ロゼッタストーンBLOGニュース

PROFILE
ロゼッタストーンのオフィシャルBLOGです。ロゼッタストーンは1995年に熊本県第一号として生まれた異業種交流ポータルサイトで、現在は、フランスのパリ、カナダ、東京、静岡、京都、兵庫、沖縄など、国内外の特派員が日々アグレッシブに情報を発信しています。

その他、ロゼッタストーンはメディア融合を軸として、2005年にPODCAST、2007年に仮想現実3Dワールド・セカンドライフ、2010年にD&L TV(USTREAM番組)、2011年に先見塾(起業家および女流戦略家育成塾)をスタートし、多元的な情報発信と人材育成に尽力しています。

取材ご希望のところは、お気軽にご相談下さい。

※文責:西田親生


先見塾(BASIC/EXEC)
THE ROSETTA STONE
D&L TV(Ustream)
ロゼッタストーンブログver.1はこちら

製作著作
ディー・アンド・エルリサーチ(株)
マルチメディア事業部

RECENT INFORMATION
真のメディアとしての礎づくり
新・古それぞれのレンズ実験
最新鋭NIKON本体に、古いレンズ装着実験!
久々の、拘り珈琲!
カメラの設定に四苦八苦・・・
カメラの特性と表現力
一眼レフカメラとiPhone5の映像比較
不思議なマクロレンズの世界
Re BORN クラウンに遭遇!!
SIGMAレンズの実験!!
先見塾の写真撮影会開催!
素敵な父親と娘
心地よいグルメゾーンの構築が急務!!
カメラ専用バッグにTENBA!!
CATEGORY
災害情報 (5)
トピックス (36)
コラム・雑感 (43)
グルメ・料理・レストラン(お薦め食事処) (69)
宿・旅館・ホテル(観光情報) (14)
USTREAM TV(インターネットTV) (47)
先見塾(起業家育成塾) (477)
起業家情報 (6)
SecondLife(仮想現実世界) (0)
訃報 (1)
CALENDAR
2011 年 07 月
S M T W T F S
         
01
 
02
03
 
04
 
05
06
07
08
 
09
10
11
12
13
 
14
 
15
 
16
 
17
 
18
19
 
20
 
21
 
22
23
 
24
 
25
 
26
27
28
 
29
30
31
           
前月 BLOG TOP 翌月

RECENT IMAGE
ARCHIVES
2013/06 (20)
2013/05 (31)
2013/04 (28)
2013/03 (31)
2013/02 (27)
2013/01 (32)
2012/12 (31)
2012/11 (28)
2012/10 (27)
2012/09 (27)
2012/08 (31)
2012/07 (29)
  more ... ロゼッタストーンブログver.1

ロゼッタストーンブログver.1内検索

ディー・アンド・エルリサーチ株式会社

※取材記事及び写真ほかコンテンツの著作権は、全てディー・アンド・エルリサーチ株式会社に帰属します。よって、記事や写真の一部又は全部の転載・転用などを厳禁と致します。

  代表取締役社長 西田親生
お問い合わせ


計0847607 / 今日00242 / 昨日00634
2011/07/10 先見塾(起業家育成塾)
素敵な宿には、素晴らしい客が集う!
素敵な宿には、素晴らしい客が集う!

素敵な宿には、素晴らしい客が集う!

 昨年春からスタートしたD&L TV。そのメイン番組が今年になり「熊本弁呪文講座」から「満漢全席」に替わり、松島観光ホテル岬亭(熊本県上天草市松島町)と瑞鷹株式会社(熊本市)のスポンサードで放送を続けて来た。

 今回、更に上天草市龍ヶ岳町樋島にある「よしやホテル きらら停」の協賛が決定した。USTREAMを動的情報発信の核として、WEB、BLOGやその他SNSとの連動を推進しているポータルサイト・ロゼッタストーンにとって、すこぶる追い風となる良い知らせでもあった。

 そもそも「西田親生の満漢全席」は、筆者が長年にわたり取材して来た国内外のクイジーン(和食・寿司・四川・広東・フレンチ・イタリアン・鉄板焼など)を紹介する番組としてスタートしたのだが、これからは熊本県内外の観光名所や一際異彩のある「宿(ホテル・旅館)」のレアな情報、歴史と伝統を受け継ぐ「匠(たくみ)」もテーマに加えながら、番組構成を新たに再スタートしようと考える次第。

 ネット着手当時から行政主導型の「観光立県」について、常に疑問を投げ続けて来た。・・・畢竟、「素敵な宿には、素晴らしい客が集う!」という事が良く理解出来たように思える。逆もまた真なりで「素晴らしい客が集う処は、素敵な宿!」なのだ。

 ここで「素敵な宿」というのは何ぞや?・・・筆者なりに数十年間検証に検証を重ねて来た結果、一つ結論が・・・。

 それは、ほとんどが同族である「宿」については、「経営者の資質・人格」が重要なファクターとなり、大手企業のホテルについては「帝国ホテルの十則」や「リッツのクレド」のように、ホテルグループ全体の統一化された規律やモラルがしっかりしている否かで、宿として、ホテルとしての価値が大きく左右されてしまう。

 特に田舎の「宿」については、地方のナローエリアで資産家、知名士として胡座をかいているのかも知れない。・・しかし、そのような奢りや稚拙さでは、足を運んで来るお客に対して、真心の籠った接遇ができるはずもない。観光業界以外を「業者」と見下し、水面下では競合する企業や人物への誹謗中傷を繰り返しながら、妙な噂を流し、下手をすると直接間接に業務妨害を平気でやってしまう悪質な「宿」や「観光施設」の経営者も少なく無い。・・所謂、「燕雀知らず天地の高さ」である。

 一言で「稚拙・人格欠損」そのものなのだが、それが実態であるのならば、これから何十年経っても熊本県の「観光立県」などできるはずがない。・・・皇族の方々やその他VIPが宿泊された歴史と伝統のある「宿」が、最近では根こそぎ廃業や倒産に追い込まれている事実。・・・これは、天災や不景気という単純な要因だけではなく、長年にわたる「横柄な胡座のかき方」が大きな原因ではないかと考えられる。

 サービス業の原点は、「真摯」であること。更に、周囲に対しては「共存共栄」なのだ。・・・水面下で小手先の稚拙な企てに奢れる「宿」の経営者に対して、全国のお客が警鐘を鳴らし始めていることに気付かねばならない。





▼天草の頑張る宿、頑張るお寺、頑張るケーキ職人。

【松島観光ホテル 岬亭公式サイト】
 http://www.misakitei.co.jp/

【よしやホテル きらら停公式サイト】
 http://www.kiraratei.net/

【向陽寺/ギター和尚公式サイト】
 http://www.dandl.co.jp/koyoji/

【維新之蔵公式サイト】
 http://www.ishinnokura.com/
登録2011/07/10 16:32:36  更新2011/07/10 23:32:46