ロゼッタストーンBLOGニュース

PROFILE
ロゼッタストーンのオフィシャルBLOGです。ロゼッタストーンは1995年に熊本県第一号として生まれた異業種交流ポータルサイトで、現在は、フランスのパリ、カナダ、東京、静岡、京都、兵庫、沖縄など、国内外の特派員が日々アグレッシブに情報を発信しています。

その他、ロゼッタストーンはメディア融合を軸として、2005年にPODCAST、2007年に仮想現実3Dワールド・セカンドライフ、2010年にD&L TV(USTREAM番組)、2011年に先見塾(起業家および女流戦略家育成塾)をスタートし、多元的な情報発信と人材育成に尽力しています。

取材ご希望のところは、お気軽にご相談下さい。

※文責:西田親生


先見塾(BASIC/EXEC)
THE ROSETTA STONE
D&L TV(Ustream)
ロゼッタストーンブログver.1はこちら

製作著作
ディー・アンド・エルリサーチ(株)
マルチメディア事業部

RECENT INFORMATION
真のメディアとしての礎づくり
新・古それぞれのレンズ実験
最新鋭NIKON本体に、古いレンズ装着実験!
久々の、拘り珈琲!
カメラの設定に四苦八苦・・・
カメラの特性と表現力
一眼レフカメラとiPhone5の映像比較
不思議なマクロレンズの世界
Re BORN クラウンに遭遇!!
SIGMAレンズの実験!!
先見塾の写真撮影会開催!
素敵な父親と娘
心地よいグルメゾーンの構築が急務!!
カメラ専用バッグにTENBA!!
CATEGORY
災害情報 (5)
トピックス (36)
コラム・雑感 (43)
グルメ・料理・レストラン(お薦め食事処) (69)
宿・旅館・ホテル(観光情報) (14)
USTREAM TV(インターネットTV) (47)
先見塾(起業家育成塾) (477)
起業家情報 (6)
SecondLife(仮想現実世界) (0)
訃報 (1)
CALENDAR
2020 年 05 月
S M T W T F S
         
01
 
02
 
03
 
04
 
05
 
06
 
07
 
08
 
09
 
10
 
11
 
12
 
13
 
14
 
15
 
16
 
17
 
18
 
19
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
31
 
           
前月 BLOG TOP 翌月

ARCHIVES
2013/06 (20)
2013/05 (31)
2013/04 (28)
2013/03 (31)
2013/02 (27)
2013/01 (32)
2012/12 (31)
2012/11 (28)
2012/10 (27)
2012/09 (27)
2012/08 (31)
2012/07 (29)
2012/06 (26)
2012/05 (26)
2012/04 (22)
2012/03 (16)
2012/02 (31)
2012/01 (29)
2011/12 (28)
2011/11 (28)
2011/10 (15)
2011/09 (22)
2011/08 (25)
2011/07 (18)
2011/06 (17)
2011/05 (11)
2011/04 (14)
2011/03 (21)
2011/02 (7)
ロゼッタストーンブログver.1

ロゼッタストーンブログver.1内検索

ディー・アンド・エルリサーチ株式会社

※取材記事及び写真ほかコンテンツの著作権は、全てディー・アンド・エルリサーチ株式会社に帰属します。よって、記事や写真の一部又は全部の転載・転用などを厳禁と致します。

  代表取締役社長 西田親生
お問い合わせ


2012/08/04 起業家情報
熊本は夏祭り、しかし・・・。
熊本は夏祭り、しかし・・・。

 熊本市内は、昨日から明日の日曜日に掛けて「火の国祭り」が開催されている。外は照りつける太陽光が眩しく痛いくらいの晴天。昨日も一日中車の往来が激しく、街中のアーケード街は大勢の人が屯していた。・・・しかし、何となく胸のもやもやが取れず、祭りどころの騒ぎではないのではと。

 それは、先般の九州北部豪雨による甚大な被害を受けた地域の復興や犠牲者の弔いも終わっていないこの時期に、強行に祭りを開催し、賑々しくこの夏を乗り切るような、デリカシーの無さに少々疑義の念を持たざるを得ないのである。

 祭りを敢行する行政サイドやそれに関わる商店街の判断も甘すぎる。毎度のこと、助成金ありきで動いている他力本願の古い商店街にも閉口するしかない。常に我先にと私利私欲だけが暴走してしまい、甚大な被害に対しても「他人事」で済ませるのだろうか。自分自身がその立場や状況下にある場合を想定して、人の道を外れず適正な判断を下しているのか否か、首を傾げてしまう。

 道路行政ワースト日本一の熊本県。そろそろ学園都市構想と大規模ショッピングゾーン構想をジョイントし、全く別のスペースで大規模な都市開発(最大規模の新たなアーケード街などを含む)を行う必要性が出てきたのではないか。・・・観光立県を目指すのであれば、尚更のこと。ちょっと人が寄れば、指定されたタクシー待機箇所をグルグルとタクシーが徐行しながら数珠繋がりとなる。結局は道路の片方一車線を埋め尽くし、渋滞を引き起こしているに過ぎない。いつ見ても、異様な光景である。

 勿論・・・人が沢山集まれば、確かにお金も落ちる。地域活性化というアバウトな線引きが、本当に公共の利益なのだろうか。結局は個人商店や百貨店の売り上げに貢献しているに過ぎず、本来の公共の利益とはほど遠いものになってしまう。

 昔から「島原大変、肥後迷惑。」という典型的な自己中の劣悪で心ない言い伝えが残っている。こういった理不尽な物事の考え方、行動というものがさらりと通用するとなれば、私たちはいつの日か天罰に処されてしまうのではないかと考える次第。

 気配りの精神が欠落した現代を象徴するかのような今回の祭事敢行。これは、頂けない。

【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/
登録2012/08/04 10:42:58  更新2012/08/04 11:15:45   

<< 前のページ 次のページ >>