ロゼッタストーンBLOGニュース

PROFILE
ロゼッタストーンのオフィシャルBLOGです。ロゼッタストーンは1995年に熊本県第一号として生まれた異業種交流ポータルサイトで、現在は、フランスのパリ、カナダ、東京、静岡、京都、兵庫、沖縄など、国内外の特派員が日々アグレッシブに情報を発信しています。

その他、ロゼッタストーンはメディア融合を軸として、2005年にPODCAST、2007年に仮想現実3Dワールド・セカンドライフ、2010年にD&L TV(USTREAM番組)、2011年に先見塾(起業家および女流戦略家育成塾)をスタートし、多元的な情報発信と人材育成に尽力しています。

取材ご希望のところは、お気軽にご相談下さい。

※文責:西田親生


先見塾(BASIC/EXEC)
THE ROSETTA STONE
D&L TV(Ustream)
ロゼッタストーンブログver.1はこちら

製作著作
ディー・アンド・エルリサーチ(株)
マルチメディア事業部

RECENT INFORMATION
真のメディアとしての礎づくり
新・古それぞれのレンズ実験
最新鋭NIKON本体に、古いレンズ装着実験!
久々の、拘り珈琲!
カメラの設定に四苦八苦・・・
カメラの特性と表現力
一眼レフカメラとiPhone5の映像比較
不思議なマクロレンズの世界
Re BORN クラウンに遭遇!!
SIGMAレンズの実験!!
先見塾の写真撮影会開催!
素敵な父親と娘
心地よいグルメゾーンの構築が急務!!
カメラ専用バッグにTENBA!!
CATEGORY
災害情報 (5)
トピックス (36)
コラム・雑感 (43)
グルメ・料理・レストラン(お薦め食事処) (69)
宿・旅館・ホテル(観光情報) (14)
USTREAM TV(インターネットTV) (47)
先見塾(起業家育成塾) (477)
起業家情報 (6)
SecondLife(仮想現実世界) (0)
訃報 (1)
CALENDAR
2011 年 04 月
S M T W T F S
         
01
02
 
03
 
04
 
05
 
06
 
07
08
 
09
10
 
11
12
13
14
 
15
16
 
17
18
19
20
 
21
 
22
 
23
 
24
25
 
26
 
27
28
29
 
30
前月 BLOG TOP 翌月

RECENT IMAGE
ARCHIVES
2013/06 (20)
2013/05 (31)
2013/04 (28)
2013/03 (31)
2013/02 (27)
2013/01 (32)
2012/12 (31)
2012/11 (28)
2012/10 (27)
2012/09 (27)
2012/08 (31)
2012/07 (29)
  more ... ロゼッタストーンブログver.1

ロゼッタストーンブログver.1内検索

ディー・アンド・エルリサーチ株式会社

※取材記事及び写真ほかコンテンツの著作権は、全てディー・アンド・エルリサーチ株式会社に帰属します。よって、記事や写真の一部又は全部の転載・転用などを厳禁と致します。

  代表取締役社長 西田親生
お問い合わせ


計0519027 / 今日00066 / 昨日00233
2011/04/30 先見塾(起業家育成塾)
マグネシウムのような人間は大成しない!
マグネシウムのような人間は大成しない!

マグネシウムのような人間は大成しない!

 喰いつきは良いが、飽きっぽい、マグネシウムのような人間は大成しない。燃えたら一瞬にして灰になる。しかし、性懲りも無くまたもやマグネシウムを纏(まと)ってしまう。

 この一年を振り返ってみても、善人顔しているが目立とう精神でコバンザメ。だんだんと本性が見え出し、ワザトラマンの言い訳をしては、日々パッチワークのような人生を歩んでいる人間を多く見かけて来た。

 目の前に何か起これば、人のせい、不慮の事故のせい。自分自身の稚拙さとその醜態ぶりが、全く見えていない人間なのである。自己満足の毎日に飽きては、またベクトルを変えて行く広角打法。実に情けない。

 その人たちは自分の周りを地球が回っていると思い込んでいる。・・・頭を垂れて、真面目に地球の周りを走ってくれれば良いものの。小粒なら小粒なりに、一所懸命動いていると、必ず誰かが認めてくれるのに。

 大ボラ、虚栄、大騒ぎ。世の中に何もならない絵空事を豪語していても、誰も見向きはしないだろう。・・・人生は点のように短く、その炎は意外に早く消えてしまうのである。


【先見塾公式サイト】
 http://www.senkenjyuku.com/





登録2011/04/30 00:05:45  更新2011/04/30 09:32:02   

2011/04/28 先見塾(起業家育成塾)
熱意と視野狭窄は表裏一体の関係!
熱意と視野狭窄は表裏一体の関係!

熱意と視野狭窄は表裏一体の関係!


 自分の「熱意・情熱」を第三者へ伝える事はなかなか容易ではない。しかし、それが余りにも偏ったベクトルにおいて、自分本位で且つ視野狭窄な見解であれば、それは伝えたくても伝わるはずも無く、下手な一人芝居となってしまう。

 仕事をする上で「熱意・情熱」は不可欠なファクターでもある。・・・その「熱意・情熱」をもって動くのであれば、そのプロセスにおいて如何なる外的要因によっても、そのベクトルを曲げるべきではない。最初から曲げるくらいの気持ちであれば継続もままならず、成功への道が遠ざかってしまうのだ。

 「先見塾」では「知識・知恵・洞察力・判断力(即断即決)」もセミナーの内容に取り入れて行くのだが、大抵の人はスタート時点で大きな決断を表明していたとしても、後々自分の都合だけの稚拙な理由によって、簡単に折れ萎んでしまうケースが多々ある。

 それは起業家として、本人の読みの浅さと大きな決断における中途半端な意思表明でしかない。どんなに起業していても、周囲の方々の理解や協力無くしては、何も動くはずも無い事を常に頭に入れて、慎重な判断、行動をすべきである。

 熱意と視野狭窄は表裏一体の関係。新たな事業やプロジェクトにおいて、全体像を良く把握し、自分のポジショニングを履き違わないようにしなければ、ある日突然心に大きな穴が開いてしまう。それは視野狭窄な判断がそうさせているのであり、デジタルの世界であれば、一瞬にしてその熱意が1から0に切り替わり・・・トーンダウンとなってしまう。

 無駄な時間と労力だけに苛立ちを覚え、更にその結末に対して自分の正当化の為に、屁理屈や色んな外的要因による言い訳をせざるを得なくなってしまう。・・・起業家たるもの、洞察力を身につけ、視野を大きく開き、間違いの無い判断の下に、新たな事業に邁進すべきだと考える次第。

先見塾 塾頭 西田親生


【先見塾公式サイト】
 http://www.senkenjyuku.com/
 


登録2011/04/28 19:13:04  更新2011/04/28 19:28:15   

2011/04/27 先見塾(起業家育成塾)
起業家を待ち受ける危険な罠!!
起業家を待ち受ける危険な罠!!

起業家を待ち受ける危険な罠!!

 起業はしたものの、取り巻きや取引企業に恵まれなければ・・・折角の技術やノウハウが知らぬ所でそのまま転用されたり、また騙されたりして、時にはどん底の時代を送る事にもなりかねない。

 今回は実例サンプルのいくつかを以下の通りご紹介したいと思う。

【ブローカーの企み】

 十数年前の事。或る人物がコンピュータグラフィックスによるシミュレーション動画(フルCG)製作の話を、某代理店とともに持ち込んで来た。どうみても3ヶ月以上の製作期間を要するものだったが、代理店の営業マン曰く「予算が400万円しかないので、当社が20%の80万円、代理店手数料を差し引いた残りの320万円で作ってもらえないか!」と。

 有名国立大学教授の学説に基づくもので、製作するには価値あるものに見える。しかし、蓋を開けると・・・依頼主と代理店の間に入った一人のブローカーが居て、その人物が依頼主から3000万円(ハード、ソフトの総額)を捻出させ、代理店側へはソフト製作予算を400万円(格安)と偽り、それを鵜呑みにした代理店が契約書を持参したという事例。

 ちなみに、そのブローカーは家族全員で長期ヨーロッパの旅へ。


【立派なパンフレットに大きな穴あり】

 社会貢献のような素晴らしい内容で、且つお金を随分掛けたような立派なパンフレット。如何にも内容はきちっとしたように見える。どう見ても善人の集まりの新プロジェクトに見えてしまう。

 しかし、そのパンフレットに記載されている別施設の住所でGoogle Mapsで検索すると、全く別会社の上にピンが立ち、その会社は同パンフレットに記載されている内容とは全く異なる事業展開をしている。・・・単に、別の会社の一室か、デスクか、又は電話とファックスだけを設置して、如何にも大きな施設のように見せかける手法なのか。

 特に国の許認可が必要な分野であれば尚更の事。ネットでのリサーチや担当部署などへ直接電話をして、真偽のチェックするのも重要なポイントである。


【契約書を見て激怒した広告代理店】

 他県のスポンサーからコマーシャル製作依頼があって、その広告代理店を訪問した時の事。契約書を差し出すと、間髪を入れず「何?契約書だと。あんたらは我々を信用しないのか?」と。・・・信用出来る環境下で仕事をする為に契約書は必要なのだが、どうもこの業界では契約書は不要のようである。

 しかし、どんなに契約書、覚書を交わしていたとしても、互いに決裂するような重大なトラブルが生じると、荒手の悪徳弁護士を使い「契約書が有ろうが無かろうが、全ての契約を破棄する!」といった文言の内容証明書が届くような時代となってしまった。

------------------

 上記の様に、色々な手法を用いて歩み寄ってくる詐欺軍団。枚挙に遑がないほど、この数十年間、何度となく目の当たりにして来た。・・・しかしながら、人は十人十色、千差万別。・・・人間不信に陥るほどだが・・・想定外の事が頻発するのが商取引の世界である事を再認識しなければならない。

 見識高く視野が広いと豪語している人でも、簡単に掛かりやすい罠の数々。このような危険極まりない事例も含め、起業家として健全な道を歩む為の羅針盤として、「先見塾」では実践的且つリアルで生々しいお話をして行きたいと考えている次第。

先見塾 塾頭 西田親生


【先見塾公式サイト】
 http://www.senkenjyuku.com/
 

登録2011/04/27 03:28:04  更新2011/04/27 03:41:57