーンブログver.1

ロゼッタストーンブログver.1内検索

ディー・アンド・エルリサーチ株式会社

※取材記事及び写真ほかコンテンツの著作権は、全てディー・アンド・エルリサーチ株式会社に帰属します。よって、記事や写真の一部又は全部の転載・転用などを厳禁と致します。

  代表取締役社長 西田親生
お問い合わせ


計0654606 / 今日00248 / 昨日00336
2011/09/06 先見塾(起業家育成塾)
デジタル時代の怖い話
デジタル時代の怖い話

 世界を席巻しつつあるSNSが、波状攻撃の如く、お構いなしに日本に上陸して来たここ数年間を振り返ると、何か違和感、虚無感だけを感じる今日この頃・・・。

 特に、文明の利器の代表格でもある携帯電話、スマートフォン、iPhoneなどは、確かに便利なもので、オフィシャルでもプライベートでも不可欠なツールと化しており、その恩恵に与っているのは否めない事実である。

 しかしながら、その使い方によっては、凶器やトラップにもなり、知らず知らずの内に温かな人としてのコミュニケーションが歪められ、非道、冷酷、抑揚の無さ、無責任といった、無表情な人間像を創り出しているのではないかと危惧する次第。

 何をしていても携帯の音に苛まれ、集中力が極端に落ちてしまう。日々貴重な時間をダラダラとした長電話やメール、通信ゲームに奪われ、本来の人間らしいライフスタイルをも失い、従来の穏やかで落ち着いた時空間から突然弾き飛ばされた感がある。

 単に楽しければ良いといった「ゆるい関係」は虚像そのもの。下心見え見えの群がる人々の「いいね!」は、軽薄そのもの。子供の居る親であるのなら、尚更の事。ちょっとした美女へ歯の揺らぐようなコメントを残す人が居る。・・・親父が自分の親であるのなら、情けなさだけが腹一杯に充満してしまいそうだ。

 自己申告で記述されたプロフィールを垣間見る度に、「虚栄・売名に走ってお疲れさま!」と言いたくなってしまう。数字に踊らされ、煽動され、いつの間にか洗脳される多くのデジタル麻痺族。・・・虚像を追ってばかりいると、自分の立場さえも見失ってしまうのである。

 畢竟、人は人としての「大義」の存在を見出し、歪められたライフスタイルのベクトル修正に、とことん傾注する時期ではないかと考える次第。・・・一回きりの大切な人生において、汚点だけは残したく無い。何故なら、それを簡単に「COPY & PASTE」の上書きで塗り替える事は出来ないのだから。

【先見塾公式サイト】
 http://www.senkenjyuku.com/

登録2011/09/06 07:35:49  更新2011/09/06 07:41:59